5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◇もちろん白砂糖やめてるよね?◇

1 :名無しさん@まいぺ〜す:03/09/25 20:32 ID:kbAspUxl
 アトピーというか病気を治したかったら、白砂糖を断つのは
前提条件だと思う。自分は白砂糖を避けるようになってから、
調子が良い。甘いものはもちろん取らないし、加工品とか調味料
に入ってる白砂糖は極力取らないようにきをつけてる。
 やっぱり白砂糖を完全にやめることが病気治癒には欠かせないと
思う。カルシウムビタミン不足、血液が粘っこくなる、腸内環境の
悪化など確実に体を蝕む。
 自分が知りたいのは、白砂糖をほぼ完全に断っていても、まだ
皮膚病が悪化してる人がどれぐらいいるのか? 
 逆に、ストレスを言い訳にして、甘いもの食べながら、皮膚病が
治らないっていってる人は論外だと思う。
 以上、白砂糖に関する書き込みよろしく。

674 :JK ◆gGeOuoKNWk :04/09/14 14:41:54 ID:T8s92Ecw
未消化のたんぱく質が、血液に侵入してくると、
それは栄養として役に立たないばかりか、免疫系に異物として認識されて、
抗原(免疫系によって排除する対象となるもの)となります。
しかし、通常、腸管免疫寛容システム(腸壁を通過して侵入したたんぱく質に
対するアレルギー反応を抑制する仕組み)が働くので、
すぐにアレルギー反応が起こるわけではありません。
しかし、免疫系によって抗体(身体に侵入してきた異物を中和、
無毒化するためにBリンパ球によって作られるもの)がつくられて、
中和された後、循環免疫複合体(略称CIC‘s)となって血液中を漂います。




675 :JK ◆gGeOuoKNWk :04/09/14 14:42:33 ID:T8s92Ecw

これが、皮膚や粘膜に付着し、蓄積された後に炎症を引き起こすことがあります。
実は、これが、ほとんどのアレルギー疾患の素因ともなっているのです。
例えば、ある調査によると喘息患者の約80%に、消化液の分泌の異常がある事が
分かっています。だから皮膚科ではアトピーが治せないのです。
かといって内科に行けば、潰瘍やポリープなどの病変が見当たらなければ異常なし
で済まされてしまうのです。
また、未消化のたんぱく質が白血球によって処理された後にアテロームと
呼ばれる血管の付着物となって動脈硬化の要因にもなります。
 腸内で悪玉菌がはびこり、未消化のたんぱく質や悪玉菌が作り出す毒素が
侵入しているような状態が起こると、それに対処するために全身のリンパ球や
白血球が消化管の周りを取り囲むように大動員される事が分かっています。
そのためにほかの領域では免疫系が手薄になってしまいますし、
消化のトラブルを処理するために体は莫大なエネルギーを消耗する事になります。
食事をした後に極端に眠くなるとか、ぐったりするとかの自覚症状がある場合には、
このような事が起こっている可能性があります。
更に近年、赤血球の状態を具体的に観察する技術(ライフ・ブラッド・アナリシス)
によって、消化に異常が起きているときに、アキャンソサイトと呼ばれる、
ギザギザのとげのある、異常な赤血球が増えるのが観察されています。
人間の血管のうち、もっとも細い毛細血管は、赤血球の直径よりも狭いのです。
ですが正常な赤血球は、柔軟性があるので、身をくねらせてそれを通り抜ける事が
出来ます。しかし、異常化した赤血球は、流れる事が出来ずにうっ血を作る事が
あります。例えば、長年、原因不明の関節炎で苦しんでいた人がいて、
その関節から血液を採取してみたら、そのアキャンソサイトが
ぎっしり詰まっていたという実例があります。



676 :JK ◆gGeOuoKNWk :04/09/14 14:43:02 ID:T8s92Ecw


951 :JK ◆gGeOuoKNWk :04/09/13 17:48:21 ID:WAuwixNT
http://www.hbi-salon.com/index-0%20habu.htm

先のコピペはここからだけど、キャッシュでしかみれないみたい。
ぎざぎざ赤血球の話は面白い。
子供アトピーは食物によるものが多い。
中医学では肘、ひざ裏に出るアトピーは脾虚で未熟な消化管だと。
肘、ひざ裏にぎざぎざ赤血球がたまったりするんかな。




677 :名無しさん@まいぺ〜す:04/09/14 14:45:02 ID:vSlqsJvg
JKのアホ!おじちゃん見れない。

678 :JK ◆gGeOuoKNWk :04/09/14 14:59:02 ID:T8s92Ecw
ごめん、キャッシュでしかみれんのよ。

679 :JK ◆gGeOuoKNWk :04/09/14 15:25:46 ID:pFqoFPkx
http://www.google.co.jp/search?q=cache:4MI6c9co9EAJ:
www.hbi-salon.com/index-0%2520habu.htm+
%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%AB%E3
%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80
%80%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2&hl=
ja&ie=UTF-8&inlang=ja

これでも見れないなら、
「メディカルハーブとは ハーブの歴史」で検索したらすぐに出てくる。
ハーブに関してもお役立ち。

680 :JK:04/09/14 15:45:18 ID:pFqoFPkx
生体は、外からの微生物や蛋白成分などの侵入異物に対し抗体を産生し生体を防御する機構を有し、
また、免疫機構の破綻と言うべきか、あるいは何らかの正常な役割を担うか今のところ解明は
されていないものの、自己の細胞や蛋白に対してすら抗体(自己抗体)が産されるケースもあり、
いずれにせよ産生された抗体は、侵入、もしくは自己の当該物質(抗原)と結合し抗原抗体複合体を形成、
さらに補体や血清蛋白なども結合し流血中を循環することがあり、
この複合体は循環免疫複合体(circulating immune complex:CIC)と
呼ばれ生体防御に関与しますが、このCICが時として生体に不利な
役割を担い、組織に沈着し障害をもたらすことがあり、これらの病態は
総称して免疫複合体病と呼ばれます。
 CICは、血中での可溶性と補体結合性から、
 @.抗原と抗体が最も適切な割合で複合体を形成した際は不溶性で高分子となり、
   マクロファージや好中球、単球などの貪食され処理され易くなる。
 A.抗原と抗体のいずれかが過剰に存在したり、複合体が多量に形成された時、
   複合体の分子量が小さく可溶性に富み、処理されにくくなり補体
   結合能を持つ。
の2つのパターンに分けられ、A.の低分子複合体は、腎糸球体や関節、
皮膚などに沈着し補体を活性化し、
V型アレルギーを惹起、組織障害を引き起こし易くなると言われています。

http://www8.ocn.ne.jp/~snkulab/25sub.html





681 :JK ◆gGeOuoKNWk :04/09/14 16:23:56 ID:pFqoFPkx
基本的な(古典的な)アトピーは>>674-680が説得力あると思う。
乳幼児がそうだけど・・

私も玄米やブタクサカモミール飲んで3日後に肘内が酷くなった。
遅延型のアトピーですな。
ただし、ステロイドの長期連用があればこれにもっと複雑な内分泌や
電解質、糖代謝の異常があるとおもう。


223 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)