5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◎西原克成先生流育児スレッド PART2◎

1 :名無しの心子知らず:03/11/13 13:15 ID:dSFerINg
西原式子育て実践されてる方のためのスレッドです。
皆さん情報交換しましょう!
基本的にsage進行でお願いします。

2 :名無しの心子知らず:03/11/13 13:19 ID:uxXKnl5n
ミキプルーン信者(栄養についてすごい勉強してる)の友人がおすすめしてた。

3 :鰓腸(1):03/11/13 13:29 ID:dSFerINg
西原先生HP Nishihara world
http://www.nishihara-world.jp/
家庭保育園HP
http://www2s.biglobe.ne.jp/~katei-H/index.html#top
○○さんのHP
本当にためになります。ご本人様の了承を得たら貼りたいと思います。
(もちろんご本人様が直接貼り付けていただければ幸いです ^。^)

4 :sage:03/11/13 15:25 ID:X/JhFM3d
前スレは倉庫行き??

5 :名無しの心子知らず:03/11/13 15:26 ID:EmQtLMZt
すみません、間違えました。

6 :名無しの心子知らず:03/11/14 02:00 ID:GYmjn8Hh
なんだかちょっとがっかり。
数日前に○○さんがつくってくれた西原克成先生流育児スレッド2
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/baby/1068050522/
は自由に話せる雰囲気だったのにな。
sage進行なんて決められてるんだね・・・

7 :名無しの心子知らず:03/11/14 09:02 ID:GYmjn8Hh
>>1
>西原式子育て実践されてる方のためのスレッドです。

西原式実践してないと参加しちゃだめ?
やろうかどうか迷ってる人は?


8 :名無しの心子知らず:03/11/14 12:34 ID:CYnLCyNe
前みたいに自由に書き込んでいいんじゃないの?
落ちる直前に批判が入ってなんだかさみしくなっちゃったから
sage進行にしたんじゃないの?
私はageたい時は上げて書こうと思ってるけど。

9 :1です:03/11/14 22:06 ID:UZvTu/nN
誤解を招いたようで大変申し訳ないですm(__)m
PART1は自由に話せるスレだったのに
こちらはそうではない感じになってしまってゴメンナサイ。
内容が世間一般の常識からかけ離れているために
心無い人から批判されるのを防ごうと思ったんですが、
批判も大事な糧なんですよね。
だから前のように自由にいろんな人から書き込みしてもらって
もちろん実践しようか迷ってる人や、反対意見の方も
書き込んでいただいて大いに結構です。
反省いたします。
もう消えます。

10 :名無しの心子知らず:03/11/14 23:21 ID:Y6N00uQE
>>9

> 内容が世間一般の常識からかけ離れているために
> 心無い人から批判されるのを防ごうと思ったんですが、
> 批判も大事な糧なんですよね。

批判が心無い人のかそうでないか、誰がどう判断するのか。
批判を封じる傾向のあるものはおおむねカルト視されても仕方がないと思ったほうがいい。
いちおう「批判も大事な糧」と書いてらっしゃるので、それほどこりかたまっては
いないのだとは思うが。

11 :名無しの心子知らず:03/11/15 16:36 ID:hoZfWRs9
1さん、パート2を立ち上げてくださって、ありがとう。お名前の漢字(3のところの)、
なんとお読みするのですか?ぜひ、これからも参加してくださいね。

皆さん、既にご存知かもしれませんが、「アトピーマガジン」で西原先生のことが
紹介されています。よかったら、どうぞ。↓
          http://www.guide.co.jp/atopy/summer.htm
      
スターチ(澱粉)食を始められる方で、質の良いものをお子さんに与えたいと思わ
れている方は、無農薬で国産の片栗粉や、無漂白で本葛100%の葛粉がおすす
めです(コーンスターチには亜硫酸ナトリウムが添加されています)。無添加のコー
ンスターチを探しているのですが。。。

ずれた書き込みになりますが、前スレッドで名前の出た松本医院(アトピー治療の)
の現状は、あまり良くないそうです。念のため、ご報告させていただきます。




12 :名無しの心子知らず:03/11/16 22:35 ID:PmlzFWd3
せっかくなので、もう1つのパート2のスレッドを立ち上げてくださった方の
書き込みを、部分的にコピーしたものを貼り付けさせていただきますね。
(とても分かり易く書かれているので、このまま埋もれさせてしまっては、
もったいないと思ってしまいました。)

13 :名無しの心子知らず:03/11/16 22:36 ID:PmlzFWd3
博士の子育て6つのポイント

1、離乳食は1歳を過ぎてから
  (赤ちゃんの腸は、粗いザルの様なもの。
   2歳半くらいまでは、母乳、ミルク中心で。
   赤ちゃんの腸の完成は、2歳半くらい。)

2、「おしゃぶり」を活用する。
  (鼻呼吸を身につけられる。口呼吸は、万病のもと。
   赤ちゃんのアゴの力は、咀嚼よりも、吸てつの方がつく。
   鼻呼吸の酸素取り入れ能力は、口呼吸の3倍。)

3、ハイハイは充分にさせ、いろんなものを舌でなめさせる。
  (ハイハイをする事により、血圧も体温も上がる。
   舌は、脳とつながっているので、脳の発達が促される。)

4、眠るときは仰向け寝で、たっぷり寝る。
  (一生の健康は、赤ちゃん時代の寝方で決まる。
   うつ伏せ寝はSIDSだけでなく、
   横向き寝と共に、体を歪ませ、骨を歪ませる。)

5、幼いうちは、歩かせすぎない。
  (幼い子供だけでなく、大人も疲れると免疫系の要である関節が痛み、
   うまく血液細胞を作れなくなり、重度の血液病のもとになる。)

6、冷たい飲み物は与えない。
  (腸は、37度ないと、上手く働かない。
   40度くらいの温かい飲み物を飲んで、腸を大切に。)


14 :名無しの心子知らず:03/11/16 22:38 ID:PmlzFWd3
<3の補足>
舐め回しをする事により、日常のそんなに危険でない菌が
口から入り、咽喉の扁桃腺(免疫系統)によって浄化され、
抗体ができるそうです。
鼻呼吸も、鼻の扁桃腺で浄化してくれます。
なので、よほど汚い空気、物でなければ
空気中、床などの菌は、そんなに心配ないようです。
腸までは、届かないのでしょう。(たぶん)

今は東大は退職されていて、
西原歯科口腔外科診療所所長、
日本免疫治療研究会会長。

前回に引き続き、情報交換いたしませう。
疑問質問、色々考えていきませう。
体験談も、語りましょう。

博士のホームページ
http://www.nishihara-world.jp/
前スレッド
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/baby/1015035664/


15 :名無しの心子知らず:03/11/22 22:25 ID:e5fVJj/b
閑古鳥が鳴いています

西原流の住民は少ないけど

家庭保育園に入って
博士の本や会報を読んではみたけど半信半疑だったり

西原流を実践中だけど迷いや不安やがあったり

子供をアトピーや喘息にしないために
できることがあるかなって興味をもったり

アトピーや喘息の子を持つママさんが
子供にしてやれることはないかなって探してるうちに出会ったり

でもみんな子供を健康に育てたいという気持ちは同じ

ルーツは同じユダヤ教なのにキリスト教とイスラム教みたいに争ったり

市民権を得るために手をつなぐべきなのに
ホモの人とレズの人のように言い争いをしたり

目指す方向は同じなのに自分たちとは少し違う論理だからって
アート医研さんが耳を傾けなかったり

自分の論理に酔いしれて
博士が全ての子供たちの幸せを願う心を忘れてしまったら

そんなのって悲しいと思わない?


16 :てら(2歳3ヶ月):03/11/24 01:37 ID:yCwYxQJM
お久しぶりです。
前回のスレットで、着物のことを教えてくださった方にお礼も言えず
大変失礼いたしました。
ありがとうございました。着方など、視点を変えてみる事が出来ました。
今ふと思ったのですが、風通しよい型の着物でも
肩なども出さず、衣服で皮膚を守る…というのもあるかもしれませんね。

読んでいただけるといいな、と思いつつ、書き込みしてみました。
なので、ageです。
前スレットの事で、申し訳ありませんでした。

17 :てら(2歳3ヶ月):03/11/24 18:22 ID:2xgD6E2p
16は、前スレットの854さんの

>>854(てら)
>>以前、講演会で「服は、着物を参考に」とおっしゃっていました。
>>けれど、残念ながら、私には解りませんでした。

>着物はおなかの部分で重なるので、
>たぶん「腹を冷やすな」ということだと思います。

…への、お礼です。
初めて読まれた方には、失礼いたしました。


18 :名無しの心子知らず:03/11/26 01:14 ID:E/SOu3H3
西原博士は母乳育児を推奨しているのかそうでないのかがよく分からない。

『赤ちゃんの生命のきまり』では何が何でも母乳で育てるべきだっていう
書き方をしていて、ミルクのことをボロクソにけなしてる。
『赤ちゃんの進化学』ではミルクで十分という書き方をしてる。
『赤ちゃんの進化学』だけ読んだ人は「ミルクでいいんだ。」っていう印象をもつと思う。
この2つの本が書かれたのは、ほぼ同時期。なぜ言っていることがこうも違うのか。
というより、なぜ同時期にこの2つの本を書いたのか。
アイクレオでいいのか、完母でやり通すべきなのか。
『賢い赤ちゃんの育て方』は2つの本の間をとった書き方がされているし。

19 :名無しの心子知らず:03/11/28 00:55 ID:8qgkDdG7
『内臓が生みだす心』 西原克成・著/NHKブックス より抜粋

帝王切開では母体のお産が完結していないので、
交接を途中で中断したように欲求不満となり、
母体は出産後あくなき性欲の亢進が起こり、
家庭の崩壊につながる恐れのあるトラウマを母体に残すこととなります。(中略)
子宮を傷つけられた母親は出産後、閉経した後にも性欲のとりこになって、
子どもや家庭をかえり見ないで淫行に走ってしまうこともありますから、
注意しなければいけません。

今日、ヒトではポルノグラフィーが世界中で制御を失っています。
ことにアメリカ大統領のケネディからクリントンに至る性行動の乱れは、
キリスト教社会の性行動の規範の完全な喪失を意味しているものと思われます。

男女ともに脚を見ているだけで性的に興奮する人がいます。
脚だけを使う球技がサッカーです。
ワールドカップでは、世界中の男女が興奮しました。
ボールを相手のゴールに足だけで蹴って入れるせめぎあいの人の動きが、
もしかしたら陰門と卵子をめざして走る精子に似ているのかもしれません。
しかも生殖の補助器の脚を中心にして行う唯一の球技です。
それで日本中の男女がサポーターとなって興奮したのでしょうか。


20 :名無しの心子知らず:03/11/28 13:21 ID:kyffSRE2
>>19
嘘だろと思ったらマジなのね。
ttp://www.exa5.jp/c11/log/0016.html


21 :名無しの心子知らず:03/11/29 01:26 ID:Tnj+G6n2
西原式に忠実な子育ては専業主婦にしかできないことです。
自分の生きがいとして仕事を持つ女性もいますが、
このご時世、経済的な理由で仕方なく働きに出る女性たちもいます。
彼女たちが子供を2歳半まで母乳中心で育てるのは困難です。
家庭保育園の会員は比較的、経済的に恵まれた家庭が多く、
母親も専業主婦が多い。西原博士はそこに目をつけたのでしょう。
西原博士自身には子供がいないため、子育ての経験がありません。
子育ての現実を知らない彼だからこそ、あそこまで自身に満ちた
妥協を許さない理論を唱えることが可能なのでしょう。


22 :緑便:03/11/30 22:17 ID:IZ0tAGOZ
乳児の緑便について教えてください。
小児科の先生や看護婦さんに訊いてもインターネットで調べても
乳児の緑便は問題ないということなのですが、
西原先生は緑便はだめだとおっしゃっていますよね。
どうしてだめなんでしょうか?
西原ワールドのホームページも読みましたが、
説明が難しくてよく分かりませんでした。
分かり易く説明してくださる方、いらっしゃいましたらお願いします。



23 :緑便:03/11/30 23:04 ID:IZ0tAGOZ
ちなみに小児科医は、便が腸の中にあった時間が長くて酸化しただけだ、
看護婦さんは胆汁の色なので問題ないとおっしゃってました。
保健婦さんも緑便は心配ないとおっしゃっていました。
インターネットで調べても、似たようなことが書かれていました。
離乳食のことは、世間一般のやり方が間違いだという
確かな根拠があるので納得しています。
便のことも知りたい。
もう1度西原ワールドを覗いて緑便のところを読みましたが、
説明に出てくる言葉が難しすぎて理解できませんでした。
どなたか、分かり易く教えてくださいませんか?



24 :緑便:03/11/30 23:11 ID:IZ0tAGOZ
すみません。ageてしましました。

25 :名無しの心子知らず:03/11/30 23:23 ID:SP7PljJz
緑便さん・・・・

緑便について、ちゃんと西原ワールド内の記述を全て読みました?
いまあなたのカキコを見てからワールドに行って読んで来ましたが、

「緑便は(西原ワールド的)消化不良の証拠」ってだけでしょ?

緑便に対する赤ちゃん相談室での回答は確かにテクニカルタームを
使用してはいるけれど、それを知らずとも上記のような回答は
導き出せるよね・・・?
それ以上どんな説明が欲しいの?詳しい説明ってちゃんと書いて
あるじゃない。あれで理解できない?
そう言われちゃったら誰も説明出来ないと思うわ・・・・

26 :名無しの心子知らず:03/12/01 00:29 ID:7F8vS2T4
他のサイトにあった便が緑色になる理由
ttp://www.tochinavi.net/baby/b_kikaku/clinic/html/kamiyama/49.html
西原ワールドにあったビリベルデインはビリベルジンのことだろう。
緑便になる化学的な理由は西原ワールドの説明と一緒のようだ。

これによると緑便を消化不良の証拠とは断定できないとあるが、
西原ワールドでは断定してる。何故西原氏は断定できるのだろう?


27 :緑便:03/12/01 10:18 ID:diHjBx3i
「赤血球が肝臓で壊されるとヘモグロビンがまず緑色のビリベルデインになります。
通常の大人の健常人は(2才半以降)この緑便のビリベルデインは還元されて
黄金色のビリルビンになります。 赤ちゃんの腸に消化できない程の食物が入ると
ビリベルデインはビリルビンに還元されなくなってしまって緑便になってしまうので
いけないのです。」

西原ワールドの文章からコピーさせていただきました。
もう1度読んでみましたが、やっぱりよく分かりません。

25さんの言葉には正直言って傷つきました。
26さん、どうもです。実は貼り付けていただいたリンク、既に読んでました。
やっぱり、緑便は問題ないという結論付けですなんですよね。

西原先生は緑便は絶対にだめだと断言していて
世間一般のお医者様たちとはまったく違う見解を述べているのだから、
離乳食のことと同じように分かりやすく教えてほしい。


28 :名無しの心子知らず:03/12/02 00:26 ID:6xCUe31t
西原博士、子供いないんだぁ。今まで一生懸命西原式やってたけど、
それ聞いてちょっと萎えた。
西原式の理論って私にとっては理想郷なのかな。とも思えてきた。

29 :名無しの心子知らず:03/12/02 00:34 ID:WqhD4Go9
>25
一般人には難しい文章を難しいと思われていらっしゃらないようですが、
あなたは専門家の方ですか?
あなたのおっしゃるテクニカルタームという言葉も専門家が使用する言葉ですし。
あなたは西原ワールド内部の方ではありませんか?

30 :名無しの心子知らず:03/12/05 15:21 ID:mVzHq3os
粉ミルクだけで1歳過ぎまで、
その後、粉ミルク中心で2歳半まで育てられた方、
又はそれに近いやり方で育てられた方、
いらっしゃいませんか?
体験談を聞かせていただけると嬉しいです。
ちゃんと育つのかと不安で不安で。
すぐに決心が揺らぎそうになってしまいます。

31 :名無しの心子知らず:03/12/09 20:53 ID:SxEEm6eA
>30
不安ならやめればいいじゃない。
見ず知らずの2ちゃんねらが「大丈夫だよ!」と言ってくれれば
それを信じるの?



32 :名無しの心子知らず:03/12/09 23:06 ID:k717EkH/
1年ほど前に検索してみたら、2歳半くらいまでほとんどミルクで
育ててる人のHP見つけたよ。今もあるのかどうか、HPのタイトル
も失念してしまいましたが、興味あるなら調べてみてください。


33 :名無しの心子知らず:03/12/10 15:34 ID:r82SsuK/
こちらの旧スレッドに以前ミルクだけで2歳くらいの方がいらっしゃったかと思います。それで身長も体重も大きめというお子さんだったかと思います。

34 :・・・:03/12/12 12:40 ID:IJ+55qBf
なんかここは、殺伐としてますね。
せっかく、西原式といういい子育て法を知ったんだから、
それを参考にして、肩に力を入れすぎない程度に、
子育てしたり、考えたりすればいいのではないですか。

私は経済的理由で働かないといけないから完全な西原式子育ては出来ないけど、
できるだけ、それでやっていこうと思っています。

35 :名無しの心子知らず :03/12/12 13:48 ID:QbQxjydC
以前うちの子の便を見て言われました。
「緑色は、消化できてないのよ。不健康だわ!西原先生の本を読んで!」
私なりに真剣に子育てしているのに嫌な思いをしました。
西原式の方は、人の子育てに文句つけないで欲しい。
宗教見たいで、怖くなりました。

それにあの先生は、口の中専門の医師でしょ。小児科医でも
ないのに信用できません。



36 :名無しの心子知らず:03/12/13 19:49 ID:Rk3Ec9LK
>35
西原式のみならず 育児方法を押し付ける人っていますよね。
そういう人って 固執しすぎて 間違ってる方多いと思います。
そうとう感じ悪い方だったんですね その西原式信者。

という私も西原式を取り入れてますが
他の方法も勉強して いろんな方法で これだって思ったやり方でやっていこうとおもってます。

37 :名無しの心子知らず:03/12/13 20:55 ID:DrepfSo/
私も西原式を取り入れて子育てしてますが、
納得できるところだけ取り入れるようにしてますよ。
西原先生を崇拝したりはしていません。
上のレスにあるけど、帝王切開で出産した人のことを悪く言う姿勢はどうかと思うし、
自分の説く育児方法を実践しないとダメな人生が待ってるみたいな言い方には正直、あきれる。
子供を持った経験のない西原先生に子育ての本当のところが分かるとは思えないしね。
色々な育児方法の中の1つだと思って納得できるところは取り入れるようにしています。
盲目的に西原先生を崇拝してるお母さんがいるとしたら、視野が狭くて、ちょっと危険なんじゃないかな。

38 :35:03/12/13 21:06 ID:gHs2t9Nm
>36>37さん
すごい性格いいですね。いじわるな感じの書き方してごめんなさい。
良いと思ったところは、取り入れる……いい事ですよね。
毛嫌いしてすみませんでした。頑張ってください。

39 :名無しの心子知らず:03/12/13 21:09 ID:6kfknU/b
>37
西原先生には子どもいるよ

40 :名無しの心子知らず:03/12/13 23:06 ID:zvwBg1Sc
>37 >39 むむ、気になる。どっちなんだ?
中途半端に西原式実践してる私にとっては
大きな問題だ。
知ってる方いませんかぁ〜?

41 :名無しの心子知らず:03/12/14 02:21 ID:hPBPFi4T
半年ぐらい前、>3にある○○さんのホームページ覗いた時、掲示板に
カホのアドバイザーが「西原先生は子供がいないから」と言ってたって
書いてあったの見た記憶があるよ。
それに対して誰も反論してなかったけど、真相は?

女の人が妊娠してから命がけで子供を産むまでの過程を間近で見た経験があるなら、
>19にあるみたいに女の人を傷つけること、本に書けないと思うんだけど。
帝王切開についての記述はあまりにもひどいよ。正直、がっかりした。



42 :名無しの心子知らず:03/12/18 22:11 ID:7MZNiMHc
8ヶ月の子供がいます。

生まれた時から、おしゃぶり嫌いで苦戦してます。
メーカーを変えてもダメ、眠そうな時にやってもダメ、
ぐずっている時もダメ、その他にも時折しゃぶらせてもすぐ出してしまいます。
今はおしゃぶりを口の辺りに持っていくと、
あーんと口を開けるようにはなったのですが、
すぐに手で外してしまいます。

どうしたらおしゃぶりを使ってくれるようになるんでしょうか?

43 :名無しの心子知らず:03/12/18 22:14 ID:mripRgbw
>42
何もおしゃぶりさせなくてもいいんじゃない?
もう8ヶ月でしょ??
今からさせたらはずすほうが大変かも。
どうしてそんなにおしゃぶりさせたいのー?

44 :名無しの心子知らず:03/12/18 22:31 ID:7MZNiMHc
>43さん

西原式では鼻呼吸をさせるために、おしゃぶりを使わせる方針だからです。
>43さんは西原式をおしゃぶりさせないで、実践してるしょうか?
体験談を聞かせてもらえると嬉しいです。

45 :名無しの心子知らず:03/12/18 23:22 ID:VO6grM6l
42さん
私は43さんではないですが、うちの子、おしゃぶりさせてますよ。
もうすぐ1歳になります。
西原式を知ったのが遅く、生まれてすぐにおしゃぶりをさせることができず、
何度口に入れてもベーッと出してしまう日々が長く続きました。
が、ある日突然、チュッチュッと吸うようになりました。
ピジョンの8ヶ月〜用(西原先生の)のものも持っているのですが、
うちの子の口にはヌークがフィットするようで、上手にチュッチュッとできます。
ピジョンのはボテッと落としてしまいます。
ピジョンのほうが洗い易くて清潔に使えそうなのですが、残念。。。

冬はマスク代わりになり、とても便利です。
今や、おしゃぶりなしの外出は考えられません。
鼻呼吸のおかげか、まだ、風邪をひいたことはありません。



46 :名無しの心子知らず:03/12/19 16:13 ID:fHAUBwZ+
>43さん

体験話をありがとうございます。
ある日突然してくれることもあるんですね。
うちの子はピジョンの4ヶ月〜用が一番良く吸ってくれます。
それでも1分ほどですが・・・。
時折、違う月齢やメーカーのをさせると、
今まで吸わなかったのに吸うようになるかもしれませんね。
良いことに気付かせて頂きました。
ありがとうございます。

47 :てら(2歳3ヶ月):03/12/22 05:53 ID:pExMzEmf
>18さん
私の捉え方でしかないですが、博士は「完母」のみ、というご意見では
ないと思っています。
ミルクの事も、ボロクソというより、実状を語った、という事だったと思います。
改訂版しか持っていないので、その時に足された記述だったのでは、と思うのですが
改定前の本では、どうだったのでしょう。

>19さん
またお逢いしましたね…多分。違ったら、ごめんなさい。
確かに著書にはそう書いてありますが、
19さんは、その方のコラムを色々な掲示板に紹介するだけで、
一度も自分の意見、感想を書かないのですね。
その方は、いいんです。自分の読書感想ですから。
一度、自分の言葉で思っている事を書いていただきたいです。
19さんのホームページ上でも良いので、お願いしたいです。

また、そこの抜き出しだけでは、博士の意図は
解っていただけないと思います。

>21さん
「そこに目をつけた」というのが気になりますが
家庭保育園の会報に書かれる文章は、確かに厳しいです。
旧掲示板にも書きましたが、私は博士の本心、
顧問としての責任感を感じながら読んでいます。

半信半疑、失敗もかさねつつ2歳すぎまで来て、
博士の自信の意味も、判ってきました。
とはいえ、働くお母さまには困難な所は多いですね。
博士も「納得のいく所だけでも、取り入れてみて下さい」と
著書にも書いていらっしゃいますし、「出来る限り」の
部分的西原式でも良いのではないでしょうか。

48 :てら(2歳3ヶ月):03/12/22 05:57 ID:pExMzEmf
>緑便さん
言葉、たしかに難しいですね。
なので私は、そういう名前の物質なんだ、位にしか取りませんでした。
緑便の時は、やはり何か腸や体に負担がかかっていると思うので
放っておいてはいけないと思います。
食事、手足の冷え、疲れ…など、色々思い巡らすのが良いと思います。

>28さん
別に良いではないですか。お子さんいらしても、いらっしゃらなくても。
私は患者さんみんなのお父さん、と思っています。
沢山の赤ちゃん、赤ちゃんだった頃に原因のある大人たち、
沢山の方達を見た上での、実証に基づく方法だと思っています。

>30さん
ミルクで西原式、という方、けっこういらっしゃる様です。
私が出会ったのは数人ですが。

>35さん
口腔医、というのは体全体のお医者さまなのです。
東洋医学に近いようです。

私も、崇拝しているわけではありませんが
押し付けないようにしたいな、と思っています(はたして…?)。
ただ、その歯医者さんの言う意味は解りますし
また、小児科医よりも歯医者さんに、
西原博士の教え子や、賛同者が多い様です。
毛嫌いする前に、図書館などで目を通していただけたら、と願いました。

49 :てら(2歳3ヶ月):03/12/22 05:59 ID:pExMzEmf
>42さん
うちは、1歳過ぎからのオシャブリっ子です。
怠けていたら、口呼吸していたので、大慌てでした。
根気よく2ヶ月くらい頑張ってみました。
親もオシャブリしてみるのが良いみたいです。

>41さん
よく出てくる○○さんって、私ですね。
私は中途半端な実践者です。
ちなみに、うちのページは、ここです。
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Ivory/3308/
博士のお子さん、全く知らないです。
でも、どちらでも良い、と思っています。
最近は、西原式育児のホームページも増えましたね。
心強い限りです。勉強させていただいてます。

>45さん
マスクの代わりになりますよね。
ただ、最近寝冷えで、娘は風邪ひいてしまいました…
まだまだ、な私です。

失礼な書き込みがありましたら、申し訳ありません。

50 :てら(2歳4ヶ月):03/12/23 01:01 ID:nytgyE5T
19の事。

実は、あの文章の前に、とても大切な事が書かれているのです。
その大切な文章を削って、その19の文章だけ載せる、というのは
私にはただの愉快犯、という感じがしてなりません。

博士は、今ほど帝王切開を容易に軽々しく行なってはいけない、
自然分娩出来る様に、体操で骨盤や筋肉や内臓を鍛えたり、
光線治療などで、内呼吸を活性化させるなど、色々方法を書かれています。

赤ちゃんにとって、産道を通る事の大切さ、
水呼吸から空気呼吸への変換の事、
子宮と心の関係…
博士は一生懸命、訴えています。

「内臓が生み出す心」は、そのタイトル通り、
心がどこにあるのか、内臓を大切にしないと、
どれだけ感情がマヒしてしまうか、といった事など
丁寧に書かれた本だと思うのです。

私は読んでみて、別にガッカリしませんでした。
19さんは、単に20のコラムニストさんのファンなだけなのでは、
なんて思う事もありました。
以前、うちのページや、旧掲示板に同じ様な事を書いていた時
まだ本は読んでいなかったようですし。

51 :てら(2歳4ヶ月):03/12/23 01:27 ID:nytgyE5T
つけたしです。

20のコラムニストさんは、博士の基礎を全く知らないまま読んでいるので
博士の事を納得出来なくて当たり前だと思うのです。
西原式を少しでもかじった人なら、
呼吸や睡眠、冷たい物をやめる事の大切さが解っているので
逆になぜ、このコラムになるのかな、と逆に違和感を感じるでしょう。

久しぶりに読みましたが、19さんは、まだここから引用しているのね。
まだ読んでないのでしょうか。
そろそろ、自分で選んだ文章を引用していただきたい所です。

52 :てら(2歳4ヶ月):03/12/23 08:27 ID:62ESIaMo
しつこくてごめんなさい。
でも、日付、時間など違うし、許して下さいね。
後になって、思い出したり気付いたりしてしまうのです。

帝王切開の文章の(中略)の部分、

「子宮も腸管の一部ですから、当然心が宿る器官なのです。
 むやみに切って赤ちゃんを暴力的に取り出してはいけないのです。」

という、私には母体を大切にしてあげて欲しい、という
医療関係者へのメッセージだ、と受け取れた文章だったのですが、
19さんは、それをご存知なのかな…。



53 :名無しの心子知らず:03/12/23 12:39 ID:Ag3NDVUK
母体を大事に考えてたら、あんな失礼な文章が書けるか?

54 :名無しの心子知らず:03/12/23 14:36 ID:cuG3yISl
てらさん
久々のレスですね。てらさんが来ると、活気が出ますね、ここ。

帝王切開、私も安易に行われてはいけないことだと思います。
自然分娩できるように、妊婦も病院側もできる限り努力するべきだと思います。
でも、どうがんばっても帝王切開しなければならない状況もあると思います。
帝王切開という出産方法がなかったら、生きて産まれてこられなかった赤ちゃんや
五体満足に生まれてこられなかった赤ちゃんも存在すると思います。
現代医療には悪いところがいっぱいあるけど、
現代医療によって救われる命もあると思います。
どうがんばっても帝王切開せざるをえなかったお母さんが
西原先生の書いた文章を読んだらどう感じるでしょう?
長い長い陣痛に耐えながらも、結局、自然分娩できずに帝王切開で赤ちゃんを産んだ
お母さんには、あまりにも酷な文章だとは思いませんか?
「健全な魂は健全な肉体に宿る」という考え方、私も賛成です。
でも、「病は気から」という言葉も忘れないでほしいです。

西原式には、いいところがいっぱいあるし、私も続けていきたいと思っています。
でも、客観的な目を持つ姿勢も必要ではないかと思います。


55 :名無しの心子知らず:03/12/24 00:15 ID:UDhzNzLr
ほんとにてらさんが来ると活気が出ますね。
>19の件でいろいろ意見があるようですが…
確かに博士の表現は乱暴ですね。帝王切開の事だけではなく、
他にも主張する事に関しては徹底的に主張という感じで、それに
よって傷つく人もいるかと思います。博士の意見じゃなくても
「絶対こうじゃないとダメ」
といわれると、帝王切開にしろミルクにしろ離乳食にしろ、そうでき
なかったお母さんはショックを受ける事もあると思います。好きこの
んでそうなったわけではない場合はなおさらでしょう。

私個人が育児に関して意見するとしたら「絶対こうじゃないとダメ」
とは言わないようにしてます。事情は人それぞれですから。
だけど、博士は科学者です。科学者が研究対象を抽象的な物事
として扱ってしまうのは仕方ないかなとも思います。そうじゃないと
自分が正しいと信じた事を主張できなくなるし。

もう少し表現をやわらげたほうが良いようにも思いますが、どちらに
せよ、傷ついたとか言い方が悪いとか、そういう事で貴重な一意見を
すべて抹殺してしまうのはもったいないように思います。表現が
悪いのは悪いとして、それはそれ、冷静にその内容を検討するべき
ではないかと思います。酷い表現をするからと言ってその内容まで
間違っているとは限らないのですから(必ず正しいとも限りませんが)

56 :名無しの心子知らず:03/12/24 01:31 ID:HpTT2NKH
そうですね。西原博士は科学者、なんですよね。
博士の科学的なものの見方は確かに冷たい印象を与えるけど、
科学者の意見だという前提で耳を傾ければ、
その内容は本当に興味深いものが多い。
逆に、人間的なものの見方にとらわれ過ぎると、
それが科学的研究の妨げになるのかもしれない。

お医者様にしても人格者で腕が良いのがベストだけど、
現実にはそういう人は少ない。
芸術でもなんでも、
特定の分野において才能溢れる人に人格者は少ないし。

博士の全てを肯定しようとすると無理があるし、
博士は心理学者やカウンセラーではないわけだから、
一科学者の貴重な意見として冷静に判断するべきかも。



57 :てら(2歳4ヶ月):03/12/24 09:04 ID:/kKG7aCn
私も、博士の言葉には、ツッコミいれたくなる事、正直多いです。
博士が問題視しているスポック博士の本をお読みになると、気付かれるでしょう。
大変やわらかな文章で、優しくアドバイスなさっていて
世界中に広まった理由のひとつは、それだろう、と思います。
博士がもう少し、柔らかな表現を使ってくれたらな、と残念に思う事、しばしばです。
それは、否定しません。講演会などでは、更に怖いもの知らずな発言しています。
わざわざ敵作ってどうする!と思わずにはいられません。

ただ、私が一番気になっているのは
19さんの目的が…これは私の推測でしかないですが
ひっかき回したいだけ、と思える事です。
彼は、博士に異議を持っているわけではないのです。
書かれたコラムが、ただ気に入っているだけ、だと思うのです。

昔大好きだったマンガで、(今も)「空くんの手紙」というのがありました。
そこに「偏った情報は、たとえ本当の事だったとしても、それは真実とはいえない。」
そんなセリフがあって、(うろ覚えです。)心に入ったのですが
今、それを思い出しました。

キチンと読んだ方が、(コラムの筆者など)「違うと思う。」と
ここに自分の言葉で書いてくださるなら、何も問題ないのです。
まだ読んでいない方に、ホンの一部、しかもあの文章のみ、を抜粋するのは
どうも良い目的を持っている様には思えません…。
しかも、他の掲示板で逢う事もあり、同じ事をやっていらして…。

20のコラムに「何の本なんだ」とありますが、
「はじめに」に、本の目的、話の進め方と理由、書いてあります。
博士の意見、突っ走っていますが、この分野、どの科学者さんもそうです。

>53さん
切り取って考えないで、一度全体から判断してみて下さい。
19さんの、思うツボです。その上で、嫌ってください。

58 :てら(2歳4ヶ月):03/12/24 09:11 ID:/kKG7aCn
すみません。

下から9行目
「まだ読んでいない方に、(中略)を抜粋するのは」は、
「まだ読んでいない方で、博士の賛同者に、(中略)を抜粋し、紹介するのは」
という事でした。

失礼いたしました。


59 :名無しの心子知らず:03/12/31 03:49 ID:g11qc8xY
過去スレも見られないので質問させてください。
てらさんという方は、家庭保育園の管理人なのですか?

60 :名無しの心子知らず:03/12/31 13:08 ID:Mqp6Emi/
てらさんは家庭保育園の管理人ではなく、
>49にあるホームページの管理人さんです。
1度のぞいてみては?

61 :てら(2歳5ヶ月):04/01/02 08:34 ID:OmTyo5j5
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

>59さん、60さん
はい、ただのデシャバリです。
ただ今試行錯誤中の実践者です。
失敗も、多し…。

ところで、私、コミケやコミティアといった
同人誌即売会(オタクな自費出版のイベントです。)で
西原式の子育てマンガの本などを、売らせていただく事があるのですが
購入者の殆どが、若い男性ばかりで
ママたちや、プレママたちは買わないんです。
何だか不思議だな、と思う今日この頃です。
(うちの本は、美少女もエッチも無いのになぜ…?)

62 :名無しの心子知らず:04/01/02 12:09 ID:OVPznA/X
てらさんの書いた西原式の子育てマンガ、読んでみたい!
でも、どうしてママやプレママが買わずに若い男性ばかりが買うのでしょうね?
不思議です。
西原式実践者のママたちなら、喜んで買いそうだけど。
若い男性・・・おっぱいを吸うベイベの姿に惹かれるのかなあ。
まさか、将来のために子育ての勉強を?



63 :名無しの心子知らず:04/01/04 09:10 ID:TKqs7kKF
てらさんの西原式の子育てマンガ読んでみたいです。
コミケ以外で購入できますか?

64 :名無しの心子知らず:04/01/05 19:44 ID:O/ExbYii
私も読みたいです!
どうすればいいかな

65 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

66 :名無しの心子知らず:04/01/06 19:37 ID:WhcCVbux
西原先生のHPが更新されていたので読みました。
先生のおっしゃることは分かるのですが、
極端な気もします。殺人者の原因が現代の離乳食開始が早く、口呼吸
低体温などを生み出す育児の誤りであるなら
ほぼ全員が殺人者になる可能性を秘めていることになる。
それにひどいアトピーの人、喘息の人、冷たい物好きの人でも
頭がよく人柄もよい人も世の中にはたくさんいる。
そういう人でも殺人者になる危険性があるのだろうか。

67 :名無しの心子知らず:04/01/06 21:01 ID:ox0BQ9hA
もう一つ思ったこと。
学校の給食に毎日冷たい牛乳が出るのなら
せっかく西原式で育てても腸がダメになってしまうのでは。

68 :名無しの心子知らず:04/01/06 22:07 ID:34T7gJ6d
どんなふうに更新されたのかなと思って今、西原ワールドを覗いてきました。

愕然としました。
私が西原博士に送ったメールの文章が載っていました。
そのまま載っているのですが、微妙に変えてある箇所がある。
作為的と思えるような変え方です。

あの極端な文章も「?」ですが、西原博士に不信感を持ちました。
とても尊敬はできなくなりました。

>67さん
たとえ温めても、牛乳は体に良くないんですよ。
日本に牛乳を持ち込んだ当のアメリカでの研究結果も出ていて、
アメリカでは「牛乳は体に良い」という歌い文句でCMを流してはいけなくなったそうです。
牛乳は温めて飲んでも体を冷やす作用をします。
うちの子が小学校にあがったら、給食の牛乳は飲ませないつもりでいます。
スレ違いですね。ごめんなさい。





69 :名無しの心子知らず:04/01/06 22:17 ID:1D+9K+f7
>61
てらさんの御本を若い男性が買う理由・・・、
それは西原克成氏がヘンな人だからだと思います。

と学会ってご存じですか?
世の中のヘンな物を集める学会なのですが、
西原関係もその一つに入っていますよ。
彼らにとって西原氏はエセ科学者です。
言っていることがめちゃくちゃですから。


70 :名無しの心子知らず:04/01/06 22:55 ID:w+lU4rJ4
>66さん
たとえば母乳で育てるとIQが高い子になるだとか、断乳ではなく卒乳した子は
自立心の高い子になるとか、親から虐待された子は自分も親になった時子供に
虐待するとか、例えばそういう研究結果がありますがだからといって全員が全員
100%その通りになるわけじゃないですよね。こういう研究結果というのは「そういう
傾向がある」という話であって、必ずそうなるとは誰も思ってないでしょう。母乳で
育てればそうじゃなかった場合よりはIQが高くなる可能性が高い、卒乳の子は自立心
が旺盛になる可能性が高い、虐待された子は虐待する可能性がそうじゃない場合より
高い。西原博士の言う「殺人鬼」云々もそういう事なんじゃないでしょうか?母乳育児
推進のある医者は、母子同室じゃない最近の風潮は生まれた直後からたっぷり赤ちゃん
とスキンシップをとって母性を育てられないから育児放棄や虐待が増えていると
説いていますが、そういう主張と同じことだと思います。

71 :名無しの心子知らず:04/01/06 23:48 ID:a1fLcVbr
>5、6年前に問題となった17才やもっと以前の神戸の14才、
>最近の九州の13才の男子や渋谷の12才の少女達も、
>5ヶ月離乳食による低体温の犠牲者です。
>また35才前後の子殺しや、幼児の虐待者も、小学生の大量殺害者も、
>昭和41年に翻訳されたスポック博士の育児法で育った低体温による人格の崩壊です。

このひとは直接彼らを調査できる立場にあったんですか?
なんぼなんでも強引でないかい?
やっぱしと学会系は…

72 :名無しの心子知らず:04/01/07 18:41 ID:AyIgsRZ0
ほんと、犯罪者達本人もしくは母親達を調査したうえで
書いてるなら、ほほぅって思うけどね…
そこんとこ、どうなのよ西原センセ

73 :名無しの心子知らず:04/01/07 18:56 ID:lysdwbrT
うちの子がアレ持ちだから、ちょっと興味があったんだけど
西原ワールドのあの書き方はナニ??
あれじゃ科学者じゃなくてカルト宗教の教祖様だよ。
人の不安を煽るだけ煽って、「私のやり方に従わないとこうなりますよ」って
言ってるような感じ。
「入信しないとハルマゲドンで滅亡しますよ」っつーのとあんまり変わらん。

あの文章は科学者だからっつー西原教信者さん。
科学者ってのは研究して論文書くのがお仕事だよ。論文が認められてナンボだよ。
決して論理的とは言えないような文章で言いたい事だけ言う人って
科学者としては全く信用できませんが。

二人目の時にちょっと取り入れて見ようかと思ったけど止めときます。

74 :名無しの心子知らず:04/01/07 19:36 ID:9AE+upzp
>73に同意。
科学者としても人間としても失格ですね、西原克成さん。
というか、頭が狂ってるよ。
西原ワールドの文章読んでもうびっくり。
もともと西原ワールドっていうホームページのネーミングが
宗教っぽいなと思っていたけど、あの文章はまさに怪しい宗教のリーダー。


75 :名無しの心子知らず:04/01/07 20:27 ID:af9pPrpc
あの文章は確かに少し過ぎると思うが
育児法についてはまったく自然なことを
言ってるだけで、スポック博士の方は
言い方がやわらかいが内容がなってないと思う。
あの部分だけをみてどうこういうのもなんだと思う。

76 :名無しの心子知らず:04/01/07 20:35 ID:txwc/cJJ
スポックベイビー・・西原ベイベー

77 :名無しの心子知らず:04/01/07 20:36 ID:txwc/cJJ
スポックベイビー・・西原ベイベー

78 :名無しの心子知らず:04/01/07 21:48 ID:9AE+upzp
>75
既に洗脳されてる信者。かわいそうに・・・

79 :名無しの心子知らず:04/01/07 22:08 ID:WNEE0tRe
西原式の子育てについての情報が得られると思って
来てみたら、一部の文章だけであれこれ
言っていて全く参考にならない。このスレッド見てる人たちは
西原式実践の人あまりいないようですね。
おもしろがってるような人ばかり。
くだらないこと読むのも時間の無駄なので来るのやめよう。

80 :名無しの心子知らず:04/01/07 22:39 ID:txwc/cJJ
20年前の育児法は否定されるのが世の倣いらしいし。

ところで、足を冷やさないを実践している方。
子供が嫌がって長ズボンや靴下をはぎ取ってしまうのだけど、
みんなどうしてるの?
仰向け寝していても顔だけ横向いてる。これは効果ないのか?



81 :70:04/01/09 14:37 ID:adfRowLu
>>70で書いたような疑問もたくさんあるけど
納得する部分も自分にとってはたくさんある。
育児だけじゃなくても情報があふれてる中、
『いいとこどり』してやってるだけで、
西原センセの信者ってわけじゃないし。
こんな感じの人が多いんじゃないかな?

82 :70:04/01/09 14:42 ID:adfRowLu
一歳半のうちの子は、うどんが大好きになってしまったんですが
お米でできてる麺があればなぁって探してます。
よいメーカー知ってる方いましたら教えてください。

83 :72(↑70は間違い):04/01/09 14:47 ID:adfRowLu
ヒャー私70じゃなくて
>>72でした…70さんゴメンナサイ(>_<)

84 :名無しの心子知らず:04/01/09 17:08 ID:ciz0UM4+
>82
自作するとか。

85 :てら(2歳5ヶ月):04/01/17 09:04 ID:bIdmVfp4
>63、64さん
コミケ以外では、たまにコミティアに参加しています。
ホームページでも、西原式子育てマンガ、描けたらな、と思っています。
「コレって…ダメじゃん」みたいな感じのヘロヘロものですが…。

>66さん
確かに、極端なのですが、「誰でも殺人者になる可能性」…は、
西原式で考えなくても、今の世の中、とても当てはまると思うのです。
それだけ、物騒な世の中、という気がするのです。
66さんは、とても優しい、性善説の考えの方だと思います。
私なんて、たまに大騒ぎしていて、虐待する人の気持ちが解るな、なんて思ったり。
ゆったりのんびり、過ごしたいです。

牛乳、上げたくなくて、お弁当の学校の資料を見たら
学費の内訳に「牛乳代」…。
お弁当なら、牛乳くらい、自由にしてほしいでしゅ。

86 :てら(2歳5ヶ月):04/01/17 09:06 ID:bIdmVfp4
>68さん
残念ですね。せめて、こう変えても良いですか、と
事前に連絡があれば、また違ったでしょうに。
真剣に取り組まれてらっしゃるのでしょうから
めげないでいただきたい所ですが…。

>69さん
「と学会」は一応、ですが存じてますよ。
でも、「と学会」自体がうさんくさいですよね。
うちの同人誌、昔から男性ばかりなんです。
ドラクエの本を出した時も、夫婦本出した時も。
子育ての本も、西原式については
フリートークに書いてるくらいなので。
あとは、1歳2ヶ月の子に罰を受けたり
慰められたり、とか、ウンチとか…。
たしかに、自分役に可愛い感じの女の子を描いていますが、はて。
(自分を美化したものではなく、全くの別物として。)

とりあえず、ここまで。

87 :てら(2歳5ヶ月):04/01/18 07:06 ID:iRmAkjWX
>70さん
同じ意見の方がいらして、嬉しいです。
けれど実際、今の世の中、変だなぁ…と思います。

私も詳しい事は存じませんが、確かに母乳には、
脳を育てる良い栄養素が、入っているそうですね。
牛乳は、体を大きくする、という目的の乳だそうですね。
(ヒトは1歳すぎまで歩かない、牛は早く歩けないといけない)
ただ、脳は使ってこそ、なので、「頭が良い」のは
また別、なのだろうな…と思います。

88 :てら(2歳5ヶ月):04/01/18 07:10 ID:iRmAkjWX
>71さん
「と学会」とか、某音大生のコラムで喜んでいないで
そろそろキチンと本を読んでいただきたい所なのですが…。
博士の本に書いてある事を当てはめれば、
調査する必要ない事は解るはず…です。
ここは、70さんと同じ解釈で良いと思います。

博士は、低体温の危険性について、沢山話されています。
確かに、「子育て本」関係には、殆ど書かれていませんが。
低体温は、腸を冷やしたり、手足が冷えすぎたり…
そういった事で起きる事も多いそうです。
内臓、皮膚、そして脳、これは昔同じ物だったので
今も繋がっているそうです。
また、低体温は体内の常駐菌を活動させてしまいがちで
自分で免疫病(広い意味で)を起こしてしまうそうです。
博士がよくおっしゃる、「白血球にバイキンが入り込んでしまう」状態ですね。

この白血球が何をするかは、本に写真入で書かれているので
ここでは書きません。
そういった「病気まではいかないが、何となく不調」という状態、
博士は「軽い風邪症状」ともおっしゃっていますが、になると
ヒトはスッキリしないので、不快になる。
そうするとイライラする。
ここまでは、博士は患者さんを沢山診られて、確証があるのでしょう。
それを当てはめられただけでしょう。

私は博士が「可哀想です。」と言っている様にとれました。
博士が出逢う「幸せを噛みしめている赤ちゃん」は,
みんな暖かくされていたそうです。
博士は「赤ちゃんは、幸せを噛みしめていなければ」とおっしゃっています。
記憶だけで書いたので、細かいトコの言葉使いが違ってましたらごめんなさい!

89 :てら(2歳5ヶ月):04/01/18 07:12 ID:iRmAkjWX
>72さん
71さんの後半、が私の考え…です。

>73さん、74さん
博士が「あまり文章が上手くない」という評価は、確かにあるらしいです。
ただ、私はそう思ってはいないので、「らしい」で止めてみます。

私は逆に、あまり気にならなかったので、
今もノホホンと、西原式してるのかな、と思います。
そういう書き方のクセがあるのかな、位にしか思ってないです。

>75さん
私も、そう思っています。
完璧ではなかったにしろ、2歳半まで実践してみて
娘にも、私にも、普段の生活にも
西原式は、自然でピッタリ合いました。
他の実践者達も、そうだろうと思うのです。
だから、続けているのでしょう。

>78さん
だから、私もそうですが、75さんも
「洗脳されてる」と言われても
(ただの煽りでしょうけれど)
「ふふっ、そうかもね。」なんて程度で、
気にならないのです。

>79さん
賢い選択です。
そのうち、またお互いの事を語れるようになったら
ぜひ、いらしていただきたいです。
最近は、西原式の子育てホームページも増えました。
そちらを回るのが、きっと良いでしょうね。

90 :てら(2歳5ヶ月):04/01/18 07:13 ID:iRmAkjWX
>80さん
同じです。すぐ脱いでしまうのです。
カイロを貼っても、取ってしまいます。
温かいお茶も、いらない時は、ガンとして飲まない…
もぉ、寒くないの?って思う日々です。
良い方法、知りたいですねぇ。

寝相…。ふわふわマクラ、やはり購入してみようかな。
うちも頭だけ横向いてます。
気付けば、ソッと直すのですが…。

>81,82さん
ウドンではないですが、お団子を作って、潰して、
九州の「だご汁」みたいにしてあげてみてました。
ウドンだと、口呼吸、丸呑みが助長されてしまいますねぇ。
細かく切ってみますが、なかなか待っててくれず、
丼から直接食べられてしまいます。
チルっ、ごくん、は やめて〜。

91 :てら(2歳5ヶ月):04/01/19 02:43 ID:C/+fPrc4
こんばんは。日にちは違っている、とはいえ
私の書き込みのオンパレード、ごめんなさいね。
娘がもうじき2歳半、という事もあり、振り返ってみたいと思います。

まず…博士の本をキチンと読んだのが、娘が2ヶ月頃でした。
なので、最初は夏の室温とはいえ、40度以下の物を飲んでいました。
ドーナツ枕を使用し、クリクリと頭の向きを変えてみました。
寝返りの出来るようになった娘が、うつ伏せで寝るのを見て
博士の著書を読み返し、温かい物を飲むようにしました。
とたんに、寝相が正しくなりました。

食事風景を見せないようにしていたのですが、苦しくなり
10ヶ月ころからスターチを取り入れました。
この頃は、まだ博士がスプーンやコップ、ストローの危険性について
述べられてなかったので、スプーン使用でした。
調子に乗って与えすぎ、便がうす緑がかった事がありました。

1歳でオモユを始めてみましたが、やはり気になる事があり
オモユもスターチも、一旦やめました。
1歳4ヶ月半頃から再開してみましたが、
だんだんとベンピになってきました。
未消化のツブも、毎度の事でした。
2歳ちかくなって、やっとそういう事が無くなってきて
ここで、また気付きました。
博士が2歳くらいまでは、オモユから、だんだんとオカユに…という意味に。

92 :てら(2歳5ヶ月):04/01/19 02:45 ID:C/+fPrc4
(続き)

実は、当時は今ほど厳しくおっしゃっていなかったので
野菜の煮物なども、与えていたのです。
軟らかくしてすりつぶして。
ですが、娘にとって、野菜の煮物などは、腸の負担になるだけで
栄養としては、殆ど無意味だった、という事…ですね。

最近はご飯中心で、ノリ、ふりかけ、たまにタクアンなど…
煮物はコンブや塩だけ、の味付けです。
ときたま、白身魚をあげてみたり、お菓子を食べてしまう事も…。
ダイブ本筋からずれつつありますね。

3歳になったら、何を解禁にしようかな、などと思案中です。
ひき肉のお料理…でしょうか。肉ダンゴスープとか、豆腐バーグとか…
洋食は、4歳過ぎかな?とか、ラーメンは?とか、色々考えてしまいます。
イチゴ、絹さや、インゲンなどはイヤな様ですが(酸味と口当たりだと思います。)
目立った好き嫌いは無く、ユッタリ気分で進めています。

そんな感じで過ごしているので、もうちょっと早くに言ってくれ、とも思いますが
私の日々の疑問に、博士の意見はピタッと一致しているのでした。

93 :てら(2歳5ヶ月):04/01/19 02:53 ID:yxpgS16G
これからの取り組みは、低体温です。
と申しますのも、うちは博士のお話にも出てきます、
昔ながらの日本家屋なので、冬はとても体が冷え
ボヤボヤしていると、体温が36度を割ってしまうのです。
オナカを温め、陽に当たり、湿度を上げ、美呼吸体操で体温を上げ…
頑張ります!

94 :名無しの心子知らず:04/01/19 10:57 ID:aFNJ2PPW
てらさんのカキコはとても参考になります。
これからもカキコお願いしますね。

ラーメンって、家で食べる即席ラーメンのことかな?
家で食べるラーメンなら、オーサワジャパンのものがお勧めです。
子供にも安心して与えられます。

博士はタンパク質が多く含まれる玄米を勧めていませんよね。
玄米は消化が悪いので抗原性を持ちやすい(便秘には効くけど)のだと思いますが、
発芽玄米や玄米クリームは消化吸収性に優れている上に栄養価が高いので、
トライしてみたいと思いながら迷っているところです。
昔の日本人は玄米をよく噛んで食べていたので
おかずが少なくても元気だったそうです。
玄米が主食で白米が存在しなかった時代の離乳食はどうしていたんだろう。
ふと考えてしまった。

牛乳などまったく飲んでいなくても、若いうちからあの重ーい鎧(ヨロイ)を着て
戦場で戦うことが可能なぐらい骨太だった昔の日本人。
牛乳をあびるほど飲んでいるのに骨粗しょう症だらけの現代人ってなんなんだろう。
牛乳からのカルシウム摂取は期待できないってことなんだろうけど、
今の日本で、戦後アメリカから持ち込まれた牛乳神話を否定するのは
タブーなんだろうな。
当のアメリカでは既に牛乳神話が崩れているというのに。
アレルギーの元で体を冷やす上にカルシウムも摂取できなくて
腸壁を刺激して鉄不足を誘発する牛乳っていったい・・・

後半は完全にスレちがい。すみません。

95 :名無しの心子知らず:04/01/20 00:57 ID:efLkvLrI
条件が全然整ってないのに何故その例で牛乳だけのせいにできるのか疑問。西原信者ってそういう人多いね。
もっとも、このスレの人が人柱になって実証してくれれば西原氏も事業がやりやすくなるか。

96 :名無しの心子知らず:04/01/20 02:00 ID:k1sqYYJu
過剰タンパクでカルシウム排泄、厚生省が「牛乳神話」を密かに見直した
http://www.maff.go.jp/www/houdo/houdo/001110houdo-1.htm

 真弓定夫先生の話
http://www.s-n-t.co.jp/mm/mayumi.htm

 牛乳って本当に健康に良いの?
http://www.melma.com/mag/83/m00046683/a00000006.html

 牛乳神話、断乳神話 
http://www.mom-jp.org/i-milk1.htm


97 :てら(2歳5ヶ月):04/01/20 05:55 ID:QIJGP6xM
>94さん
ありがとうございます。今から探して参考にしますね。
玄米、冷えるそうですね。栄養は沢山ありますが。
やはり100回くらい噛むのが大事、なのでしょうね。
西原博士は、最低30回、とおっしゃっていますが
山西先生は100回、とおっしゃっていますし。
きっと、博士の本音もその位でしょうね。

>96さん
ありがとうございます。
4つめの「牛乳神話」は以前のスレッドでも教えていただいた気がします。
私もこの母子に倣おう、と思ったのでした。

>95さん
博士だけではなく、色々な識者が話されている事ですよ。
また、助産婦さんに母乳指導を受けた時も、
私の体自体に、乳製品の害がハッキリ出ている事も、指摘されました。
将来子供を産みたい女性は、乳製品は考えないといけないのは事実です。
ただ、質の良いチーズは、反応が少ない様です。

博士の事業って一体何をイメージされてるの…?

98 :てら(2歳5ヶ月):04/01/20 05:56 ID:QIJGP6xM
博士情報です。
小学館の「ベビーブック」2月号付録の「相談室」で
博士が回答しています。
相談内容は「口呼吸」の事なので、みなさんもご存知な回答内容ですが
見開きの上半分、タップリの回答でした。

発売は、年末でしたが、買ったのは昨日でした。

99 :名無しの心子知らず:04/01/20 10:12 ID:v3TJUgnX
毒だから採ってはいけないってのと、
採りすぎは良くないってのは全然違うと思うが。
何故すぐ上の意味でとらえて書く人が多いのだろう?
西原氏の著書も然り。もう少し冷静な目を持ってほしいね。

100 :名無しの心子知らず:04/01/20 14:48 ID:k1sqYYJu
>てらさん
今まで、玄米は白米以上に体を温める食べ物と認識していました。
よかったら、その話(玄米が体を冷やす)をもう少し詳しく教えていただけませんか?

>99さん
嗜好品としてたまに口にする程度なら、さほど問題はないと思いますが、
今まで日本で推奨されてきたような牛乳の飲み方は、明らかに体に悪いと思いますよ。

スレちがいなので、もう、この話はやめますね。

101 :名無しの心子知らず:04/01/20 22:18 ID:7taGGGpw
科学者は仮説を元に、実験しデータを取って結果を得てから証明する。それから世間に発表する。
この正しい手続きをしていないから世間が納得しないのだと思いますよ。データ数が少ないのか、
導き出している結論があまりにも一面的なのか、わかりませんが、なぜ医者や学者や世間が西原式を
応援しないと思いますか?てらさんの考えが聞きたいです。

102 :てら(2歳5ヶ月):04/01/21 05:46 ID:iCLtq6UZ
>99さん
100さんもおっしゃっていますが、私も別に牛乳が毒、とは捕らえていません。

>100さん
いえ、詳しくは知らないんです。これからなんです。
博士が、「玄米は体が冷える」と、家庭保育園などに、書かれていたので。

103 :てら(2歳5ヶ月):04/01/21 05:47 ID:iCLtq6UZ
>101さん
99さんと同じ方だと思うのですが…。
学者は判りませんし、子育てと関係ない世界なので、興味もないですし
調べたいとは思いませんが、それ以外なら考えられます。

医者が推奨しない理由は、今までの医学が否定されてしまうからです。
博士は、移植手術や、骨髄移植、インプラント、すぐ薬を使う事…などに異議を唱えてますね。
そして実際、ご自分の患者さんを
「体を温め」「呼吸を正し」「骨休めをさせる」の3本の柱で治されています。
博士自身も、学生の頃からアデノイドを始め、様々な病気にかかられ、
ですが医者は治してくれず、独学で治されたそうです。

骨髄移植の手術をすると、国から援助金が1000万、病院に出るそうです。
また、白血病患者も援助金が出るそうです。
カルテを書き変えて、国に提出するだけで良いそうです。
博士式に治療すると、もらえなくなります。
(多くは語られていませんが、大学病院時代に、上司にそういうタイプが複数いたらしいです。)

移植がダメ、という事になると、アメリカ式の医療は成り立たなくなるからです。
博士は、日本に昔からあった医学を再興させたくて口腔医になられたのです。

インプラントは、「爬虫類の歯」と同じだから、だそうです。
博士はもっと進んだ「哺乳類の歯」を作り出していて、若手にご指導されています。

世間は、知らないからです。
70年位から、様々な事が解ってきたのに、医療関係者すら知らないのです。
それは、世間のお母さま達も、実感していらっしゃる事です。
多分お忙しくて、新しい事を仕入れる余裕が無いせいだと思います。
でもここ数年、テレビや雑誌などでも、博士に似たご意見の方を見ます。
少しづつ、変わりつつあるのは事実、と思います。

104 :てら(2歳5ヶ月):04/01/21 05:57 ID:Lx17IzU8
と、書きましたが、これも本に書いてありますし
子育てと関係の無いお話ですし、ここでする話題ではないでしょうね。
どこか別のジャンル…「難民」とかで「アンチ西原」のスレッド立てて、
そこで同志の方と博士をタタキあったらいかがでしょう。
私も行きませんし、余計なチャチャも入れられずに済みますよ。

もともとここは子育てのスレッドで、
私もどんどん、本筋から離れて行き、
申し訳ありませんでした。


105 :てら(2歳5ヶ月):04/01/21 09:15 ID:vxqRwpi1
ふと。
博士式が早く浸透するかしないかは、
現実践者である私達、にも有ると思うのです。
お医者さまや保健婦さんがうるさいので、
みなさん「ハイハイ」と流していらっしゃるでしょう。
それではカウントされない。
家庭保育園など見ていますと、実践者は部分的に、という方も含め
結構居らっしゃると思うのです。

自分の子供はそれで良いかもしれません。
でも、孫を守る為には次世代に伝え続けなければいけないと思う。
何も主流に、とは思いません。
でも、普通にそういう人も居る、と思われる位になる様
声を出していきたいです。

106 :てら(2歳5ヶ月):04/01/21 09:57 ID:R9Ym//So
一度に書こうよ自分…。

家庭保育園、というひとつの組織の顧問となり
プログラムが組み込まれている時点で、
どんどん世間に広まっている、と思うのです。
がんばろうね。

107 :てら(2歳5ヶ月):04/01/21 15:54 ID:xCk55+md
>100さん
ごめんなさい!玄米の事ですが、
「体を冷やす」のではなく、
「授乳婦が食べてはいけない食品」のひとつ、でした。
やはり、栄養価が高いのが理由でしょうかねぇ?
「家庭保育園タイムス 72号」の記述でした。

108 :名無しの心子知らず:04/01/21 17:39 ID:u5jxNfwu
博士の「玄米は体が冷える」っていうのが気になって
玄米についてぐぐってみたけど、逆のことしか書かれてない。
前スレで確か1歳半ぐらいで玄米を与えてるって書いてた人いたよね?
子供には何か悪い影響出たのかな?
博士は昔ながらの日本の育児法を唱えているとばかり思っていたけど
そういうわけでもないんだね。
今、現代人が食べなくなってしまった玄米が見直されはじめているようだけど
実際のところ玄米ってどうなの?



109 :108:04/01/21 17:55 ID:u5jxNfwu
てらさんの107のレス見ないでレスしてしまった。
玄米は「授乳婦が食べてはいけない食品」なのね?
助産婦さんは玄米食べるように勧めてくれたけど。
昔は白米はお金持ちの食べ物だったのでは?
庶民はみんな玄米では?
博士に詳しく聞いてみたいね。

110 :てら(2歳5ヶ月):04/01/22 10:14 ID:Mr/lFHGr
「お母さんは名医」の「医食同源と精製食品」の所に
「昔は玄米、次は胚芽米や七分つきが普通でした。」とありました。
「白米を食べられるようになっても、ヌカ漬けなどを通して、
 トータルで米を食べていました。」
と、お米の大切さは説いていらっしゃるのですが、
授乳婦の場合、母乳に米タンパクが出る事を
心配されてるのかな、と私は受け取りました。
山西みな子先生は、玄米や麦飯、胚芽米などなど、
勧めていらっしゃいますね。

昔の離乳方法は、博士よりも、博士も引用されている
香月牛山の「小児必要養育草(そだてぐさ)」などを
直接調べる方が良いかもしれません。
やはり、お粥の上澄みから始めていたみたいですが、
(6ヶ月くらいから、時々飲ませるのが良い、と書かれています。)
離乳完了、卒乳はかなりユックリです。
「2歳半(かぞえどし)までは、食より乳を多く、
 3、4歳までは食を多く、乳を少なく
 5歳からは乳を飲ませるな。」とありました。

いつから普通のご飯か、は、おうちにもよるでしょうけれど…
その頃私が生きていたら、どうしていたかな?と考えてしまいます。
みなさん考えながら、お子さんを見ながら、食べさせたのでしょうね。
ただ、今ほど肉やタマゴや牛乳、お菓子などは、食べていませんから
私達も、そこは気をつけた方が良いのでしょう。どきどき。

111 :てら(2歳5ヶ月):04/01/23 01:20 ID:5X/tlZZu
小児必用養育草、が正解でした。

112 :名無しの心子知らず:04/01/23 23:58 ID:Ttl6XmEB
てらさん、ためになるお話をありがとです。
勉強になります。
これからもちょくちょく来てくださいね。
西原式よりも、てらさん式を知りたいって感じです。
西原先生は実際に妊娠出産して子育てしているわけではないし、
診察以外は理屈上の話も多い、
てらさんの話は実践しているお母さんの話。
言うのとやるのでは大違い。

113 :名無しの心子知らず:04/01/24 01:29 ID:9JMGoOdi
>112
別に煽ってるわけじゃないんですが…
ここのスレで前にも博士が子供がいないから…とかあったけど、そういう事気にする方って、
ご自分が産婦人科や小児科に行くたびに、その先生は奥さんの出産経験済みだろうかとか
子供いるんだろうかとか気にするんでしょうか。てらさん式を知りたいっていうのはわかるん
ですが、西原先生に子供がいないし…ってのは、なんか違和感が……

114 :名無しの心子知らず:04/01/24 02:03 ID:FH1zAT74
>113
西原博士のこれまでの言動がそんなふうに思わせてしまうのでは?


115 :名無しの心子知らず:04/01/24 11:07 ID:FrXio5W9
>113
>ご自分が産婦人科や小児科に行くたびに、その先生は奥さんの出産経験済みだろうかとか
子供いるんだろうかとか気にするんでしょうか。

私は気にします。あまりいい小児科医に恵まれないんで。
やっぱり経験者とそうでない人が医学書の見地だけで言うのって,
信じがたい時とかがありますので。あくまで理想に近づきたいけれど,
やっぱり実践するのって大変じゃないですか?
理論と実践両方を知っている人の言うことの方が
私は信じられると思います。
西原先生の理論は私自身とても理にかなっていることを言っていると思っているので
できる限り実践しようと心がけているつもりです。
ですがどうやっても自分の力量が足りなくて実践できないこともあります。
でもそうやって自分なりの”育自”をやっています。
てらさん,それからこのスレ読んでいる皆さん,これからもよろしくお願いします。

116 :113:04/01/25 23:27 ID:2Z65U9mT
>114
確かに博士の文章などに不信感などを持たれた方なら、子供がいないからだとか
思われるかもしれませんね。そういう方の場合博士の説そのものにも不信感を持た
れているかもしれませんが。

>115
そうですね、医療従事者でも自分が実際に子供もつと、自分が習った理論が通用しない
事に気がつく方はいらっしゃるそうですからね。115さんの仰ることはよくわかります。
でも子供がいても古い知識でやってるお医者さんは多いし、子供はいなくても新しく正しい
知識を持つお医者さんなら安心してお任せできるので、私の場合は子供の有無よりも
その先生の考えを知ることを先にしているので子供がいるか気にしたことなかったです。
>あくまで理想に近づきたいけれど,
やっぱり実践するのって大変じゃないですか?
理論と実践両方を知っている人の言うことの方が
私は信じられると思います。
 
本当に理論と実践両方を知っている人のお話は貴重ですよね。私もここでそういう方の
意見をいろいろ勉強したいと思います。

117 :てら(2歳5ヶ月):04/01/26 06:02 ID:83QLrX4B
>112さん
私は、まだまだ初めてからたったの2年くらいですし
まだ手探りですし、間違えてしまう事も多いのです。
それでもその失敗も、ひとつの実感です。
また、お子さんによっても、進め方は違ってくると思うのです。
博士の子育ての6つのポイント(あるいは、6つの誤り)を指針に
それぞれの答えを出して、
「うちは、こんな感じです。」とお話合いできたら…と思うのです。
幸い、ここの皆さんは、幅広い知識をお持ちなので
とても参考になります。

とはいえ、「本当にこれで合ってる?」と不安になる事も多いですね。
うちも結果はまだ先、という物も多いので、実はドキドキしています。
口呼吸、寝相、かくれアレルギーの有無、まだまだ判りません。

>113さん
私もあまり気にしてなかったです。
嫌な先生に当たった事がないから、かもしれません。

>114さん
確かに、家庭保育園の博士は厳しいですね。
でも、私は言葉を濁されるよりは、その方が嬉しいです。

118 :名無しの心子知らず:04/01/29 00:56 ID:H2eyjrPE
〉てらさん
>>82です。うどんってあまりよくないんですね
まだまだ勉強不足でした、ありがとうございます
私もだご汁みたいなの作ってみますね

119 :てら(2歳5ヶ月):04/01/29 18:17 ID:7Hibu9Ff
>118さん
とはいえ、うちもウドン大好きなんです。
困りモノですね。(親が…)
おダンゴも、食べさせすぎると良くないでしょうから
何かご存知の方、いらっしゃいましたら
注意点など、教えていただきたいですね。

最近、少しづつまた元に戻って良かったです。
色々な疑問、おうちごとの情報などなど…。
お話し、し合いたいです。
イヤだな、と思う所も、もちろん。
(でもでも、自分の気持ちを、自分の言葉で、でお願いしますね。
 誰かの傘に隠れないで、語っていただきたいです。)

120 :名無しの心子知らず:04/01/31 14:11 ID:7W9ejY09
西原先生の勧めているアイクレオのミルクに変えてみました。
黄色の便が出ますが、他とは比較にならないほど便がくさい・・・
便は色も大切ですが、においも大切なのではないでしょうか?
発酵したにおいと腐敗したにおいでは腸内環境に明らかに差があると思うのですが。
アイクレオのミルクにはラード(豚の背脂)が入っていますよね。
豚の背脂なんて、大丈夫なんでしょうか?



121 :名無しの心子知らず:04/01/31 16:10 ID:7W9ejY09
120です。
くさいオナラを頻繁にするようになりました。


122 :てら(2歳5ヶ月):04/02/02 03:58 ID:gpTCat0+
>120さん
どうなんでしょうね…。
よく分からなくて、ごめんなさい。
でも、匂いはやはり、腸内環境の変化ですよね。

123 :てら(2歳6ヶ月):04/02/02 03:59 ID:gpTCat0+
ワタクシゴトですが、娘も
やっと腸の完成、と言われる2歳半(満)になりました。
…ですが、風邪ひいて以来、すぐうつ伏せ寝になるのです。
口も臭う…ほぼ無臭だったのに…泣。
なので矢張り、風邪が治って落ち着くまでは
食事を一歩進ませるのは、控えた方が良いかな、と思いました。
今のところは白身魚、
たまにタマゴやパンも…といったところです(早いかも)。

ちなみに、88.3センチで
服のままですが11.4キロほどになりました。
本人なりのペースで育っています。
卒乳は、まだです。

夜中に目が覚めて眠れない…こまりものです。

124 :名無しの心子知らず:04/02/02 16:35 ID:zskRqg+h
てらさんの娘さん、西原式で順調に育っているようで何よりですね。
白身魚は何回転食にしてますか?また白身のお魚以外のお魚は
いつごろからですか?例えば鮭なんかは。
また豆類、豆腐や納豆などはどれくらいあげてますか?
1回の御飯やおかずの量はどれくらいですか?またお菓子などはあげてますか?
質問攻めですみませんが、参考までに教えていただけたらうれしいです。


125 :名無しの心子知らず:04/02/05 00:33 ID:nTYiEOSX
私は現在8ヵ月の娘がいて世間一般並に5ヵ月から離乳食で
今は離乳食中期です。私がアレルギーがあるためタンパク質は様子を見ながら
ヨーグルトばかりでしたが、最近シラスや豆腐などをあげ始めたところ
うんちが急にやわらかくなり?今まであげてたほうれん草やにんじんなんかそのままの形でうんちに
出てくるし、腸から吸収されてないんじゃないかと・・・。
それで西原式が気になりのぞきにきました。
かといって今までは普通に進めてきた離乳食を西原式に戻すのもどうかだし、
このまま進めるのをやめて今の段階くらいでストップしてれば多少はマシなのでしょうか?

126 :名無しの心子知らず:04/02/08 10:41 ID:TfD0cOIt
冷たい飲み物が大好きで妊娠中もがぶがぶだったので
子どもの乳児湿疹がひどいのかな、と
いまさらながらきずかされました・・・

で、暖かいものを飲もうと思うのですが
実践されてる皆さんは何を飲んでらっしゃいますか?
母乳のこともあるので、
日本茶やウーロン茶などのカフェイン系は
避けたいなと思うのですが。

127 :名無しの心子知らず:04/02/08 23:43 ID:2m0LsnFe
>126さん

番茶、麦茶、ほうじ茶、ルイボスティなどがイイです。
コーヒーがお好きだったら、タンポポコーヒーがいいです。

私は温かい麦茶と母乳の為のハーブティを飲んでいます。

お子さんの湿疹が良くなると良いですね。
私も妊娠中はアレルギー対策が無知だったため、
納豆や卵を毎日のように食べていました。
9ヶ月の今はアレルギーは出てませんが心配です。

128 :126:04/02/09 09:27 ID:GAyAClWv
>127
温かい飲み物って言えば
コーヒー紅茶緑茶煎茶ウーロン茶?
と悩んでしまいました。ありがとうございます。

さっそく冷蔵庫に冷やしてた麦茶を
暖めて飲んでみました。
熱いのは苦手と思ってたけど意外とおいしい。
ルイボスティーも買ってこよう。

ただ、冷たいのに比べて飲んでも
のどが渇く気が・・・。コールドドリンク中毒ですね、私。

129 :名無しの心子知らず:04/02/10 17:10 ID:1a/Wyi6A
初めて書き込みします

当方
・もうすぐ10ヶ月になる男児
・体重7キロ
・ミルクオンリーでここまで来ました
・一日の哺乳量は1000ml
が、体重の少なさがネックとなり
保健所から招集がかかりました。
今迄は、離乳食のことを聞かれても
適当に流していましたが、
今度ばかりは、そうもいかないでしょう。
私のやってきたことは、間違いだったのか
考えさせられてしまいます。
体重はグラフから外れてしまいましたが
身長は平均ですし、身体が軽いせいか
つかまり立ちや、ハイハイが大好きで元気いっぱいです。
保健所には、ありのままを告げるべきか?
適当に流してミルクで頑張るか?

皆さんの中で同じような経験をされた方
いらっしゃいませんか?



130 :名無しの心子知らず:04/02/10 20:19 ID:0OK3MGbT
>129
理想の体重が赤ちゃんの生命のきまりの148頁
に載ってるって書いてありましたよ。
体重だけよりも身長も関係あると思います。
カウプ指数を参考にすればよいのではないのでしょうか。

131 :名無しの心子知らず:04/02/10 22:51 ID:K5kanp3k
>129さん
心配ですね・・・
うちの1歳1ヶ月の息子も西原式を取り入れて育てています。
でも、129さんに比べると西原式に忠実ではないので
参考になるかどうか分かりませんが・・・
うちは2ヶ月まで母乳オンリーでしたが、徐々にミルクと混合になり、
5ヶ月からミルクオンリーになりました。
母乳オンリーの時は急激に体重が増えましたが、ミルクの比重が増えるにつれ、
体重の伸びがガクンと減っていきました。10ヶ月検診の時は8200gでした。
7ヶ月から葛湯を与えはじめ、9ヶ月からお粥をほんの少し与えはじめました。
だいたい1日にミルクは600ml〜800ml与えていたと思います。
1歳1ヶ月の今は一日にミルク約700ml+お粥を約50gという感じですが、
たまに根菜スープやリンゴのすりおろしを加熱したものを与えています。
りんごはペクチンを多く含み、整腸作用があるので、
下痢気味の時に与えるとお腹の調子がよくなります。
まだまだミルクだけの日もあります。
哺乳瓶の乳首は母乳教室のSSサイズを今だに使って時間をかけて
ミルクを飲ませています。
お出かけの時におしゃぶりをさせているおかげか、風邪知らず。
元気にハイハイをして、最近、ヨチヨチ歩きが上手になってきました。
4・7・10ヶ月検診の時は、お医者さんには適当なことを言っておきました。
でも、栄養士さん(元雪印の方でした)に西原式のことを話したら
理解を示してくださいました。腸の完成が2歳半ということも
日本の離乳食の勧め方が早すぎるということもご存知でした。
(でも仕事なので一応離乳を勧めているといった感じでした。)
母乳オンリーで育てるということは、昔からずっとなされてきたことですよね。
ただ、ミルクオンリーで育てるということには歴史がなく、とても不安でした。
お医者さんに堂々と言えなかったのは、母乳でなくミルクだったからでした。


132 :名無しの心子知らず:04/02/10 22:51 ID:K5kanp3k
(続き)
友人に、助産院で子供を生んで、10ヶ月まで母乳オンリーで、
10ヶ月からは母乳中心でカミカミご飯を少しずつという育て方をした人がいます。
お子さん3人とも元気です。
10ヶ月過ぎたらカミカミご飯という育て方を勧めていらっしゃる助産婦さんは
結構多いみたいですね。何か根拠があるのでしょうね。
多くの助産婦さんの推奨する「10ヶ月からカミカミご飯」なら
大丈夫なのかなとも思います。
虫歯0の人意外はカミカミでなくお粥のほうが良いような気がしますが。

5ヶ月までは母乳オンリーで、5ヶ月からは動物性のタンパク質以外は
一般的なやり方で与えている友人のお子さんで、
体重がグラフから外れ気味で時々減ったりしている子もいます。
友人は、「食べない〜!」といつも嘆いています。
体重って、離乳食云々より、子供それぞれの個性のような気もするけれど・・・

長々とすみません。
129さんのお子さんはとても元気そうですし、
保健所には適当なことを言っておいたほうが良いかもしれませんね。
頭カチカチの保健婦さんにあたった場合、本当のことを言うと嫌な思いを
することになると思います。
なんだか、参考にならないレスですみません。


133 :名無しの心子知らず:04/02/10 23:34 ID:K5kanp3k
>130さん
1歳2ヶ月まで母乳オンリーで育ったあるお子さんの成長グラフですよね。
ミルクオンリーの場合と同じだとは考えにくいのですが、
どうなんでしょう?

134 :名無しの心子知らず:04/02/11 22:47 ID:BzXNqUV9
>133
ミルクでも西原式に少しずつ与えている赤ちゃんの場合同じように考えてもいいように
思うんですが……本当に実際はどうなんでしょう?

135 :名無しの心子知らず:04/02/12 00:11 ID:eld7LsdJ
>134さん
西原先生の話では、ミルクで育った赤ちゃんと母乳で育った赤ちゃんが
母子手帳の成長グラフで一緒くたにされているところに問題がある、
ということでしたよね。
母乳で育った赤ちゃんとミルクで育った赤ちゃんでは
成長グラフの描く線の形がちがうという話だったと思います。
母乳オンリーの子の理想の成長グラフと
母子手帳に載っているようなミルク&一般的な離乳食の子の
理想の成長グラフは存在するのですが、
ミルクオンリーの子の理想の成長グラフというのは見当たらない・・・
西原先生の患者さんの例を参考に作っていただけるといいですね。

136 :名無しの心子知らず:04/02/13 03:23 ID:WjeSdxyx
129さんはどうされたんでしょうか?
心配です。
西原式でミルクで育てている人は少ないのでしょうね。
てらさんのホームページも母乳で育てた体験談だし・・・
「ここまでミルクで立派に育ちました。」みたいな話があれば
129さんも励みになるのでしょうが。

137 :名無しの心子知らず:04/02/13 11:32 ID:WjeSdxyx
129さん
失礼がと思いましたが、コピペをてらさんのホームページの
掲示板に貼らせていただきました。
良いアドバイスがいただけると良いのですが・・・

138 :名無しの心子知らず:04/02/13 19:31 ID:3XaJR4py
>133
詳しくその本を見てないですが
西原先生のHPに書いてありました。
カウプ指数13以上であれば正常値ともありました。
ミルクの場合は母乳的飲ませ方をさせた場合は同じかと思いました。
うちは混合です。

139 :名無しの心子知らず:04/02/13 23:02 ID:WjeSdxyx
138さんの読まれた文章はこれだと思います。

http://www.nishihara-world.jp/workshop/baby/baby_021014_03-01.htm


母乳育ちの赤ちゃんと粉ミルク育ちの赤ちゃんの
成長パターンに違いについて書かれている文章もありました。
(Q2の文章になります)
http://www.nishihara-world.jp/workshop/baby/baby_021014_02-01.htm

140 :名無しの心子知らず:04/02/14 05:00 ID:LEEO+pvU
西原先生?胡散臭いですね。
ミルク育児でも立派に育ちます。
私の兄は生まれた時から完全ミルク育児でしたが、今では東大理三に行っています。


141 :名無しの心子知らず:04/02/14 09:11 ID:lmASWEqL
>140
西原式は 天才児が目標ではなく
健康児が目標だと思いますが。
西原式は 母乳で というのではなく、
離乳食を遅くして という方法なので
完全ミルクでも 西原式実践されてる方いらっしゃいます。

142 :名無しの心子知らず:04/02/14 11:15 ID:684x27Ed
何だか論点がずれてきていますね。
今は129さんの離乳食を一切与えない完全ミルク育児を
このまま続けるべきか否かの話をしているのでは?

西原式は食生活や呼吸の仕方で賢い子供を育てましょうと言っている側面もあり、
また西原式を実践中の人のほとんどが家庭保育園の会員であることを考えると
天才児を育てるのが目的なところもないとは言い切れないかもしれません。


143 :名無しの心子知らず:04/02/15 05:16 ID:Taa2dV6F
129さんへ

私には1才3ヶ月の息子がいます。
身長70cm、体重8.1kg、一日の哺乳量1200ml〜1500mlです。
6ヶ月頃まで母乳中心だけど混合でした。
その後、ミルクオンリーになりました。
離乳食は、10日ほど前に初めて葛湯を与えましたが、
その後はまたミルクのみです。

まず、保健所でありのままを話すのは反対です。
10ヶ月検診でありのままを話した私への、保健婦の言葉は以下のとおりです。
事情があって、息子には予防接種も一切していないことに対しての非難も
含まれていますが、その事情は保健婦にはもちろん話しました。

  検診時は、身長67.4cm、体重7.95kg、哺乳量1000mlくらい。

「もう大人と同じ物を食べられる子もいるっていうのに遅れすぎてる」、
「どの医師の指導でそんなことをしているのか」、
「今後の離乳食の進め方について、いつから何を与えるか、きちんと表を
 作ってもらって こっち(保健所)にも提出しなさい」、
「ちょっと神経質過ぎるんじゃないの」、
「そんなことをして、困るのは子供のほうなのよ」、
「最終的な判断は親が下すことになるから言ってもしょうがないかもしれないけど、
 子供の人生をきちんと考えてあげなさい」、
「子供のことを考えるなら、さっさと始めなさい」、
「他の子達はもう○○なのに・・・」等々言われました。
つまりウチの子がまわりの子と比べてどんなに遅れているかを語り、
すべては親のせいであることを認識しろということでしょうか・・・。
すごくヒステリックに、まるで異常者扱いでした。
同じことを何度も何度も言われました

144 :143:04/02/15 05:18 ID:Taa2dV6F
続きです

先月とうとう初めて予防接種の会場へ行きましたが、予想どおり、
私が予防接種を避けていた“事情”により医師に予防接種を禁止されました。
医師なら禁止することでも、保健婦は「早くやるように」指導するのです。
この事実からもわかるように、保健婦は私達の子供に何の責任も持ちません。
自治体のマニュアルに従って指導するだけです。
たとえもう離乳食を始めるにしても、それは赤の他人である保健婦のマニュアル
どおりの指導のもとではなく、それぞれの両親の判断で始めるべきだと思います。
4ヶ月検診のときに当たった2人、10ヶ月検診で当たったもう1人の保健婦は、
とても親身に話を聞いてくれて、何一つ頭ごなしに言いませんでした。
ですから、保健婦の当たり外れも大きいかと思います。

4ヶ月検診時は、低体重のため再検査といわれましたがすっぽかしました。
私自身があまり気にしていなかったので、約束の日を忘れてしまったのです。
母乳中心の頃から、ミルクオンリーの今でも小さめです。
でも、いつもご機嫌で超愛想よし、運動能力も平均です。
だから、小さいのも個性と思って気にしてません。
何しろ、私と主人、そしてお互いの両親も身長が小さいほうなので・・・
(更に続きます)

145 :143:04/02/15 05:29 ID:Taa2dV6F
(144からの続きです)

西原式で離乳食を与えずがんばっている唯一の友人の息子は、
8.5ヶ月、生後2ヶ月頃からミルクオンリー(その前は混合)、
身長70cm、体重9kg、一日の哺乳量1000ml強です。
体重、とても重い方ですよね。

あと、西原式ではないのですが、別の友人についてもちょっとだけ。
身長145cmくらいの友人の娘は3ヶ月まで混合で、その後はミルク、
生まれた時から平均より小さくて軽いそうです。
離乳食は普通に始めたそうですが、3才児検診で保健婦に
「きちんと食事与えてるの?」「いったい何を食べさせてるの?」
等々頭ごなしに言われたと怒ってました。

以上のことからも、ミルクだけ、母乳だけ、混合にかかわらず、
更には離乳食を早く始めても遅く始めても、子供の大きさには個人差があって
おかしくないと思います。
129さんのお子さんは、身長が平均どおりなら尚更、体重なんて神経質に
気にしなくていいと思います。(私は大雑把すぎるのかもしれませんが…。)
お子さんの様子をきちんと見てあげて、
ご機嫌で健康、運動能力も普通に発達していれば、離乳食の開始を無理に早くする
必要はないと思います。毎日お子さんの様子を見ているご両親こそが、離乳食の
開始時期を決めてあげればいいはずです。実際、赤ちゃんの腸管はまだ完全では
ないのですから・・・

長々すみませんでした。

146 :名無しの心子知らず:04/02/15 22:06 ID:skLyGsrx
143さんへ

自分の子供が本当に健康か、運動能力が普通か、確信をもてますか?
見かけ上健康でも、今は現れないだけでどこか弱いところはあるのでは
ないかということも、心配で考えてしまいます、徹底的に検査でもしない限り
わからないのでは?からだの成長だけでなく、脳も成長過程なのだから、
現在の栄養状態が将来の成長にどのようにかかわっていくのか、何年か先に子供が大人に
成長してからでないとわからないと思います。
もちろん私は毎日子供の様子をみていますが、本当にちゃんと育っているのか、
現在の体重、身長だけではわからないと思っています。
あまりにも少数派の意見(西原式)を実践してしまうのは不安なのは、
実践して健康に成人した人を今のところ知らないからです。元気な(見かけ上)
2,3歳の子供さんはこのスレをはじめ、耳にしますが。
アレルギーの理屈は納得できますから、遅めの離乳食、ということには賛成ですが
せいぜい1、2ヶ月遅らせるくらいにとどめています。

>ご機嫌で健康、運動能力も普通に発達していれば、離乳食の開始を無理に早くする
>必要はないと思います。毎日お子さんの様子を見ているご両親こそが、離乳食の
>開始時期を決めてあげればいいはずです

147 :名無しの心子知らず:04/02/16 03:10 ID:3t6ZH8ax
ミルクオンリーで育って大人になった人というのが
まだ1人も存在しないところに不安要素があるんですよね。
確かに、西原式は最近世に出てきたばかりなんですよね。
母乳オンリーの育児はは昔からなされてきたことなので、不安要素はないのですが。
146さんのおっしゃることはもっともで…
うちの子供の脳は大丈夫なんだろうかと、不安になってきました。
母乳とミルクが同じわけありませんものね。
ミルクは牛の赤ちゃんが飲むためのもので、脳よりも体を大きくするためのもの。
それは、西原式で母乳で育てている方たちが皆、思っていることだと思います。
だからこそ、ミルクでなく母乳でがんばっているのですよね。
なんだか、うちの子供の顔が牛に見えてきた…




148 :名無しの心子知らず:04/02/16 12:46 ID:qI4aoKx4
146さんへ

もうすぐ11ヶ月の息子の母です。
どうにか母乳だけで西原式を実践中。
実は私の主人(27歳)が 西原式 で育っています。
義母は 西原式を知っていたのではなく、
主人が、母乳しか飲まなかったそうです。
また、義母は 仕事を持っていた為、また、次男ということもあって
特別に離乳食をする手間が めんどうであったため、
母乳で育ってるならそれでいいだろうと思っていたそうです。
実際、1歳8ヶ月まで母乳オンリーで育ち、
どうしても2歳から保育所へ預けなければならなかったので
1歳8ヶ月頃離乳食を始めたそうです。
離乳食と言っても 歯も生えそろっていたので 流動食みたいなものではなく、
柔らかく煮た野菜等を与えたそうです。

現在の主人はといいますと・・・
身長175センチ、70キロ前後、とっても筋肉質で
よく食べ、よく寝て、よく動きます。
そしてびっくりするくらい 胃腸が強く
「食べ過ぎて苦しい」ことはあっても お腹を壊したりすることは無いそうです。
私が風邪で39度の熱を出しても 主人も、そして西原式で育っている息子も
風邪にはかかりませんでした。
脳みその方は・・・どうでしょう?
西原式が脳みそに影響するなら 賛成はできません(笑)

149 :名無しの心子知らず:04/02/16 14:01 ID:Xxwpa7kK
>148さん
西原式実践者にとってはとても心強い話です。
>146さん,147さん
我々世代の母親は母乳は栄養がなくなると言う理由で、7,8ヶ月から牛乳を
与えるよう指導されたケースも多いようです。牛乳とミルクでは
加工と言う点で違いますが牛から作られたものです。
そうやって母乳よりミルクや牛乳で育ってきた人たちの方が多いです。
今は野菜でも肉でも農薬とかホルモン剤とかいろいろなことが問題に
なっています。例えば鶏肉は抗生物質の入った、遺伝子組換えの
輸入コーンを食べて成長し、卵を産んだり、食肉になったりします。
魚は水銀に汚染されているのも多く、安全なものを探すほうが難しい。
話がだいぶそれましたが、少なくとも内臓の未熟な赤ちゃんには
離乳食は遅いほうが、脳に関してもリスクは低いと思う。



150 :名無しの心子知らず:04/02/16 15:46 ID:lNtPytWy
148です。
補足です。

主人の兄は 義母の母乳の出が悪かった為 
また 働いている義母は 彼女の義母(おばあちゃんですね)に勧められるまま
5ヶ月頃から離乳食をスタートしたそうです。
現在30歳の義兄は 子供の頃超肥満児、二十歳の頃「痛風」になり
現在 どうにかこうにか 肥満は克服されましたが 
胃腸は弱く、風邪もよくひくそうです。
同じ親から生まれた 兄弟なのに この差は何?と思います。
脳みその良さは 義兄の方がかなり上なのですが(笑)

151 :143:04/02/16 17:29 ID:nuShDP6+
146さんへ

ご心配ありがとうございます。
徹底的な検査は、予防接種をできない“事情”が判明した時点で
していますので大丈夫です。現時点でわかる限りは、普通の成長ぶりです。
高校時代からの親友が小児科医になっていて(友人も2人の子持ち)、
いつでも何でも相談できるので、現在心配なことはありません。
もちろん、今後のことはわかりませんが。

ついでに、私の主人は生まれた時からミルクだけで育ち、
生後半年くらいから離乳食を始めたそうですが、アレルギーひとつなく、
風邪さえめったにひきません。ひいても1〜2日で治ります。
学歴は普通ですが、頭の回転はとても速いです。
背は高くないけど水泳をしていたため、体つきはとても良いし、外交的です。
私は混合、離乳食は半年くらいからですが、アレルギー体質です。
今では滅多に病気をしませんが、小児喘息もやりました。
頭も頭の回転も別に良くないです。

自分のお子さんに何か心配があるなら、病院で検査されてはいかがですか?
西原式に不安がある方はやらなければいい、と思います。
不安を持ちながらやっても、良い結果は得られないと思いますので。
その不安がお子さんにも影響してしまったら、普通に離乳食を始めるよりも
悪いほうに行ってしまうのではないでしょうか。

152 :名無しの心子知らず:04/02/16 19:19 ID:3t6ZH8ax
やはり、ミルクだけで1歳過ぎまで、その後2歳半までミルク中心という
育ち方で大人になった人はいないんですね。
母乳だけの人や、ミルク+生後半年から離乳食という人はいても・・・

153 :名無しの心子知らず:04/02/16 21:13 ID:Njo5jR90
>152さん

私は西原式育児を実践しているメル友数人と情報交換をしています。
その中にミルクのみで実践されているママが居ますよ。
お子さんは現在1歳5ヶ月(だったかな?)の女の子です。
そのお子さんはとても元気で、お肌もツルピカ。今まで熱を出したことも無いそうです。
いつから離乳食を始めたのかは、記憶が曖昧なので今は申し上げられませんが、
あとで彼女に聞いてみますので、そんなに気落ちしないで下さいね。




154 :名無しの心子知らず:04/02/16 21:18 ID:CDYCE019
私自身の体験でも、知り合いの体験でもありませんが1歳過ぎまでミルクで育てられたかたのHPがありますよ。
googleで「西原 ミルク 離乳食」というキーワードで探してみてください。すぐ見つかります。この方はちょっと
事情があるみたいなので参考になるかどうかわかりませんが。

155 :名無しの心子知らず:04/02/16 21:21 ID:Njo5jR90
153です。
ごめんなさい、ミルクのみ1歳過ぎ、2歳半までミルク中心で育った
大人の方のお話を聞かれていたのですよね。
勘違いしてしまいました。


156 :名無しの心子知らず:04/02/18 13:14 ID:Yekwcm3n
146です。

148さんのご主人が1歳8ヶ月まで母乳だけで健康に育ったとのこと、参考になりました。
また、ご主人のお兄さんが生後半年で離乳食を開始し、あまり健康でないとのこと。
そして143さんのご主人は生後半年で離乳食を開始したが健康である、など教えていただき
ましたが、いづれの方法で育っても100%「こうなる」ことは有り得ませんから、
身近の例を見るだけで「だからこの方法がお勧め」とは考えられないと思います。
私が知りたいのは「傾向」なんです。
たとえば、例が悪いかもしれませんが、40歳を過ぎての出産はダウン症の子供が生まれる
確立が明らかに増えることは知られていますが、このように、数多くの結果からの統計的
結果と傾向がわかればうれしい、と考えているだけなんです。
「42歳の知り合いが健康な子供を生んだよ。だから高齢でも大丈夫だよ」
とその事実だけで物事をとらえるのは科学的な考え方ではないと思います。
(誤解があるかもしれませんが、高齢出産を否定していません。)


157 :名無しの心子知らず:04/02/18 13:20 ID:Yekwcm3n
146です。続きです。

私の書き方があいまいだったかもしれませんが、143さんの子供さん
の健康のことを問うたのではなく、「自分の子供に健康だと自信をもっている
人ばかりではない」ことを言いたかったのです。
子供が成長するたびに「これで普通なのかしら」と常に考える親も多いはず。

このスレッドは西原式に興味があるけど不安もある、と考えている人も
多く読んでいると思います。そして不安に思いながら西原式を取り入れているひと
もいると思います。「不安に思いながら」行うことは、言い換えれば
「謙虚に反省しながら行うこと」でもあると思いますので、妄信するよりは
不安に思いながらやってもいいと思います。

>西原式に不安がある方はやらなければいい、と思います。
>不安を持ちながらやっても、良い結果は得られないと思いますので。
>その不安がお子さんにも影響してしまったら、普通に離乳食を始めるよりも
>悪いほうに行ってしまうのではないでしょうか。


158 :名無しの心子知らず:04/02/20 01:52 ID:s2rMXa7G
>146

>「不安に思いながら」行うことは、言い換えれば
>「謙虚に反省しながら行うこと」でもあると思いますので

違うと思う。
不安でない=盲信  でもないと思う。
自分も不安はないけど、西原論を頭から
まるまる肯定しているわけではない。

子供は親の気持ちに敏感だから
神経質になるくらいなら他の子と同じように
やってればいいんじゃない?
自らいいと思えて納得できることを
やっていくのがいいと思うよ。
それこそ、いいとこどりのつもりで
保健所の指導より数ヶ月遅らすだけでも。
そういうこと心配してる人なら
赤ちゃんのウンチに消化されてない
野菜がまじってるの見たら、
“離乳食始めるの早かったかな〜”なんて
思うようになるんじゃないのかな。
臼歯も生えてない子供に固形物与えてもねぇ。

不安に思いながらやってもあまりいいことないよ。
離乳食に限らずね。
「謙虚に反省しながら」もいいけど
もう少し余裕持って生きようよ。
146の子供がかわいそうになってきた。


159 :名無しの心子知らず:04/02/20 14:00 ID:/YoLJJqV
>>158
あのぅ、横レスなんですが
野菜がそのまま出てくるのは、普通に三歳くらいまでは続きますが……。

160 :名無しの心子知らず:04/02/20 20:33 ID:we0GHMWg
>159さん、

それこそ 西原式流でいう 乳幼児の腸は未発達ってことですよね。
大人で未消化のものがウンチに出てきたら
何かしらの原因を探すはず、
乳幼児もそれを 「普通」と思わずに 出ないように工夫しなければいけないって
ことなんじゃないのかな?西原式で言うと。

161 :名無しの心子知らず:04/02/24 00:21 ID:VqYbm3Hr
人間の遺伝子なんて、一万年前からかけらも変わってないのに、環境だけが変わったので、現代病が出てきたんですよね。
育児もそう。離乳食なんて考え方は戦後の考え方ですよ。明治の人に育児のこと聞いたら多分西原式に近い育て方をしてると思います。
昔の事が全て正しいとも思いませんが、たかだか50年の歴史しかない、生後半年からの離乳食の育児方法がどれだけ正しいか疑問です。
大体、かぞえで5歳くらいでおっぱいははずすものらしいです。

162 :粉ミルクで西原式:04/02/24 02:10 ID:X6NKzRB1
だ・か・ら 母乳の場合は問題ないのよ。
大昔からやったきた方法で育てるわけだから、何ら問題はない。
西原式というより、要するに戦前の日本の子育て方法に戻すだけでしょ?
その育て方で育てられた人が健康な大人になるデータは腐るほどある。

粉・ミ・ル・ク の場合は母乳と同じというわけにはいかないでしょう?
そもそも、粉ミルクの歴史は数十年しかない。
2歳半までほとんど粉ミルクのみで育てる西原式にデータがあるわけがない。
西原式で2歳半までほとんど粉ミルクのみで育った大人は1人も存在しない。
大人どころか、中学生や高校生さえもいない。小学生の話も聞くことができない。
だからそこに不安が出る。
博士にとっては実験の貴重なデータ程度かもしれないけど、
我が子を実験のデータにしたい母親はいないでしょう?
ましたや、実験の失敗のデータなんかにしたくない。

母乳で西原式は世間の風当たりさえ気にしなければ問題なし!
でも、粉ミルクで西原式は?



163 :名無しの心子知らず:04/02/24 07:52 ID:jIE+yLJu
西原式はなかったかもしれないけど、ミルクの子で離乳食食べないで困ってる
ママは今も過去にもたくさんいる(いた)と思う。
実際いろんな育児系BBS見ても、1歳後半でまだ食べないで困ってますみたいな
相談してる人結構見かけるし。まだミルクを飲んでるならいいほうだと思う。
だってお菓子ばかり食べてご飯食べないって子も周りにいるよ。
西原式は一応1歳からゆっくり離乳食開始で米とか少しの野菜とかあげる
わけだから、2歳半までミルク中心の子で西原式でないけど、食が細いって
子はほぼ同じ例なんじゃないかな。それほど心配する必要あるのかどうか。

164 :名無しの心子知らず:04/02/25 00:20 ID:yqzrOTQN
母乳で西原式を貫いている人は、粉ミルクなんて問題外と思っている人が少なくない。
西原式に限らず、母乳育児派の人たちからすれば「粉ミルクなんて」という感じだろう。
質の良い米や野菜はタンパク質的に考ればある年令まではポイズンだが、
腸の成長に伴い体の喜ぶ食べ物となる。
粉ミルクはタンパク質的に考えれば消化しやすく従来のものより改善されているが、
生まれたての乳児にとっても腸が完成した子供にとっても体が喜ばない飲み物。
その体が喜ばない粉ミルクを中心とした食生活を2歳半まで続けることと、
10ヶ月なり1歳なりで米や野菜を中心とした食生活に切り替えること、
どちらが子供の体に優しいのだろうか?
ある母乳育児の考え方では、
「もし母乳が思うように出なければリフレフラワー(玄米粉)を
湯で溶かして与えましょう。粉ミルクで赤ちゃんの腸を汚してはいけません。」
と言っている。





165 :名無しの心子知らず:04/02/25 08:04 ID:w06Ktmqw
どうしてそこまで「粉ミルク」を毛嫌いするのかわからない。
母乳育児中だけど、正直、たまには粉ミルクを飲んで欲しいときがある。
(仕事してるから)新生児用のミルクはたんぱく質も入っていないし
離乳食を始めるよりは 良いと思っている。
これは 私の意見。
いろいろあっていいと思うけど、
玄米粉は 与えて大丈夫なんだろうか? そっちのほうが心配

166 :名無しの心子知らず:04/02/25 09:38 ID:/4ClA/OT
>>162西原式というわけではないけど、ある種の代謝異常で
専用の粉ミルクのみで乳幼児期を成長した子はいる。
その子たちもまだ寿命を全うするような世代ではないのでなんともいえないけど。
>>165
粉ミルクにタンパク質が入っていないわけがない。
アレルギー用のミルクならペプチドだったりそれ以上分解してあったり、アミノ酸まで
分解してあったり(種類によっていろいろ)するわけだけど。

167 :名無しの心子知らず:04/02/26 01:01 ID:SR4HM9iW
>165
粉ミルクは動物性タンパク質のかたまりですよ。
最近の粉ミルクは消化し易く改善されてきたいるとはいえ、
動物性のタンパク質ということにかわりはないんですよ。牛の乳です。

動物性のタンパク質どころか、植物性のタンパク質のほとんどを
2歳半まではポイズンと考える西原式。
なぜ粉ミルクは大丈夫と言えるのでしょうか?
市販のアレルギー用の粉ミルクでも100%タンパク質を分解してあるものはなく、
普通の粉ミルクは牛乳より少しタンパク質を消化し易くしてある程度。
当然、ミルクに対する抗体ができるのでは?



168 :名無しの心子知らず:04/02/26 01:17 ID:aFpCLUtc
いくらがんばっても
子供が大きくなって
スナック菓子やジャンク食べたら意味無いじゃん
いっちゃってるね。層化みたい

169 :てら(2歳7ヶ月) 少し、スレ違いかもしれない:04/03/01 17:58 ID:qFFPJfOx
お久しぶりです。個人的に忙しくて覗きに来られませんでした。
みなさんの書き込みを読んでみて、
すごく色々考えていらっしゃる方が多いなって、思いました。

私の場合、一応子供の様子を見ながら…ではありますが
特に博士式で気になる事が無かったので
逆になぜ、自分はみなさん程、疑問がわかなかったのかな、と
不思議に思う今日この頃です。
自分の中では、大体納得出来ていたので…。

西原式は「幸せをかみしめている赤ちゃん」
「生きることが楽しくてしかたない赤ちゃん」
「そして、大人たち」
の為のものだと思っています。
確かに鼻呼吸になると、酸素取り入れ能力が増え、集中力も上がり、
成績もアップする、という体験記もありますが
博士の目的の途中の出来事にすぎないな、と思っています。

ミルクの事、詳しくは存じませんが、
私は母乳が出なければ、ミルクも足そう、と思っていました。
また、母乳にアレルゲンが出ている場合、
博士は、授乳を休止する様指導する事もあるようです。

170 :てら(2歳7ヶ月) 少し、スレ違いかもしれない:04/03/01 18:11 ID:CdgDz/Rh
博士の目的、っていう書き方、変ですね。
「幸せを噛みしめている人生」の事、と思って下さい。

とりあえず、私の考えでした(あくまでも)。
そして、168さんの心配は、その通りだと思います。
自分で免疫低下させている典型ですね。
そうならない様、子供と自分と付き合いたいものですね。

腸内粘液により、食の好みが決まり、性格も形作られる、と
博士はおっしゃっていました。
キチンと食事を摂りたい、そう思える腸内粘液を作ってあげたいです。
作り方は判りませんが、体質の他、
多分日々の食生活や習慣が、決め手になるのでしょうね。

171 :てら(2歳7ヶ月):04/03/01 18:19 ID:EusCqdev
とはいうものの、たまにはジャンクも食べたいです。
色々何でも食べられて元気!という人生が理想ですね。
白血球を大切にして、ジャンクにも負けない胃腸になりたいです。

172 :名無しの心子知らず:04/03/01 23:36 ID:ZFNNmudQ
てらさんは理屈を超えて西原氏を愛しちゃっていますね。
下記のことばはなんか、宗教的な傾倒にも感じます。
そう感じるのは私だけでしょうか?

>西原式は「幸せをかみしめている赤ちゃん」
>「生きることが楽しくてしかたない赤ちゃん」
>「そして、大人たち」
>の為のものだと思っています。


173 :名無しの心子知らず:04/03/02 00:31 ID:qd4yW3xd
>172
確かに、てらさんの西原式への傾倒ぶりは宗教に通じるところもあると思う。
でも、だからこそ、皆にためになる情報をおしみなく与えてくれるわけで。
それで皆、本当に助かっているわけで。
適当につまんで西原式をやっている人間が、
ここまで親切に回答したりアドバイスしたりしてくれるだろうか?
それに、西原先生が提供することのできない情報を彼女は提供してくれる。
彼女は女性で、実際に子供を産み育てている母親なのだから。
西原先生の発言に「?」と思うことも多かったけど、
てらさんの存在があったから西原式を続けてこられたところもあります。
てらさんには、本当に感謝したいです。

174 :てら(2歳7ヶ月):04/03/02 15:34 ID:hyitMBQn
>172さん
いえ、著書からの引用です。
「そして大人達」は、私の付け加えです。
愛してはいないですね…尊敬してはいますが。

宗教は、嫌いではないですが(むしろ好き。神話も好き。)、
私の中では、西原研究、という感じです。
著書も好きで、ファンといった気持ちです。

ですが、「宗教的」という言葉は、褒め言葉と受け取れました。
周りから見たらそう見えるくらい、(あるいは、その粋)
自分にシックリ入っている、という事ですよね。
宗教は、自分達の生活信条、神様とのお約束、ですから。
「博士の著書は、私の健康のバイブルです。」と言えますし。
逆に、ヘンな母親がいる、と、
博士のイメージが悪くならなければ良いな、と思うのです。
173さん、ありがとうございます。

というより、唯のうかれポンチかも…。

175 :てら(2歳7ヶ月):04/03/03 05:59 ID:NWfNgJbj
と、書いてみましたが、実は利己的な事からなのです。
少しでも西原式が、もっと受け入れられたら
自分も、そして孫の時も、その先も
西原式、やりやすくなるからです。
勿論、孫の時、私が口出すのはどうか、とは思いますが
そういうのもある、と知っていてもらいたいな、と願うのです。

そんな中、自分でも答えられる質問や疑問があれば答え
解らなければ、調べてみる…それだけなのです。
解らないと悔しいのかもしれません。

きっと、みなさんは、人の為に色々される
献身的な方が多いのでしょうね。
自分も、もっとそうならなければいけないのかもしれません。

176 :名無しの心子知らず:04/03/04 14:57 ID:eoBRRCSo
>自分も、そして孫の時も、その先も
>西原式、やりやすくなるからです。

てらさんの考えややり方が間違っているとは思いませんが、
ここまで思ってしまうのはどうかなと思いますよ。
そういうのもある、と知らせるといっても
強い願望が入れば押し付けになってしまうし、
育児の常識は2、30年経てばがらっと変わります。

てらさんとお子さんにとっては最高で
今最先端の西原式も、時代遅れになるかもしれません。

>きっと、みなさんは、人の為に色々される
>献身的な方が多いのでしょうね。
>自分も、もっとそうならなければいけないのかもしれません

そんなことはまったくないですよ。

177 :名無しの心子知らず:04/03/04 22:51 ID:uoxhu/Qc
>176
てらさんのやり方は押し付けにはなってないと思いますよ。知りたい人には積極的に
教えるけど、西原式じゃない人に無理矢理押し付けてるわけじゃないし。たしかに、西原
式じゃない人に向かって「西原式じゃないとダメよ!!」って押し付けるのはどうかと思う
けど、てらさんはそういう事心得ていておられるようだし。

確かに西原式も2、30年後どう評価されているか。時代遅れになっているかもしれないし
間違っている事がはっきりわかる結果になるかもしれないけど、正しいかもしれない。それ
は今のところは各母親が判断するべき事だし、西原式を受け入れるべきかどうか、どう
続けていくべきなのか知りたい母親がいればてらさんのようにかなり西原式に詳しい人が
情報を提供していてくれるということは、西原式をやめるにしろ採用するにしろ、良い判断
情報ができていいのではないでしょうか。情報提供は即押し付け、という事ではありません。

それと、西原式をやってみたいという人が増えていって、てらさんの情報提供によって納得
して西原式を採用する人が増えれば、確かにデータとして実績になるわけですから(よくも
悪くも)、西原式をやりやすくなる結果になるのかもしくはやめたほうがいいとい結果になる
かは別としてもてらさんのように考えて情報発信、情報交換するのはかまわない(というか
むしろ望ましい)と思います。

178 :名無しの心子知らず:04/03/05 00:48 ID:xeoZHFFF
>177
同意。

てらさんが押しつけがましくせずに言葉を選んで情報提供してくれらからこそ、
真実味があった。
西原博士も見習ってほしい。

179 :名無しの心子知らず:04/03/05 13:41 ID:XFt8EUjM
>自分も、そして孫の時も、その先も
>西原式、やりやすくなるからです。

>177
私たちにとって押し付けだとは書いていません。
でも、てらさんのお子さんやお孫さんにとっては
母親や祖母の「知っておいてほしい」思いが強いほど
押し付けになる、と言いたいため引用したのです。
まあこう説明しても「母親が選べばいい」とおっしゃるんでしょうけどね。

他人や2ちゃんの意見は好き嫌いでスルーできますが
西原式を実践していて自分の母や義母が、
「私のときはこうしたわよ」と意見してくると
本人たちは知っておいて欲しい程度の気持ちでも
私には結構堪えるしストレスになります。

だからお子さんの幼いうちから「孫のときも西原式やりやすくなるし」と
気合入ってるとちょっとお子さんがかわいそうかな・・・と。
今てらさんがご自分の子育てに満足して、
今情報を求めている私たちに情報を下さる、
それで十分素晴らしいのに!と思います。正直。

ちなみに私が書いたのは176だけですので
てらさんの情報提供に関して意見をつける気はありませんので
そのことで私に対してレスされても、あまり意味がないかと・・・。

180 :てら(2歳7ヶ月):04/03/07 02:26 ID:BFOYhnN2
>176さん
言葉が足りなくて、ご心配かけてます。
でも、そうなんです。
きっと、ヤキモキして何か言いたくなってしまうと思うんです。
ですがそれは、自分でもイヤなので、
せめて「聞いた事あります〜。」
くらいまでにはなって欲しいなと願うのです。

その頃は時代も変わりますし、抗体の全く出来ない
腸にも負担のかからない、そんな赤ちゃん食も出来ているかもしれません。
そして、大きくても小さくても「元気なら良し!」とされる時代になって欲しいです。

>177さん、178さん
フォロー、ありがとうございました。

181 :名無しの心子知らず:04/03/07 04:56 ID:XP1qeszY
ずーっとロムってましたが、我が身にふりかかる偏見にどうたちむかうか…悩んでまして…

実は二人めの子の保育園の4月からの入園に際してなのです。
離乳食が進んでないのを保育園から責められるのです!
いま7ヵ月ですが、ご飯と野菜の粥ぐらいです。それもドロドロベタベタ。
卵に関しては兄がアレルギーなので「一歳までは避けた方が無難」との診断書を貰う事ができました。
でも他の食材や与え方をどう理解してもらえば…
WHOでさえ6ヵ月から…と言うと笑い飛ばされる始末
なんかいいソースないですか?
またどう戦い、連携したらよいのでしょう

182 :名無しの心子知らず:04/03/07 05:05 ID:XP1qeszY
すみません
授乳で起きてしまい、こんな時間のカキコミです…

完璧な西原式を望んでいるわけではないのです。
今4歳の兄が卵白アレルギーで、喘息にも苦しんだ事が気になるのです。
赤ちゃんの脆弱な腸壁の事も理解できるので、できれば少しでも離乳食や牛乳を遅らせたいだけなのです。

でも、通わせる保育園は私立だし…邪魔臭い事にはうるさいし…きっと変人扱いかも…
と思うと悲しくて。

我が子を守ってやりたい…
アレルギーなどから少しでもリスクを回避できるなら…です。
どなたかよろしくお願いいたします。

183 :名無しの心子知らず:04/03/08 00:46 ID:8zuR06B3
>182
うちの子供は保育園に入っていないので
的外れなアドバイスになってしまうかもしれないのですが・・・
「アレルギーがあるので。」と言ってみるのはどうでしょうか?
実際、卵や牛乳のアレルギーは赤ちゃんには珍しいことではないですよね。
血液検査で陰性でも症状の出るお子さんもいますし。
(血液検査で陽性でも症状の出ないお子さんもいますが。)
本当のことを言うと聞きいれてもらえないでしょうし、
変な人ってことになってしまうと思います。
うちは、子供が幼稚園(給食あり)に入ったら、
「牛乳アレルギーなので」と言って牛乳を飲ませないつもりでいます。
本当のことを言って理解してもらえるのが本当は1番良いですよね。
でも、お子さんの口に入れたくないものを回避できることが最優先。
嘘も方便かと・・・悲しいけど。



184 :名無しの心子知らず:04/03/09 10:01 ID:Xe52u23s
>>181
 上の子がアレルギーならそんなに変人あつかいされるほどのことかしら?
うちも全く同じ状況ですが、もうすぐ7ヶ月の二人目のこども、野菜と雑穀のおかゆ、
米もまだあげていません。うちはかかりつけ医から、卵と牛乳は1歳まで不可、
そのほかのものもゆっくりめにという診断書を貰いました。
診断書はアレルギー専門医でなくても、話の通りやすそうな医師なら誰でもかまわないです。
 保育所には、私と夫と上の子の血液検査(三人とも思いっきりアレ体質)と例の診断書を
提示して、おかゆと野菜は水煮で、おやつは雑穀ベビーボールで、ミルクはMAー1か冷凍母乳
ということで落ち着きました。
東京医大式の抗原表をコピーして、野菜は抗原度の低いものだけにしてくださいとお願いして
足りないものは家からお弁当か、ミルクを多めに飲ませて貰うことになりました。
完璧な西原式とはほど遠いかもしれませんが、保育所にお願いする以上ある程度は
仕方ないとは思います。でも、がんばってくださいね。

185 :名無しの心子知らず:04/03/09 10:28 ID:ZjuB6AWs
>182
てらさんのホームページの掲示板の常連さんの○○○○坊主さんの
ホームページはご覧になりましたか?
お子さんが入園した保育園が西原式に理解を示してくれず、
苦労されていらっしゃるようです。
一度、覗かれてみては?

186 :名無しの心子知らず:04/03/09 14:08 ID:MqF/1nYF
前スレで、息子さんの体重が落ちちゃって西原博士とお話したお母さん、
その後どうなったかなぁ。

187 :名無しの心子知らず:04/03/09 17:06 ID:ZjuB6AWs
>186
1歳半検診の時の体重が7ヶ月の時の体重を下回ってたんでしたっけ?
西原先生は、便秘は体重が増えない原因になるからということで
既に与えていた白米をやめて母乳だけにもどすように
アドバイスしていらっしゃいましたよね。
あの後、そのどうなったんでしょうか?
気になります。


188 :名無しの心子知らず:04/03/11 16:32 ID:O8qGiRd8
>>181さんまだみてるかな?
>>184です。
うちの保育園の0歳児クラス10人中8人までが「アレルギーの疑い」
で離乳食ゆっくりめと、牛乳卵など1歳までNGを申請していたそうです。
今時は離乳食ゆっくり目が主流だし、母子手帳通りに進める人の方がス少ないのか?

189 :名無しの心子知らず:04/03/12 07:24 ID:Q0L2Hgwu
西原氏の育児法だいたいうなづけるが、アレルギーは遺伝ではないという
あたりが疑問。
実際1歳から大人と同じようなものをいろいろ食べていて、
ずっと肌に問題ない子もいる。成長期や成人期でも発症する
場合もあるとはいえ、軽くすんで治る場合も多い。このあたりは
親の体質など遺伝によるものではないかと思うのだが、どうだろうか。

190 :名無しの心子知らず:04/03/12 10:10 ID:iQ1bAekO
それは食生活がむちゃくちゃでも生活習慣病にならないひともいるのと同じ。
ある程度は遺伝(というか元々の体質)によると思うけど。

191 :189:04/03/12 17:29 ID:9Wpm3RsT
>それは食生活がむちゃくちゃでも生活習慣病にならないひともいるのと同じ。
同意です。だからこそある程度は遺伝(体質)と思うので、その部分だけ
西原氏が遺伝ではないと言っているのが疑問。

192 :名無しの心子知らず:04/03/12 19:16 ID:Gt3HspXc
アレルギー体質の遺伝はあると思うよ。
要は、腸が丈夫でないってこと。これは遺伝する。

193 :名無しの心子知らず:04/03/13 22:22 ID:Wi6Wumh6
先日から1歳0ヶ月の子供が風邪がなかなか治らないことから、念のため
血液検査を受けたところ、HGBという血色素が10.1と低く、鉄欠乏性
貧血であることがわかりました。
風邪との因果関係はあまりないのですが、まさかわが子の貧血が見つかるなんて
思いもよらなかったのでショックでした。
子供を妊娠したときから、私も西原氏の本を読んだことから、アレルギー
のことを気にしていましたが、あまり極端なことはしていないとはいえ、
つい最近まで母乳中心で、離乳食は6ヶ月から現在までおかゆ、野菜中心の
質素なものでした。西原氏の本には「フォローアップミルクはよくない」と書いて
あったので、留守を預けるときは、粉ミルクなどをつかっていた程度です。


194 :名無しの心子知らず:04/03/13 22:27 ID:Wi6Wumh6
193の続きです。
しかし9ヶ月検診のときに「身体に蓄えられていた鉄分が徐々になくなりますから」
離乳食には気をつかってください。といわれていたのにもかかわらず、
母乳が最善と思い、腸の負担のため質素な離乳食しか与えなかった。
フォローアップは鉄分を強化した飲みものと知っていたけど与えなかった。
その結果、鉄欠乏性貧血にさせてしまったと思うととても情けないです。

私は自分の出来事を皆さんに知ってもらって、別の観点からの考察も
必要ではないかということを言いたかったのです。
検索エンジンで「貧血 鉄 乳児」で関連ページをみてみてください。

脳に酸素がいかなくなると、乳児の精神発達が遅れることがあります。
時期をみはからっていましたが、これから断乳し、フォローアップミルクや
離乳食をきちんと与えるよう、とにかく貧血改善の努力をします。

195 :名無しの心子知らず:04/03/13 22:52 ID:/XRvz10J
>193-194

母乳を続け、離乳食をほとんど食べない子でも、だからといってほとんどが貧血に
なるとは限りませんよ。母乳の鉄吸収はあらゆる食品の中でも最も良く、これが
食品から摂取するとなるとある程度の量を食べなければ必要量を摂取できません。
言うまでもなく1歳前後の子供の食事量では食品だけで鉄分を摂取するのは難しい
んです。

http://daily.e-baby.co.jp/faq/thread/thread_283.html

↑一度ご覧になってください。

196 :名無しの心子知らず:04/03/13 23:11 ID:Wi6Wumh6
>195

193です。もちろん、ほとんどが貧血になるとはいっていません。
しかし、私の場合はそうでした。また、担当した医師は乳児の鉄欠乏性貧血は
人工乳より、母乳を長く続けた人のほうが多いと考えられるといっていました。
母乳は吸収率が良いのは事実ですが、鉄含有量が多いわけではありません。

このスレの論点として、「アレルギー」も大事ですが、「貧血の危険」も
考えてほしくて書きました。そしてそのためにどうすべきか、各自自分に
あった方法をとればいいと思っています。


197 :名無しの心子知らず:04/03/13 23:40 ID:1DrUeUa5
母乳+普通の離乳食で育てている人でも
母乳からフォローアップに切り替える必要はないが
不足する鉄分は、離乳食で積極的に補わなければいけない、というのは常識だよね。
その離乳食の部分を与えないのであれば、
「母乳が一番なはず」と勝手に過信せずに、対策しなくてはいけないと思う。
妊娠出産で母体自体が貧血状態になっている場合も多いし、
そういう場合は、やはり子供も貧血に陥りやすいそうです(小児科の医師から聞きました)

193さんは西原式イクナイ、というのではなく、
西原式をやっていくなら、考えなくてはいけないことでは?と問題提起をしただけですよね。
実際に、西原式では、
貧血対策というのは何らかの形で触れられているんでしょうか?

198 :195:04/03/13 23:58 ID:/XRvz10J
>196
確かに貧血の危険についてはしっかり考えないといけませんよね。
お子さんが貧血と診断された196さんが、その危険についてきちん
と認識するよう注意を喚起してくださるのはつい「アレルギー」にばかり
目がいきがちになっているとハッとさせられます。私も今後(うちはもう
かなり食事をすすませています)子供の健康全体に目を配ろうと思い
ます。

ただ私が思ったのは、その鉄分不足に対する原因や対策が、反対
意見もあるということです。リンクしたHPご覧になりましたでしょうか。
196さんのかかりつけの先生は9ヶ月からの貧血、食事やフォロー
アップを与えないと貧血になる、人口乳より母乳のほうがなりやすい
等。もちろん各自自分にあった方法を取るというのは基本ですが、
必ずしもその先生の考えが正しい、もしくは一般的、とは限ら
ないということです。西原式でなくても、母乳育児に詳しい先生など
は母乳育児の子供の方が鉄分不足になりにくいと言っておりますし
フォローアップも必要どころか飲ませないほうがいいと言われています。
確かに母乳に含まれる鉄含有量は多くはありませんが、吸収率が
桁外れに良いため、小さい子供が摂取できる食事の量を考えると
母乳を続けるほうがよいということです。もちろん西原式ではない
母乳育児専門家では6ヶ月過ぎから子供に合わせて徐々に食事を
与えるよう指導していますが、その場合もしばらくは栄養の主体は
あくまでも母乳中心で、離乳食は補助的、もしくは食事の練習、食事
の紹介程度としています。

199 :195:04/03/13 23:59 ID:/XRvz10J
母乳でも貧血になる原因としては、上にリンクしたHPで書いてある
ように溜まり乳による原因や、出産の際にへその緒をあまりに早く
切ってしまって鉄分の移行が悪く、9ヶ月頃から貧血になる子供も
いるなど。

196さんがかかりつけの先生の考えを支持なさる事にケチをつける
気はありませんが、(西原式以外にも)こういう反対の意見もあると
いうことを言いたくて書きました。後は、どちらのやり方を支持する
かはもちろん各自自分にあった方法をとればいいと思います。

200 :195:04/03/14 00:08 ID:f3bxUYhL
>197
西原博士のHPで貧血について触れられています。
が、私も過信してはいません。実際196さんのように貧血と診断される
お子さんもいらっしゃるみたいですし、上に書いたような理由で母乳でも鉄分が
不足する事は確かにあるようなので、「うちの子は絶対大丈夫」と過信する
のはよくないと思っています。

>西原式をやっていくなら、考えなくてはいけないことでは?と問題提起をしただけですよね

問題提起をしてくださる方がいるのは大切な事ですよね。貧血の原因も含めてその
対策については、真剣に考える必要があると思います。

201 :名無しの心子知らず:04/03/14 16:33 ID:gl4mkGF1
貧血と言われた子の母、193です。

西原氏の貧血についてのHP読みました。
http://www.nishihara-world.jp/workshop/baby/q_and_a.htm#Q21
率直な感想を述べますと、「赤ちゃんのデータは間違えやすいのであまり信頼ならない」
また、「母乳育児をしているとよく育っていないと偏見をもたれやすい」などの西原氏の
意見は、正直受け入れがたいと感じるものでした。

ちなみに私が診察してもらった病院はこの子を出産した病院でもあるのですが、
母乳育児を大変推奨している病院でもあり、先生も母乳をずっとあげることを
進める方ですが、現在最も私がなすべきことからの見地で処方をしてくれている
と思っています。

一般的にアレルギーのIGEの値などは、赤ちゃんの血液結果ではわかりずらい
ことなども承知していますが、今回わが子が鉄分不足とデータが示されたならば、
きちんとそれを受け止め治療したいと思います。
「赤ちゃんのデータは間違えやすいのであまり信頼ならない」と考えるのは
どうかと.....。



202 :名無しの心子知らず:04/03/14 23:57 ID:SPyB2HLh
戦前の日本には牛乳も粉ミルクもなかった。
肉や魚など、めったに食べられないご馳走で、普段は米と野菜の質素な食事だった。
1歳まで母乳オンリー、2歳半まで母乳中心というのは
大昔からずっと日本人がしてきた子育ての方法。
では、戦前の日本人が皆、不健康だったか?そうではない。
それはなぜか?玄米を食べていたから。
玄米にはビタミンミネラル、バランスよく含まれている。もちろん、鉄分も含む。
戦後、白い米に憧れた日本人たち。しかし、白米の失ったものは大きい。



203 :名無しの心子知らず:04/03/15 01:04 ID:7NJPTz2Z
>>202
戦前の日本人は当然不健康だったでしょう。
乳幼児の死亡率も今の比じゃないし、大人の栄養状態だって良好じゃなかった。
大昔の日本人の食生活が最も好ましいものであったなら、
餓死する子供も、栄養失調のせいで重くもない病気や寒さで簡単に死ぬ子供も、
ビタミンや鉄分不足で障害を負う子供もいなかったはず。

確かに玄米は素晴らしいものかもしれない。
けれど、玄米さえ食べていれば何もかも解決する訳ではない上に、
今の時代では残留農薬の無いものを探すほうが難しい。
栄養的には玄米のほうが優れていても、安全性という点においては白米のほうが何倍もマシなのも事実。

物事の良い面だけを根拠に、
悪い面を無視するのは無責任だと思う。

204 :名無しの心子知らず:04/03/15 01:10 ID:f03P4g/z
戦前の日本人ちっちゃいしなあ。大人の男でも160センチないのがわんさか。



205 :名無しの心子知らず:04/03/15 12:09 ID:Z/Ket+Z2
>203
しかし、戦前の日本にアトピー性皮膚炎や喘息を含むアレルギーは
現在のように蔓延していなかった。
戦前の乳幼児の死亡率の高さは医療水準が今より低かったためで、
大人の栄養状態が良好でなかったのは、食べるものに困るほど
貧困にあえぐ人が多かったためではないのか?
今は医療水準も高くなり(そのことに問題がないわけではないが)、
飢餓に苦しむ生活をすることはまずないであろう。
その上で昔の日本の良いところを取り入れようという話。
うちの家族は子供も含め安全性の高い無農薬の米を食べているが、
入手が困難だと思ったことはない。
今はインターネットも普及している。
何より、かわいい子供のためなのだから。

206 :名無しの心子知らず:04/03/15 12:28 ID:7NJPTz2Z
>>205
いやだから、
アトピーや喘息を含むアレルギー疾患がなかったかわりに、
ビタミンや必要な栄養素の不足による皮膚疾患や、感染症の流行、結核の蔓延などはあった訳で。
>>202にあるような「昔ながらの食生活」というのは決して、
好ましいものとして食べられていた訳ではなく貧困の結果でしかないんだよね。
良い所を取り入れることに異論はないけど、
それによって、起こりうる鉄欠乏性貧血、必要な栄養素の不足などを引き起こしちゃ
それこそ本末転倒じゃないのかな、と。
良い面もあり悪い面もある。その悪い面を無視したり曲解したりするのは正しいことではないと思う。

ちなみに玄米のまま食べる場合、
周囲の田んぼや畑からの農薬や化学肥料の流出、
有機栽培の場合は元となる鶏糞や牛糞の抗生物質汚染、その餌の農薬汚染など
「白米よりも安全な玄米」を探すのは実際問題難しいですよ。
白米は栄養価と共に害となるものもそぎ落とし、
玄米は栄養価を残す反面、農薬や抗生物質が残留している可能性が高い。
どちににも良い面と悪い面があり一長一短です。
アレのスレを見てると、残留農薬がアレルギーを引き起こす例も多いみたいですし、
必要なのはを取捨選択で、
過去や事実を美化して都合のいいように捻じ曲げることじゃないと思う。

207 :名無しの心子知らず:04/03/15 13:54 ID:Z/Ket+Z2
>206
あなたが玄米を食べることに反対なのはよく分かりました。
西原式育児にも反対、ということでしょうか?
残留農薬や抗生物質、様々な化学物質、化学薬品がアレルギーを引き起こすことは
よく知っています。
そういう点で言えば、粉ミルクほど怖いものはないでしょう。
100%安全ではなくとも、よりそれに近いものを求めて口に入れるのと、
何も考えずに過ごすのとでは大きく違いがあると自分なり考え、
我が家では無農薬無化学肥料の米をはじめ、食べ物を選んでいますが。
昔の日本と今の日本の良いところ取りをするのが良いかと考えました。

結論、あなたはどのような育児方法を推奨されているのでしょうか?
どのような離乳食が、どのような食材、食生活が良いとお考えなのでしょうか?





208 :名無しの心子知らず:04/03/15 14:02 ID:7NJPTz2Z
>>207
反対と言っているのではなく、
取捨選択が大事だと言ってるんですよ。
「アレルギー防止の為」に西原式、けれど「貧血などのリスク」があることも事実。
「玄米が良い」のも事実。でも同時に「残留農薬の危険」があることも事実。
「昔の日本人の食生活でアレルギーが少ない」のも事実。
けれど同時に「決して良好な栄養状態ではなかった」のも事実。

そういうことを無視して、
物事の良い面だけを主張いるのは、悪い意味で宗教じみていると思います。
西原式をやっていくなら、
その弊害になりうる貧血対策や不足する栄養素をどうやって補って行くのか。
玄米を推奨するなら、
危険な残留農薬や抗生物質をどう排除していくのか。

西原式に反しない、貧血の改善法を示すことはできないのでしょうか?
安全で安心な玄米の入手法を提示することはできないのでしょうか?
そういう話なのですが。

209 :名無しの心子知らず:04/03/15 16:56 ID:Z/Ket+Z2
>208
西原博士は母乳育児における貧血や栄養不足の心配はないとおっしゃっています。
多くの母乳育児推奨の助産婦さんも同じようにおっしゃっています。
私はこの意見に賛成です。血液検査もあまり過信していません。

子供のためにできるだけ安全な食品をと考えてきましたが、
あなたのおっしゃるような厳密な観点でいうところの安全な食品の入手方法は知り得ません。

玄米は、西原式のタンパク質の観点からすれば良くないところもあるかと思いますが、
やはり優れた食品であると実感しています。
母乳育児を推奨する多くの助産婦さんも玄米を勧めている方が多いです。
玄米を主食にし、肉や魚の摂取量を減らして野菜の摂取量を増やすようになってから
家族の体調がすこぶる良いです。

鉄分は精白されていない穀物、野菜、海草からバランスよく取るのがよいのではないでしょうか。
牛乳はもともと、鉄分の吸収を妨げる働きをします。
ですから、フォローアップミルクでの鉄分の補給は難しいと思います。

もちろん、これは1つの意見に過ぎないのですが。

210 :名無しの心子知らず:04/03/15 17:37 ID:7NJPTz2Z
>>209
心配はないと言われているから。
それでは実際に貧血や栄養不足が指摘された場合には?
「データの間違い」ですか?

私自身、完全母乳での育児にもかかわらず、
生後一ヶ月で鉄欠乏性貧血が見つかり鉄剤を服用させた経験があります。
母乳は完全ではありません。
母親の血液からつくられるのですから、
母体が貧血状態の場合、子供が貧血になることは十分考えられますよね。
だからこそ動物は、産後自分の胎盤を食べて鉄分を補給するのですから。

「結果」から「状況」と「原因」を分析して「対策」することは重要ですが、
そもそも「結果」を無視して「心配ないはず」と切り捨ててしまうことは、それこそ「盲目の過信」だと思います。
牛乳が鉄分の吸収を妨げる働きをするのは事実です。
そしてだからこそ、乳幼児には牛乳ではなく、
鉄分を強化し、吸収しやすくしたフォローアップミルクが勧められていますよね。
必ずしも母乳よりフォローアップミルクが優れているとは思いませんが、
全く違う両者を意図的に混同するのも、やはり「妄信」だと思います。

100人の人が実践し、95人に異常がなければ、
残りの5人を切り捨ててしまうのが「西原式」なのでしょうか?
私は何も、西原式は間違っている、母乳に栄養はない、肉を食べるべきだ、
そう主張したい訳ではありません。
物事の「良い面」だけを根拠に、「悪い面」から目を背けるのは、
実際に西原式で育っていく子供たちに対してあまりにも無責任ではないでしょうか?
「貧血なんてあるはずない」ではなく、
「貧血を防ぐために何をしたらいいのか」と考えるべきだと思うのですが。

211 :名無しの心子知らず:04/03/15 17:43 ID:7NJPTz2Z
長文ついでにもうひとつ質問なのですが
西原式では貧血防止の為にフォローアップミルクを飲ませることすら否定するほどに
「ミルク=悪」なのでしょうか?
確かミルク育児で西原式を実践してる方もいたように記憶しているんですが……。

212 :名無しの心子知らず:04/03/15 18:29 ID:Z/Ket+Z2
>210・211
私は自分の意見を述べたに過ぎません。
ここは自由に意見を交わせる場だと思っていましたので。
詳しくお知りになりたければ、西原ワールドや西原博士の著書を
読めば書いてありますよね?
ご心配でしたら、直接西原博士に相談してみられてはどうですか?
あなたとのやり取り、大変に疲れました。



213 :名無しの心子知らず:04/03/15 19:00 ID:y+YHYE/H
>211
西原式は実践してないけど。
フォローアップは育児用ミルクではないよ。



214 :名無しの心子知らず:04/03/15 19:06 ID:7NJPTz2Z
>>212
うーん意見を交わせる場だと思ったので
私も発言していたんですが。
西原博士のサイトもみましたが「心配ない」という記述だけで、
実際に起きた場合のことについては触れられていませんでしたし。
とても興味深かったです。ありがとう。

>>213
それは知ってます〜。
粉ミルクほど怖いものはない、とか
他にも牛乳とフォローアップミルクを混同する表現があったので、
母乳以外のもの=悪なのかな、と。
わかりにくい表現ですね。すみません。

215 :名無しの心子知らず:04/03/15 19:25 ID:y+YHYE/H
知っているならなぜ貧血予防にフォローアップ、なんて書けるのだろう?
ミルクはどうしても必要な人もいると思う。でもフォローアップをあえて与えようとする人は
ちょっと勉強した人ならいないでしょ。


216 :名無しの心子知らず:04/03/15 20:12 ID:7NJPTz2Z
>>215
>>209
>牛乳はもともと、鉄分の吸収を妨げる働きをします。
>ですから、フォローアップミルクでの鉄分の補給は難しいと思います。
に対するレスだったのですが。

フォローアップミルクがたんぱく質の質的に問題、というのであれば納得できるのですが、
牛乳と同じに考えている点で、その前の発言を踏まえて、西原式ではミルク=悪なのか?と思ったまでです。

217 :名無しの心子知らず:04/03/15 20:26 ID:Z/Ket+Z2
>216
あなたの言っていることには一貫性がなく、
あなたのレスは、ただ相手をやり込めるのが目的としか思えません。



218 :名無しの心子知らず:04/03/15 20:38 ID:7NJPTz2Z
>>217
む。そうですか。
子供の相手をしながらだったので
推敲が足りずに不快な思いをさせたならすみませんでした。
具体的に矛盾しているところを指摘して頂ければ、補足説明出来るのですが……。

西原式に純粋に興味があっただけなのですが
ここはそういう人間は来ないほうが良いようですね。

219 :名無しの心子知らず:04/03/15 21:41 ID:Z/Ket+Z2
>218
いいえ。本当に純粋に西原式に興味を持たれている方には来ていただきたいです。
西原博士の著書をお読みになってからレスしてほしいとは思いますが。
私は西原式を取り入れていますが、そうでないものも取り入れています。
西原式に忠実に子育てしている方からすれば「?」なところも
あると思いますが、自分なりに考え、子供の様子をみながら子育てしています。
あなたも、取捨選択が大事、物事の良い面だけを主張するのは宗教じみていると
おっしゃっていますね。
それでは、なぜ、西原式とは違う観点から私が述べた意見を
快く思われないのでしょうか?
206の後半の文章を読むと、あなたは玄米に限らず
食物に含まれるの農薬や抗生物質などの問題をよくご存知だと思います。
207で、そういう点で言えば粉ミルクほど怖いものはないと書いたのは、
あなたの206のレスを受けてのことなのはお分かりになりますよね?
なぜ、214(後半)のように書かれるのですか?
あなた自信、物事の良い面だけを根拠に悪い面から目を背けるのは無責任だと
おっしゃっていますよね。
粉ミルクにもそれが言えると思っただけです。
私自信、乳児期の粉ミルクは母乳より劣るものではあるけれども、
必要な場合があるものだと思っています。
粉ミルクの位置付けに関しては西原博士の著書に書かれていることと
同じ意見です。
牛乳とフォローアップミルクについても西原博士の意見に賛成です。
個人的には、西原式とはちがう観点からみても
フォローアップや牛乳は不必要と考えていますが。





220 :名無しの心子知らず:04/03/15 22:12 ID:7NJPTz2Z
>>219
なるほど、そういう意味であるなら納得です。
フォローアップミルクについては、
西原式では一才前後では母乳ミルク中心の食生活である為、
母乳で鉄分が不足した場合(西原氏はそれはないという意見ですが、実際に有り得ることなので)
離乳食で補えない部分をフォローアップミルクで補うという方法もあるのでは、と思います。
読解力文章力共に足りなくて申し訳ない。

フォローアップミルクが必要だ、というよりは、
母乳育児でも貧血は起こりうる、
その場合にどう取捨選択して子供の健康を維持していくか、という問題提起ですね。
固形物を口にしていない子供の貧血には西原式ではどういう対処法があるのか、
母乳育児をしていれば大丈夫なはず、は過信でしかない、というのがひとつ。
「玄米さえ食べていれば問題は起こらない」、というのも、
また安全性の面から考えれば過信ではないか、というのがひとつ。

二つの問題を同時に話していたので自分でも話に整合性がなくなっていたようです。
読みにくくてすみませんでした。

221 :名無しの心子知らず:04/03/15 22:42 ID:t6Vpz5XG
興味深いやりとりをロムらせていただきました。
現在八ヶ月の完母ですが、
やっぱり鉄分心配です。
鉄分不足による弊害を考えるとやはり怖いです。
ミルクの方はなおさらでしょうね。

ここでの決断が五年後十年後後悔にならないようもう一度
検討しよう。

222 :名無しの心子知らず:04/03/15 22:47 ID:Z/Ket+Z2
>220
理解していたでけて嬉しいです。
ありがとう。

私は、血液検査の結果は半分ぐらいしか信用していない人間で、
子供が0才の時の血液検査の結果も半分無視してしまいました。
データよりも出ている症状が重要と考えています。
逆に、症状があれば検査の結果に問題がなくてもそれは病気だと考えます。
(これには反対意見の方も多いと思いますが。)
あなたのお子さんは生後一ヶ月で鉄欠乏性貧血が見つかって
鉄剤を服用されたんですよね。
もし、血液検査だけでなく症状も伴っていたとすれば、
無視するわけにはいきませんよね。
素人の意見ですが、やはり母乳の質を向上させる必要があるのでしょうね。
お母さんが鉄分を多く含む海草や野菜をビタミンCを含む食物と一緒に食べて
(本当は玄米と言いたいところですが・・・くどいですね。)
鉄分の足りる母乳を飲ませてあげるのも良いでしょうね。
お母さん自信が鉄剤を服用して母乳に移行させるのも
1つの方法かもしれません。
ありきたりのことしか考えつかず、すみません。




223 :名無しの心子知らず:04/03/15 23:23 ID:7NJPTz2Z
>>222
そうですね、赤ちゃんの検査は確かに数値にずれが出やすいと、
うちの子に貧血の診断を下した小児科の先生も言っていました。
ただ、「体重が軽い」といった個人差の範疇のこととは違い、
鉄欠乏は発達に重要に関わってくることから、数値が出た以上は改善すべきだそうです。
私の場合、妊娠出産でひどい貧血が確認されていたので一ヶ月検診までは毎日鉄剤を服用していたにもかかわらず、
子供の検診で「肌や爪の色が異常に白い」と指摘され、
ちょうど出生時のトラブルの為に血液検査をする所だったので貧血の検査もした所、Hb値の低下が見つかりました。
いわゆる貧血に良いとされている食材も意識的に摂っていたのですが
それでも間に合わなかったようです。
貧血になりやすい体質(鉄分を吸収しにくい体質)というのもあるらしいですね。

昔は育児用ミルクの質が悪く鉄不足になりやすかった為に
早期の果汁などが推奨されたりもしまいたが(助産師さんはこの時代の話をしているのではないかな)
今は逆に、母乳育児のほうが鉄欠乏の割合が多いというデータもあります。
母乳が見直されて母乳育児の割合が高まったにもかかわらず、
食生活に関してはあまり注意していない人が多いせいなのかもしれません。

だからこそ、「母乳は一番良いもの」と主張するだけではなく、
それと同時に「ミルクよりも優れた母乳を維持するには努力が必要」という提唱も必要な気がします。
もちろん限界もありますが……。
「母乳だけで貧血が心配」という不安にたいして必要な答えは
「データは信用できない・偏見・どんな母乳でも母乳が一番」ではなく、
「鉄分を意識的に摂り、赤ちゃんの様子に注意し、症状が現れたら医師の判断を仰ぐ」ではないかと
個人的には思うのです。(西原博士の意見を否定する形になりますが)

224 :名無しの心子知らず:04/03/15 23:35 ID:Z/Ket+Z2
>223
なるほど、そうでしたか。
あなたのご意見に同意です。

225 :名無しの心子知らず:04/03/17 03:39 ID:E2T6K7/M
完母で育てられている子供が貧血になる場合、
そのお母さんも子供も腸が弱いことが多いのではないか?
お母さんが貧血気味の場合はその母乳も鉄分の不足したものになるだろう。
バランスの良い食事を取っているにも関わらず貧血になる場合、
それは鉄分の吸収が悪い体、即ち腸が正常に働かないために
栄養素の吸収が悪い体、と言えるのではないか?
お母さんが貧血気味でない場合でも、子供の腸が正常に働かなければ
母乳の中の鉄分を吸収しにくくなり、貧血を招くだろう。
腸は免疫にも大きく関わっている。
193のお子さんの長引く風邪と貧血の原因は同じではないのか?
心して鉄分を取る努力も必要かもしれないが、
もっと根本的なところ、内臓が正常に働くような食生活が肝心ではないのか?
今、日本人の腸内環境が悪化している原因の1つに欧米化された食生活がある。
母乳も米などの穀物も腸内環境を良くするが、
ミルクや動物性のタンパク質は腸内環境を悪化させることが多い。
腸内環境を良くする食べ物で鉄分を取るほうが良いのではないか?
鉄分を心して摂取し、尚且つ鉄分を吸収し易い体作りをするのが良いかと思う。
睡眠不足やストレスも腸の機能を落とすが、母乳育児のお母さんに
十分に睡眠をとってストレスをためないようにというのは難しい。
せめて、腸を大切にする食生活をしてほしい。



226 :てら(2歳7ヶ月):04/03/20 08:05 ID:2RePvctG
>186さん 
…方のおっしゃる「アレルギーは遺伝ではない」発言について、です。
これは私の受け取り方、ですが、例えば
母親が豆のアレルギーがあったとしても、遺伝子のレベルで
同じように、子供が豆アレルギーになる、という意味ではない、という事だと思っています。

その母親には、アレルギーが発症する原因があったはずです。
体質、早すぎた豆類の離乳食、寝不足、酸素不足などなど、
人によって、違う事でしょう。

子供も、そうでしょう。
冷たい物の摂取や噛まない食べ方、偏った食事、母体のホルモン変化により
母体から、アレルゲンを受け取ってしまった、
母乳からアレルゲンを受け取ってしまった、離乳食が早かった、など、
アレルギーの「発症」は、原因、という意味だと、そう受け取っています。

アレルギーの出やすい「体質」と、
アレルギーの「発症」、は違うよ、という事だと。
解釈の違い、だと思いますけれど…。

227 :てら(2歳7ヶ月):04/03/20 08:07 ID:2RePvctG
>204さん
昔の人が小さめなのは、その後も成長期も、粗食だったからでしょう。
骨密度が一番増えるのは、15歳〜18歳だそうですね。
(テレビで見ました。タケシの特別番組。)

ずっと、とても、意味深いやり取りがされていたのですね。
私も、「乳は、血」と思っているので、
222さん、223さんの書き込みなど、とても肯けるのです。
ずい分前から、現代人…特に少女達の血が薄くなってきている、と言われていますね。
(横道ですが、私の高校は、保育士志望者が多く、
 保育士は、貧血だとなれないので、指導がすごかったのでした。)
普段、自分だけならなんともなくても、
授乳、という事になれば、薄めの血では問題が出ても、それが普通だと思うのです。
博士も、母乳指導されている先生方も、母親の食事や食べ方、
母乳で育てたい人の、腸を丈夫にする必要性を説いてらっしゃいますね。
濃くてサラサラな血液になれるよう、頑張りたいものです。
私は、2ヶ月食事に気をつけたら、助産婦さんに合格もらえる母乳が出てきました。
食事内容は、山西みな子先生の推奨する食事でした。

>225さん
の書き込みにもありますが、欧米化された食生活、
日本人と、欧米人は胃腸が違うので
(欧米人は、腸でも消化できる、とフードファイターの新井さんが話していました。)
たまになら良いでしょうけれど、常に、という事になれば
自覚して気をつけないと、いけないのでしょうね。

色々、参考になるお話し、ありがとうございました。

228 :てら(2歳7ヶ月):04/03/20 08:27 ID:iw8a9C3j
参考までに。「お母さんは名医」より

P192
「小ぶりでピカピカの子に育てても、大人になれば大きく育つのです。
 お母さんゆっくり大きく育てましょう。」
…ピカピカ、という所がポイントなのでしょうねぇ。
肌、ツルツル、笑顔はつらつ。
そう育てられるよう、頑張りたいです。

P193
「早い子で満1歳、遅い子で満2歳になれば、
 腸は消化していないものは吸収しなくなります。
 そうなれば『何を与えるか』ということは解決しますので
 硬さや量や温度や組み合わせなどに、
 お母さんの工夫の内容が変わってきます。
 これから先は栄養学と料理法の領域ですね。」
お料理上手な方のほうが、食事に栄養が豊富、と聞きました。
「おいしい。」といわれるよう、頑張りたいです。

229 :名無しの心子知らず:04/03/20 12:18 ID:tKgO5lFa
てらさん、いつもためになるレスをありがとう。
これからもお願いします。

人間は「おいしい。」と感じて食べている時のほうが
そうでない場合よりも唾液がたくさん出るそうです。
唾液がたくさん出ればその分だけ消化も良くなり、腸への負担も減る。
子供に「おいしい。」と思って食べてもらえる食事作り、私もがんばりたいです。
食事中、お茶などの水分の摂取は消化液を薄めてしまうために消化を悪くするので、
お茶は食後に飲むほうが良いようです。


230 :名無しの心子知らず:04/03/20 13:06 ID:YaKPzEj8
>>229
そうなんですか?初耳だわ。
私食事には必ず汁物を用意しますが、
それでも食事中にはお茶(水)のみます。子供の頃からです。
よく噛んでゆっくり食べる方だとは思いますが、
(乳児のいる今はかきこむことも多いですが)
お茶ないとだめだな〜
私自身快便体質で胃腸は丈夫な方ではないかと思ってます。
(↑医者に言われたわけではないですが、生理痛以外の
腹痛の経験がほとんどないため

でも娘には食事をとるようになったら、お茶は食後の習慣を
つけたほがいいのかな?娘にさせるには自分もしなきゃねえ


231 :てら(2歳7ヶ月):04/03/21 01:17 ID:LhhTx6Dz
>229さん
確かに、「ウッ。」ときた時って、飲み込めません。
(私の場合、オートミール粥など。)
極端に、唾液が減るのでしょうかねぇ?
因みに、うちの姑は、絶対食事中お茶を飲みません。
食後も1杯だけ、背筋伸ばして。
躾けの厳しい家庭だったようです。

お料理ですが、今は良いけれど、他所の色々な味を覚えると
美味しくないと、すぐご馳走様されてしまうかも…。
本当に、頑張ろう。

>230さん
博士も、食事中の水分摂取の事、話されてますね。
お茶などで流し込まないと、飲み込めない方が増えている、と。
博士は、唾液分泌の為、ご自身も
フランスパンをそのまま、水分無しでかじっていらっしゃるそうです。
(フランスパンは、ノンミルク、ノン玉子なので、
 授乳中でも、食べられますし。沢山は、ダメみたいですが。)

とはいうモノの、私も食事中お茶が欲しくなります。
ホッとするんですよね。流し込まなくても。
(昔は流し込んでいました…。意識するようになって、直ってきました。)
230さんは、ホッとするタイプなのでしょうね。
でも、お嬢さんの為には、食後の習慣にした方が良いかもしれません。
うちは、既に食事中、お茶の催促があります…
習慣、付け直さないといけません〜。こうなる前に、是非。

232 :名無しの心子知らず:04/03/21 03:30 ID:IUYL/I2d
西原先生は、母乳を飲ませる母親は、玄米は食べてはいけないと書いてい
らっしゃいますが、なぜでしょうか?
また、発芽玄米もダメってことでしょうか?

233 :名無しの心子知らず:04/03/21 13:17 ID:fT6rE4Wi
>232
110のてらさんのレスでも触れてありますね。私も同じ意見です。
推測ですが、西原博士が玄米は×とおっしゃっているのは、
玄米は白米と比べてタンパク質の含有量が多いため、
母乳からアレルゲンを受け取ってしまうことを恐れてのことではないかと思います。
腸が正常に働かない日本人が多すぎるので、念のため、ということではないでしょうか。
しかし、腸が正常に働けば、お母さんが玄米を食べることのメリットは
大きいのではないかとも思います。
玄米もそうですが、本当は穀物や野菜は皮ごと食べるのが体には1番良い。
しかし、今は農薬の問題もあり、皮をむいて食べるのが主流になっていますね。
重要な栄養素のほとんどは皮にあり、と言っても過言ではないと思うのですが、残念です。
我が家では、無農薬のものが手に入った時は皮ごと、
そうでないものは皮をむいて食べるというふうに使いわけています。
皮をむかずに食べることの多い野菜(トマト、きゅりなど)は、玄米同様、
直接農薬のかかっているところを食べるわけですから、注意が必要でしょうね。
発芽玄米は玄米よりも消化吸収が良いので、発芽玄米のほうが安心かと思います。
腸が正常に機能しないような生活をする人が増えたことが、
大人のアレルギーが増えた原因なのでしょうね。
赤ちゃんのアレルギーが増えたのは、早すぎる離乳食と、
生まれつき、本来の赤ちゃんよりも腸の弱い赤ちゃんが増えていること、
その他の原因が複合的に絡み合っているのではないかと思う、今日この頃です。
スレちがいっぽくなって、すみません。





234 :名無しの心子知らず:04/03/22 11:35 ID:EMAzM81c
母乳育児中で貧血気味のお母さん、よかったらどうぞ。

http://www.asahi-net.or.jp/~BP3M-ON/tannninn.html

235 :名無しの心子知らず:04/03/22 13:07 ID:BMQXvb5E
離乳食はできるだけ遅くと思っていましたが、
生後3ヶ月頃から人の食べるのをじっと見るようになり、(できるだけ見せていなかったのですが)
7ヶ月の現在食べ物らしきものを見ると、下手なずりばいでよってきてどうみても、
「ちょーだいちょーだい」という様子で泣きます。
炊事をしていると暴れて泣き出すし、上の子の食べているものをひったくります。
根負けして離乳食を与えたところ、大喜びでした。
西原式を実践されているところのお子様は1歳過ぎまで何もほしがらないのでしょうか?
それとも、がまんさせておられるのでしょうか。

236 :通りすがり:04/03/22 13:43 ID:Zo3qe4Uz
>>235
ごく普通に子供を愛している母親としての意見ですが。
我慢させるなんて、おかしいと思います。
腸の発育にも個人差ってあるじゃないでしょうかね。
それを「1歳までは」と、年齢で括るのは、「?」ですね。

私は、拒食症などを経験した関係で、
「人間は食べ物でできているんだ」
と強く思うようになりました。
拒食症で空っぽになった身体は、身体そのものが考えてでもいるかのように
身体に優しいもの、大切なもの というように「今必要なもの」を身体が
自然に欲求したものです。
赤ちゃんの身体は、余計な(西原さんの考えが余計という意味ではないです)
知識が無い、固定観念も身体の中も空っぽの状態だと思います。
その赤ちゃんが欲しがるものは、「今」必要なものなのではないでしょうか?

237 :名無しの心子知らず:04/03/22 14:04 ID:caPgchIw
>235
あなたアフォですか?
こんなのに育てられる子供って不幸だね。

妙ちきりんな教祖に子供を預け、挙句になぶり殺されちゃった(狐退治などと称して)って
事件がたまにあるけれど、235みたいな親が預けるのかなーとオモタよ。

238 :名無しの心子知らず:04/03/22 23:38 ID:EMAzM81c
>235
うちの子供は欲しがらなかったです。個人差があるのでしょうね。
今は既に離乳食をはじめていますが、
親が食事をしていてもおもしろそうに見るだけで欲しがらないんです。

うちの子は腸が弱いです。肌も弱い。歯がはえるのも遅い。
世間一般のやり方で離乳食を進めても、ツルツルお肌で良い便のお子さんも
いらっしゃいますね。きっと、腸が丈夫なのでしょうね。うらやましいです。
うちの子の腸にはミルクは優しくなかったようで、緑便が耐えませんでした。
ミルクの種類を変えてみたところ、黄色の便になって喜んだのですが、
便の匂いが異様に臭くなりました。
動物性の油脂が使われているミルクだったので、それが原因と考えてやめました。
それまで使っていたミルクは緑便でも匂いは臭くなく、
時々出る黄色の便は良い匂いがしていたので。
1歳を過ぎてから米や野菜を与える量を少しずつ増やしていたのですが、
「今日は米を与えすぎたかな。」と思っていた次の日、
黄色の、硬さのちょうど良い、臭くない良い便が出ました。
その後、ミルクの量より米の量が上回ると黄色の良い便が出ることに気づきました。
西原ワールドなどで読んだ体験記と逆のパターン。
しばらくはミルク中心で離乳食は少なめでいこうと思っていたのですが、
良い便を見られるのが嬉しくて、最近はずっと、ミルクより米の量が上回ったまま・・・
便は腸内環境のバロメーター。大人でも、米や野菜中心の食事の時は
それほど臭くない硬さのちょうどよい黄色の便が出ますが、
肉など動物性のタンパク質をたくさん取ると、黒っぽい腐敗臭のする硬い便が出ますよね。
米は腸に優しいのだと実感しました。
子供のことを一番よく分かっているのは、やっぱり母親だと思います。
自分の子供に合うやり方を見極めるられるのも、母親だと思います。
うちのやり方は皆さんに比べるといいかげんで「西原式もどき」ですが、
それでも、西原式に出会えたことはラッキーだったと思っています。


239 :名無しの心子知らず:04/03/23 19:50 ID:OhHrxzP5
わー、この人のスレがあるとは・・・
もうすっごい昔に姉の家にこの人の本があってなにげに読んでたら

「帝王切開で出産した女はメスの部分が強調されて
貞操観念や理性がなくなり、いつでもどこでもオスを求めるようになる。」

みたいな事かいてあって、なんじゃこりゃって思ったの覚えてる。
なんか胡散臭い。

240 :名無しの心子知らず:04/03/23 20:12 ID:2DBW54QT
私も最初は、一歳まで離乳食与えないようにしようと思っていたけど、
子供がだんだん親の食べるものに興味をしめすようになって、ある日ご飯粒を
口にもっていったら、パクッとおいしそうに食べてしまった。
なので、様子見ながら7ヶ月から離乳食はじめたけど、すんなり食べています。
まだ食材は野菜とかだけど、便の様子も悪くないし、このまま進めちゃおうかな
って思っています。それでも普通の子よりは遅めだし。
ほんと、時期がくると自然と子供が食べたそうにするなぁって思いました。
1歳まで待たなくても私はいいと思うけどね。


241 :名無しの心子知らず:04/03/23 20:17 ID:OhHrxzP5
>>240
なんか>240タソの子供ちゃん可愛い!!

242 :名無しの心子知らず:04/03/23 21:23 ID:2DBW54QT
240です。
今でもわが子はご飯粒大好きで、私がご飯食べてるとよってくるので
ほんの少し普通のご飯をお口に入れてあげます。
手の込んだ離乳食なんかより喜んで食べるんだなぁ〜。
誰が教えたわけでもなく
もぐもぐと食べます。ほんと、ゴックン期やもぐもぐ期とかの練習なんて
必要ないと思うなぁ。人間も動物なんだから、自然と噛んだり
して食べるようになる気がする!
その子のよって食べる時期は違うから、ほんと、様子見ながら〜がイイと
思いますよん。


243 :名無しの心子知らず:04/03/23 22:59 ID:KSoUqqq9
ここのスレで鉄が不足して貧血になったお子さんの話を読んで不安になり、
今日、いつもの野菜入りのお粥を ひじき入りのお粥にしてみました。
ひじきと湯をお皿に入れて電子レンジでチン。
それをすり鉢とすりこ木で擂って細かくしたものをお粥に混ぜました。
子供はモグモグおいしそうに食べました。
私もひとくち食べてみましたが、てきとうに作ったのにも関わらずおいしかった。
西原式で育てる場合、鉄不足を解消するためには、
(西原博士は鉄不足を否定していらっしゃるようですが)
タンパク質の塊の(体にも悪そうな)フォローアップミルクよりも
ひじきの方が良いかなと思いました。



244 :232:04/03/26 00:11 ID:ZqZrJPwp
>>233さん
玄米についてのわかりやすい回答ありがとうございます!
私としては、玄米よりは白米のほうがやっぱり美味しいので、授乳中は
白米モリモリで良いおっぱいをたくさん飲ませてあげたいと思います。
亀でスマソ。

245 :名無しの心子知らず:04/03/27 11:15 ID:Vx0VevEE
>>240
そうだよ。そのコによって違うんだから。
「1歳まで」って決めるなんて、馬鹿


246 :てら(2歳7ヶ月):04/03/27 17:10 ID:YJEMQjSE
>235さん
うちは、欲しがらなかったです。
でも、マネっ子したがりました。
お箸、大好きでした。危ないので貸しませんが…。
自分のご飯は、オッパイ、と思っていたようです。
それでも、10ヶ月すぎから、スターチを始めてしまいました。
まだまだ、親の方が根気が無かった様です。
その後1歳からオモユ、おかゆ…と進めましたが、
しばらくは、再び母乳だけに戻しました。
238さんと逆で、便の調子が悪くなったからです。

突然やめたけれど、娘は全然イヤそうにはしてなかったです。
逆に、じぃじが口に入れたお豆腐を、ベェッと出してました。
今は、お豆腐好きです。

>238さん
博士も、お米は「よくといで、コトコトよく煮た水晶米を」とおっしゃってますね。
精米も、毎回した方が良い、とも。

247 :てら(2歳7ヶ月):04/03/27 17:13 ID:YJEMQjSE
すみません〜。ageてしまいました…。

>239さん
本当はスルーすべきなのですが、新しい方が、誤解されない様に補足。
そんな書き方はしていません。
帝王切開について、述べられた本は
おそらく、2002年に出た本、と思いますが。
その辺りについては、前出のお話しなので、細かくは述べません。
…それにしても、だんだん乱暴な書かれ方になってきてますね。

>240さん
お米は、好きですよね。
今日も、山西式の助産婦さんの、手技と母乳指導を受けましたが
食事の種類が多すぎる、と言われてしまいました…。
オニギリだけでいいのよ、と。

240さんは、シアーズ博士のお考えに近いですよね。
博士の著書にも、シアーズ博士について、
「家庭でつくられるかぎられた素材のものをゆっくりと確かめながら
 赤ちゃんに食べさせていて、昭和30年代までのかんがえ方が
 まだ色濃く残っていました。
 赤ちゃんの腸の成熟を見守る保育がしぜんにおこなわれていたのです。
 このことが、アレルギーの早期化を招かなかった理由となっています。」
と、話されています。

>243さん
先日、子供雑誌の付録のママむけの本を見ていたところ、
牛乳の優れた栄養について書いてあったのですが、
その文にも、鉄分の多い食品(ひじきなど)と組み合わせ、
とるのが良いのです。と、ありました。

248 :てら(2歳7ヶ月):04/03/27 17:15 ID:YJEMQjSE
>244さん
デンプン質は、取りすぎてもダメみたいです。
無理に食べ過ぎないよう、ご注意くださいね。

249 :てら(2歳7ヶ月):04/03/27 17:22 ID:nC8OIsj7
>245さん
博士は「1歳まで」と決めつけた事はないです。
「せめて1歳までは、母乳またはミルクのみで」と
おっしゃっているのです。
腸の閉鎖は、1歳2ヶ月〜6ヶ月ころ、だそうです。
そして、2歳までは母乳、ミルク中心で、
2歳半頃、腸が完成しますので、その頃からだんだんと食を広げ
色々な物を食べさせるのは、3歳すぎてからでも良いとおっしゃっています。

そして、博士は著書の中
「この『いのちの感覚』にもう一度立ちもどるために、
 現在おこなわれている育児法の大きな欠陥をまず
 『よく知って』『かんがえつくして』、
 原点にかえっていくことが必要です。」
    (中略)
「お母さん方は、赤ちゃん自身の声を聴くための方法を、
 自分自身の力で探しもとめ、自分自身でかんがえ、
 理解し、確かめて行動していくほかに、自分と赤ちゃんを守り、
 家族を守り、心ゆたかな人生を築いていくすべはないのです。」
とあります。
(心ゆたかな人生、の部分は、別の説明が必要になり、
 本1冊分くらい長くなるので、ここでは流してくださいね。)

一人一人違うからこそ、赤ちゃんの本当の声に耳をすませ
「よくかんがえて」
博士はそうおっしゃっているのです。
私は、ずいぶん過保護な保育だわ、と思っています。
うちの子には、合っているようですので、続けたいと思います。

250 :てら(2歳7ヶ月):04/03/27 17:24 ID:nC8OIsj7
博士も、「赤ちゃんの生命のきまり」などに
「現在のお母さんたちがゆたかな栄養をえられている状況をみれば
 母親がじゅうぶんに鉄分のふくまれる食事をとり、
 その栄養がふくまれた母乳からたくさんのミネラル、鉄分、
 ビタミンをとることが、赤ちゃんの腸の吸収に
 とってもっともよいやり方なのです。」
とあります。また、続けて
「それでもなお鉄分の不足が心配なら、
 耳たぶや唇の色が悪い、手の爪の色が白っぽい、食欲がない、
 疲れやすいといった兆候に注意しさえすれば
 『鉄欠乏性貧血』の危険を見逃すことはないでしょう。
 そのような症候がみられたら、
 鉄補強人工乳や果汁と鉄補給シリアルなどでおぎなう必要がありますが
 適正な母乳保育で注意を怠らないなら、あまり心配する必要はありません。」
とあります。

博士は、母乳なら何でも良い、とおっしゃっている訳ではないのです。
「母親がじゅうぶんに鉄分のふくまれる食事をとり」
「注意を怠らない」
ことが、大切なようです。

「お母さんが自分の子育てに自身をもち、
 母乳だけで赤ちゃんは育つという確信をもって
 赤ちゃんとともに人生を切り開いていくためには、
 おかあさん自身のからだについて確信をもっていることが大切です。」
とも、あります。


251 :名無しの心子知らず:04/03/27 21:08 ID:+vrvM8oM
てらさん、ホームページの掲示板はやめてしまったのですか?
残念です・・・

252 :名無しの心子知らず:04/03/27 21:20 ID:+AKwPXwN
てらさん、昨日までは見れたのに・・・
私からもお願いします。
HP復活してください。

253 :名無しの心子知らず:04/03/27 21:41 ID:tuzcnqJv
てらさんの書き込みは本当に勉強になります。
私は何がなんでも西原式!というほど西原式を遵守しているわけではないのですが、
西原博士のとなえる説に「これは…?」と思うものも結構あって、そのへんは他に信憑性
の高そうな説とおりまぜたり変更したりしていたのです。でも、てらさんの回答を見ると、
自分の勉強不足によるものも多い事に気づかされます。今のところてらさんの西原式に
は違和感、感じませんから。
要するに西原式を実行するにあたっては、生半可な勉強だけで盲信(一人合点して
つっぱしる)するのは危険である=しっかり勉強するべし、という感じでしょうか。
身近に西原式をレクチャーしてくれる専門家がいればどんなに楽だろうと思います。
もっと安心して楽に西原式でやっていけるのに。自分の勉強不足を棚に上げてナン
ですが。

254 :名無しの心子知らず:04/03/27 22:35 ID:+vrvM8oM
253さんのご意見に同意です。


255 :てら(2歳7ヶ月):04/03/29 06:03 ID:mXSgBRoQ
すみません、掲示板の更新し損ねていました。
近日中に、再開させたいと思います!
ですが、セーブしていなくて、最初からになってしまいます。
本当にごめんなさい!!!

鉄分ですが、鉄を多く含むタイプの岩塩を使ってみたり、
南部鉄のヤカンで沸かしたお湯でお茶を飲んだり
(お茶愛好家は、イヤがりますが)
塵も積もれば…方法も、いかがでしょう。

ミルクも、「それだけで赤ちゃんが育つ様にできている」そうなので
250の様な症状が無い限り、あまり心配いらないと思うのです。
そろそろカホ会員さんの中にも、ミルクで2,3歳、というお子さんも
増えてきていると思います。

>253さん、254さん
博士のお話しは、免疫物質がいつ頃作られ始める、とか
「系統進化」と呼ばれる、「何歳ごろに、体ができあがっていくか」
といった事がわかると、けっこう納得がいくみたいです。
最後の免疫が完成するのは15歳ころ、
人間として完成するのは、24歳ころ、
一生勉強ですねぇ…。

256 :てら(2歳7ヶ月):04/03/31 05:31 ID:u8p5nC/e
系統進化でなくて、系統発生ですね。
「何歳ごろに、体ができあがっていくか」
という説明は、少々違うかもしれません。
私の中では、そんなイメージなのですが。

257 :名無しの心子知らず:04/04/03 00:40 ID:LruCw7n/
てらさんは西原式さえやっていれば
アレルギーにもアトピーにもならないと思ってる?
それとも西原博士の言ってることは
アレルギーやアトピーの原因の一部にすぎないと思ってる?
西原博士の言ってることと矛盾する説は
全て受け入れるつもりがないの?
それとも西原博士の言ってることに疑問を持つこともあるの?


258 :てら(2歳8ヶ月):04/04/03 03:46 ID:LtPE4yaI
>257さん
>てらさんは西原式さえやっていれば
>アレルギーにもアトピーにもならないと思ってる?

いいえ、です。
「さえ」という所が、違います。
ですが、博士のおっしゃる
「冷たい物を取らない」「骨休めをしっかりする」
「妊娠中、授乳中以外であれば、玄米をしっかり噛んで食べる」「両方の歯で、よく噛む」
「口呼吸を促進させることや、寝相にも気を付ける」
「低体温にならないように、気を配る、体を冷やさない」
「美呼吸、西野式呼吸など、生活に取り入れる」
「体の片方ばかり使う運動などを、なるべくしない(体がゆがむ)利き腕ばかり使わない」
「幼いうちから(15歳以下をさすかも?)過度のスポーツをしない(関節の血液製造が壊れる)
勿論大人も(口呼吸になる)」
「口と肛門をひきしめる」「暴飲暴食はしない」「甘いもの、肉類を取り過ぎない」
「歯周病菌などの常駐菌が、体の中で暴れないようにする(体を冷やさず、骨休め、鼻呼吸をする)」
「やたら薬を飲まない(ミトコンドリアにダメージがいく)」
「良い事を考え、少し先の楽しみを心待ちにし、人生を楽しむ」

といった事などを親が実行されたうえで、「母乳の質」「ゆっくり離乳食」「オシャブリと寝相」
「なめまわし」「ゆっくり成長」「ゆっくり卒乳(ミルクも)」「たっぷり睡眠」
「ウンチや、肛門の変化に気を配る」「子供の体を冷やさない、低体温にならないようにする」
…といった事をしていれば、だいぶ回避できるのでは、と思います。

259 :てら(2歳8ヶ月):04/04/03 03:50 ID:o+HuhndJ
>それとも西原博士の言ってることは
>アレルギーやアトピーの原因の一部にすぎないと思ってる?

これも、いいえ、です。
そこまで、強く「一部」とも思っていません。

>西原博士の言ってることと矛盾する説は
>全て受け入れるつもりがないの?

受け入れたり、受け入れなかったり。
納得できるものは、受け入れています。
でも、実際はなかなか無いです。
拒否しているわけではないのですが…。

>それとも西原博士の言ってることに疑問を持つこともあるの?

はい。博士のブラックホールの話は、よく解らないです。
子育てでは、ありませんが。
子育ての事、でしたら、以前にも書きましたが
疑問は、大抵本のどこかに書かれているので、大体解決しています。

260 :てら(2歳8ヶ月):04/04/03 03:56 ID:YK7YySV8
娘が、特に問題なく育っているので、何の疑問もないだけでしょう、きっと。
それに、私は生粋の「西原式」ではないのです。
「母乳」については、博士のお話しだけでは不足で
山西みな子先生をかなり参考にしています。
(玄米系は、まだ授乳中なので控えていますが。ここは、博士をとりました。)
疑問があったから「不足」なのではなく、
博士のお話しだけでは「甘い!」と思ったのです。

とりあえず、私にとっては「西原」「山西」、この二つの柱があれば
健康面では何とかやっていけるかな、と思っています。
イソップの「きつねとねこ」や「船頭多ければ、船は山に登る」の諺もありますし
この二つを深く理解して、中途半端はしないぞ、と決めています。
どんな良いことも、中途半端では、それなりの結果しか得られませんから。

「免疫系を弱らせない」「腸と関節を大切に」「健康面は、ミトコンドリアレベルで」
これを忘れないよう、していきたいです。

長文、失礼いたしました。

261 :てら(2歳8ヶ月):04/04/03 04:02 ID:YK7YySV8
と、いいますか、この時間に起きている時点で
西原式、アウトでしょう(笑)
急に目が覚めて、眠れなくなってしまったのですね。
娘は、夜はグッスリ寝るようになったのに、
母親だけまだ、授乳中のコマ切れ睡眠?
余談でした。

262 :名無しの心子知らず:04/04/03 14:13 ID:3sb5/i8x
てらさんが挙げたものはどれももっともだと思うのですが、すべて実行するのはかなり至難の業ですね。
少なくとも私はなかなか…。甘いもの、冷たいもの、肉類も、控えなければと思いつつ忙しくしてるとつい。
私も、こんな中途半端ではそれなりの結果しか得られないだろうなと思います。

先日『塩爺』がテレビで、医者に勧められて食事は100回噛んでいると言っていました。これも食事の時間
をたっぷりとっていないとなかなか難しいです。せめて30回は守らねば。
それと別の番組で昔の日本人は身体をねじらないで歩行していたと言っていました。着物が着崩れない
歩き方らしいのですが、身体にもいいとか。こういうのも博士のいう体のゆがみと関係あるのでしょうか。

給食の出る小学校などでは冷たい牛乳が必ずついてくると思うのですが、これをどうしたものかと思って
います。冷たいもの、乳製品が身体によくないなんて主張しても学校の先生はおそらく信じてくれない
でしょうね。

263 :てら(2歳8ヶ月):04/04/04 01:58 ID:dJ1nNWiz
>262さん
実は、私もなかなか完全実行は、むずかしいです。
博士の方が幅広いですが、山西先生の方が、厳しいです。
昔の日本には、オシャブリはありませんでしたが
鼻呼吸を身に付けていました。
日本の躾けが、そうさせていたそうですね。
また欧米人の歩き方も、日本人とは違うそうですね。

冷たい牛乳、希望者だけにして欲しいです〜。
水筒にお茶持参、許可して欲しいです。

264 :名無しの心子知らず:04/04/07 21:01 ID:qLozRIYl
お恥ずかしい話なのですが・・・
うちの子、床のホコリを手でつまんで食べています。
どんなに叱ってもやめません。
フローリングの部屋はすぐにホコリがたちます。
ホコリが見当たらない時は畳の部屋へ行き、
畳を指でガリガリ引っかいて畳のカスを食べます。
0才の時からで、1歳児の今もやっています。
どんどんエスカレート。
これって、舐め回しと同じで免疫がつくから良いことなのか、
ホコリや畳のタンパク質に抗体ができてしまって悪いことなのか、
どっちなんでしょうか?


265 :名無しの心子知らず:04/04/08 11:41 ID:DohK89hS
>>264
ホコリやイ草のタンパク質がうんぬんより、掃除をマメにしたほうが良い
のでは?
ウチもフローリングだけど、摘めるほどのホコリはでないよ。
あど、畳もそんな子供のカリカリでほころぶくらいならそろそろ変える
べきだと、私は思うのですが…
2chする前に掃除機かけましょう。

266 :名無しの心子知らず:04/04/08 13:55 ID:bno3jYSH
西原式だと「子供は風の子」っつーのはだめなわけね。
むしろあかんぼの頃は「暖めすぎない」が、推奨されてると思うけど

267 :名無しの心子知らず:04/04/08 14:03 ID:iS7OP/CN
掃除機はかけているのですが、かけた次の日にはもうホコリがたっています。
狭い住まいなので布団のせいだと思います。
でかいホコリのかたまりを摘んでいるわけではもちろんありません。
友達の家でその家の子も同じことをしていたので
うちだけではないんだなあと思ってました。
床ぶきを徹底させたほうがいいのでしょうが、毎日はなかなか。
畳は張り替えたばかりの新しいものなので、子供がガリガリやったぐらいで
カスが出た時はショックでした。
まさかそんなことするとは思わなかったし。
博士の本にはアメリカの子供たちは親が土足で歩く室内の床をハイハイして
嘗め回しているように書いてありましたよね。
ホコリどころの騒ぎではないと思うんですが、どうなんでしょう。




268 :名無しの心子知らず:04/04/08 16:19 ID:DohK89hS
ほこりは、空中にもたくさん飛んでいるから、おなかいっぱい食べなき
ゃ大丈夫では?
シンガポールに転勤した友人の二歳の子が、突然の高熱で入院し、その
原因が床の細菌が脳に行ったと聞いた。
日本からいきなり土足での生活で、免疫がなかったからと言われればそれ
までだけど、うちは土足の床をなめたり、這わせたりすることはさせたく
はないなぁ。
生まれた時から、土足の床を這えずり回っていれば、大丈夫なんでしょう
ねwきっと。

269 :名無しの心子知らず:04/04/08 16:53 ID:iS7OP/CN
レスありがとうございます。
そうか。空中にもホコリは飛んでいるんですね。
我が家には大量のホコリが舞っているような気がします・・・
土足の床を這うぐらいなら許せても
私も土足の床を舐めさせるのには抵抗があります。
そのほうがきっと強い子に育ってくれるんでしょうけど・・・
世界の中でも日本人が一番、菌に対する抵抗力が弱いと聞いたことがあります。
友達の子供は0才の時から畑の中を這いずり回っていました。
アトピーで顔から血が出ていたのに。
隣の畑の人にはいつも「そんな、かわいそうに。」と言われたそうです。
でも1歳過ぎてきれいに治ってしまったのだから不思議です。
うーむ。でも真似できない。

270 :名無しの心子知らず:04/04/09 02:56 ID:sXefcULJ
子供にパンを食べさせるなら国産小麦のパンがいいかも。
輸入小麦に比べてタンパク質が少ない!
少し前に玄米の農薬の話が出てたけど
輸入小麦粉は輸送中に虫がわくのを防ぐために
小麦粉に直接農薬をふりかけてるよ。
パンと一緒に農薬そのまま食べてるんじゃん。私たち。
小麦粉は洗えないし。
国産小麦も農薬を使わないわけじゃないけど
収穫後に農薬ふりかけたりはしないからね。
タンパク質が少なくて輸入小麦より安全なら一石二鳥。
ドライイーストじゃなくて天然酵母ならgood!
ドライイーストは乳化剤という化学物質入り。
国産小麦とうたってなければ全部外国産の輸入小麦だよ。
念のため。

271 :名無しの心子知らず:04/04/09 03:05 ID:sXefcULJ
付け足し。
うどんとかスパゲッティ−なんかも国産小麦のが出てるね。
もし白米に虫がわかないようにって農薬が直接ふりかけてあったら
毎日食べたくないよね。
実際にはそんなことはないし、それに米は洗えるしね。
小麦粉って結構何にでも入っているからトータルでいうと
すごい料の農薬を食べていることになるんだろうね。ブルブル。


272 :名無しの心子知らず:04/04/09 03:08 ID:sXefcULJ
×料
○量

273 :名無しの心子知らず:04/04/09 05:55 ID:uBdMZ+3n
パン屋においてあるものは国産とうたってない限り、輸入小麦粉を
使ってるのでしょうか。ここのパン屋は国産小麦粉というのがあったら
教えてください。

274 :名無しの心子知らず:04/04/09 12:43 ID:aHj8LAwo
>>273
スピカ麦の穂なんてどう?
宅配してくれるよ。
ただ、全体的に堅め。
しっかり噛むトレーニングにはなりそう。
フワフワパンで、国産小麦使用の天然酵母パンで美味しいのがあったら
教えてください。

275 :名無しの心子知らず:04/04/09 14:17 ID:sXefcULJ
スーパーで売ってる小麦粉は国産小麦と書いてなければ
全て輸入小麦だよ。
ラーメンやケーキ、お菓子も小麦粉でできてる。
それも国産小麦って書いてなければ全て輸入小麦。
1つ1つ言ってたらきりがないし嫌になる・・・
でも、小麦粉も米と同じように毎日かなりの量を口に入れるから、
少しでも農薬ふりかけ小麦を口に入れる回数を減らしたい。
国産小麦はネットで取り寄せできるところ結構あるよ。
時々スーパーでも売ってる。
住んでる地域に天然酵母&国産小麦のパン屋さんってない?
硬いパンもあるけどフワフワもあるよ。
ない場合はネットで探すか自作するか。
良さそうなのネットで見つけたらまた報告するね。

276 :名無しの心子知らず:04/04/10 15:27 ID:rzGdkwXJ
タンパク質の含有量はともかく、
農薬の問題はスレちがいですね。
西原式では農薬はアトピーの原因ではないし。

277 :名無しの心子知らず:04/04/11 21:04 ID:1S5hTqaY
西原博士だけでなく、てらさんも農薬のことには触れてないわけだしね。

278 :名無しの心子知らず:04/04/11 21:25 ID:ltvl0QQv
●小児性愛者 弐ch編者管理 MegaBBS

[弐編 にへん 二編 2篇 ニヘン 男児 女児 裸体 性器 愛好者 ペド メガビ メガ]

女児性愛者集会部門
MegaBBSアクセス第1位 こども大好き板
http://www.megabbs.com/Baby/index.html

男児性愛者集会部門
MegaBBSアクセス第2位少年愛板
http://www.megabbs.com/boylove/index.html

◆弐ch編者は他人を装い自分の掲示板で他板サイト潰しの荒らしのし放題!!!
◇毎日子供の裸の写真をうぷしている人間が数々の犯罪掲示板 MEGABBS!!!
◆小児性愛者の弐編は名無しで潜伏し少年や少女の裸や性器を愉しんでいる。!!!
◇気持悪い小児性愛者 弐ch編者管理 MegaBBS !!!!

279 :名無しの心子知らず:04/04/12 09:15 ID:rP4+hZAJ
農薬のことに関しては無添加スレの方が適スレかと。

280 :名無しの心子知らず:04/04/12 16:14 ID:MXtZs9HN
そうそう。ここと無添加スレと両方見ればすむ話。
ここではスレちがいなのかも。
てらさん信者としては、てらさんが農薬とアレルギーの関係を
どう捉えているか知りたいけどね。

281 :名無しの心子知らず:04/04/12 16:41 ID:1VUSkpzY
>>280 ドウイ。前スレから読んでるけど、1度もそういう話って
出て来た事無かったような。中途半端な西原書読者なモンで分からんが
書物にも特に明記してなかったような・・・

282 :名無しの心子知らず:04/04/12 19:29 ID:MXtZs9HN
博士の本には確か、
母乳中のダイオキシン(だったっけ?)を問題にする人がいるが
ミルクだって牛が食べてる草がどういう草だか分からないし
狂牛病のこともあるし、そんなこと言ってたらきりがないから
母乳がお勧めだと書かれてたよ。うる覚えだけど。
だから博士は農薬はアレルギーと関係ないと考えているんじゃないかな。


283 :名無しの心子知らず:04/04/13 17:16 ID:t+0vAAx5
てらさんの掲示板はもう見られないのかな。
寂しいな。


284 :てら(2歳8ヶ月):04/04/16 18:58 ID:BBGiSzqe
掲示板、復活できました。良かったです!
前とはアドレスが違います。
http://pro.bbss.tv/cgi-bin/bbs18/tcs.cgi?room=teraru
です。
ホームページの入り口は、同じで
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Ivory/3308/
です。


285 :てら(2歳8ヶ月):04/04/16 19:46 ID:CVndVmyb
博士は、農薬については、多分殆ど明記していなかったとは思いますが
(全著書を、読んでいる訳ではありません。)
「健康は『呼吸』で決まる」という本の「第1章」、
「2 環境は人間の免疫力を弱める要因で満ちている」に、

「すでに免疫のことを理解された読者は、私たちの周りに
 動物の生命力を弱める物質が満ちあふれていることを
 深刻にうけとめざるをえないはずです。」
とあります。まるで、今このスレッドで話題になっている事の様ですね。

本文では、大気の汚れについて述べたのち、
「水の汚れ物質や食べ物に含まれている有害物質は、
 腸から自動的に吸収されます。
 白血球は、大気や水の汚れ物質を解毒して消化するために、
 日夜働いて疲れ果てています。
 しかも白血球の仕事は、この解毒作用だけではありません。
 夜間には古くなった体の細胞のリモデリングもしなければならないのです。」
(「リモデリング」は、新陳代謝の事、だそうです。)

286 :てら(2歳8ヶ月):04/04/16 19:47 ID:CVndVmyb
また、「3 ある日突然、花粉症になるのはなぜか」にも、
口呼吸と免疫力低下について述べたのち、
「寝不足だと体のリモデリングがスムーズに行なわれない上に、
 白血球は、疲労や飲酒、喫煙の解毒に忙しくて、
 体に入ってくる異種たんぱくの消化にまで手がまわりません。
 そのために花粉症が突然発症するのです。」とあります。

アトピーの話ではありませんが、「飲酒、喫煙」を「有害物質」に直し
「花粉症」を「アレルギー」に置き換えると、博士のお考えに近くなるのでは…と思います。
大人になってからのアトピーの原因は、大体これで合っているらしいです。
あくまでも、私の受け取り方、にすぎませんけれども。
また農薬の記述が少ないのは、体に良くない物だと誰もがご存知ですので、
博士も、特に警鐘を鳴らそうと思っていらっしゃらないだけのでは。
そこは「お母さん名医」におまかせ、という事なのではないでしょうか。

287 :てら(2歳8ヶ月):04/04/17 05:20 ID:vimOIeQH
大人になってからのアトピーは、冷たい物も原因でしたね。
すみません。


288 :名無しの心子知らず:04/04/18 23:52 ID:Bj/Ejfvp
てらさん、とっても分かり易い解説、いつもありがとう。
色々な方が様々な角度からアレルギーの起こる仕組みを説いていらっしゃいますが、
いまいち抽象的で分かりにくいところがあります。
でも、博士の言葉って分かり易いですよね。(時々、行き過ぎも感じますが。)
カホの教材の本だけだなく、他の著書も読んでみると、
博士がアレルギーを広い視野から捉えられていらっしゃるのが分かりますよね。



289 :名無しの心知らず:04/04/22 11:13 ID:dfaqv5Mn
6ヶ月の息子がいる母親です。
私は1歳くらいまで母乳のみで育てようと考えています。
しかし、健診のときに「鉄分が不足して貧血になるから離乳食を始めてください」
と指導をうけました。これは母親である私が鉄分に気をつけて食事を摂取
すればよいのでしょうか?
子供のアレルギー・アトピーが心配で離乳食をあげてないのですが・・・
また、ここのスレの方には1歳くらいまで母乳のみで育てた方はいらっしゃいますか?


290 :名無しの心子知らず:04/04/25 00:52 ID:Pib+Ca1c
>289
1歳過ぎまで母乳のみで育てている方多いと思います。私もそうでした。
うちは鉄分不足にはなりませんでした。ここでも以前話題になりましたが、
1歳くらいまでの間に鉄分不足と指摘される子は、離乳食以外の要因に
よるものだと思います(妊娠中にお母さんが貧血だった、出産のときに
へその緒を切るのが早すぎた?などいりいろ)。ご自分も鉄分の多い食事
に気をつけて、あとはお子さんの様子を注意深く観察しながら実行されれば
大丈夫だと思いますが。

ところでちょっと疑問なんですが、西原式では横向きやうつぶせ寝を禁止
していますが、真上を向いてずっと寝てなきゃいけないのなら寝返りもうて
ないということなんでしょうか…?テレビで、理想的な睡眠状態だと平均
一晩で20回寝返りを打つと言っていましたけど西原式だと寝返り打てない
ですよね??

291 :名無しの心子知らず:04/04/25 01:44 ID:xcR9cwmz
>289
私も290さんと同じ意見です。
あとは、博士もおっしゃっているように
腸をいたわる生活を心がけるようにすると、
鉄分の吸収もより良くなるのではないでしょうか?

>290
うちの子は仰向けで寝てくれません。
コロコロ転がって、朝起きるととんでもない所で寝ています。
うつ伏せや横向きで寝ている時、口が閉じずに半開きになっていて
「口呼吸になってしまう〜!」と焦ってしまいます。
確かにずっと仰向けで寝るということは寝返りがうてませんね。
それとも寝返りをうったあと、またすぐ仰向けに戻ればいいのでしょうか?
私は自分自身が子供の頃から口ポカだったのですが、
博士の本を読んで口を閉じるように気をつけたら風邪をひかなくなりました。
子供には口ポカになってほしくありません。

292 :名無しの心子知らず:04/04/25 16:39 ID:8ZeI5oiS
>290 うつ伏せになる原因は胃腸が苦しいがため、という話だそうです。
大人でもお腹一杯だと仰向けで寝るのって苦しいですよね。走った後とかも
うつ伏せの格好になると楽になる。胃腸に負担を掛けなければ、おのずと
仰向けになる、という話らしいです。「寝返りを打てない」ウンヌンではなく、
当り前のようにうつ伏せ寝ではなく、基本はあくまで仰向け、という意味だと思いましたよ。
昔のレスを思い浮かべると、てらさんの娘さんはかならず仰向けだそうです。仰天した覚えがありました
子供って、仰向けで大人しく寝てる事の方が少ないと思っていたので。


293 :290:04/04/25 22:58 ID:Pib+Ca1c
>291 うちもコロコロ転がって、気がつけばタオルケットのスマキ状態になっています。
寝入るときは添え乳のため横向きだし(眠りが浅いので寝入った後仰向けに直せない)
やはり横向きの時やうつ伏せの時は口が開いていたりするので私も焦ってしまいます。

>292 「基本はあくまで仰向け」ですか。なるほど、参考になりました。「必ず常に仰向け」
かと思っていたので、やっと納得です。でもうちの場合うつぶせになってしまう事が多いので
なんとかしたほうがよさそうです。てらさんの娘さん、西原式の理想的な育ち方されてるん
ですね!必ず仰向け寝で寝ているお子さんがいるなんて初めて知りました。やっぱりうちは
私の努力が足りないということですね。でもなんでも食べたがる(あげたくないものに限って
なおさら欲しがる)この時期なかなか難しいです。

294 :289:04/04/27 10:35 ID:TinWuBG0
>290・291さんレスありがとうございます。
腸をいたわる生活を心がけて、鉄分の多い食事を取っていきます。




295 :てら(2歳8ヶ月):04/04/28 01:31 ID:4Xj5RpDo
いえ、今は必ず仰向け、ではないのです。
やはりゴロゴロ転がっていってしまい、
何度も直します。
昼間、主人のベッドで眠る時は、仰向け寝の時も多いので
フトンの固さもあるのかもしれません。
今日はベンピしているので、直してもすぐ丸まってしまいます。
反省…。
実際、仰向け寝ばかり、という時もあったので、
やはり食べ物を注意しないといけないのでしょうね。

296 :名無しの心子知らず:04/05/05 23:49 ID:EB8tCdE3
あの、ガイシュツかもしれませんが、粉ミルクはアレルギー用ミルクじゃなくて
普通の新生児用ミルク(例えば○光堂の「○い○い」とか)でもいいんでしょうか?

アレルギー用ミルクだと、「医師の指導の下で飲んでください」みたいな注意書き
があるので、わざわざ医者にいかなくてはいけないのかと思ったのですが・・・。


297 :296:04/05/08 22:56 ID:c7g7yF78
自分で西原先生の事務所に問い合わせてみました。
ミルクは特にアレルギー用ではなく、普通の新生児用ミルクでもいいみたいですね。
ただ、メーカーや銘柄によって、ミルクのたんぱく質の分子量が違うみたいなので、
なるべく分子量が小さいミルクがいいみたいです。

298 :名無しの心子知らず:04/05/08 22:59 ID:L9+VcNEx
てらさんこんばんは。たまにみさせてもらってます。
うちは西原式でがんばろうと思ってたのに
もうすでにミルクと卵白。ハウスダストとヤニにアウチ!でした・・・
ほんとに増えてるんですねー。
でもてらさんと同じく園に預けて働くので
こういう場合すごいストレスになりそうですね・・・
つらいです。

299 :名無しの心子知らず:04/05/09 01:32 ID:KXCoQEQp
てらさんは専業主婦では?
お子さんを園に預けて働いてるなんて話は聞いたことないよ。
漫画同好会の大会にはお子さん同伴で出ているみたいだけど。


300 :てら(2歳8ヶ月):04/05/20 23:35 ID:NOaAfGuN
>296さん
そうだったんですか。
情報、ありがとうございます。

>298さん
最近、すっかり更新が遅れていますが、
ありがとうございます!
アレルギーの症状を、相談できる園に出逢える事を祈ります。
頑張って下さいね。

>299さん
専業させていただいています。
仕事もしたいのですけど…まだです。
生活費が…かつかつです〜。
コミティアというオリジナルオンリー即売会は
畳敷きの子連れスペースがあるので、参加しやすいのです。
でもこの間は、娘が当日になって熱を出したので、欠席しました…。
コミケットは、どうしてもの用事があった時の一回でしたが
授乳室、という名の子供部屋は、冷暖完備の畳のお部屋で、快適でした。

301 :名無しの心子知らず:04/06/04 22:14 ID:lvOo3U49
age

302 :名無しの心子知らず:04/06/08 20:59 ID:IhbweP8u
http://www.h3.dion.ne.jp/~a3512/page002.html

”アトピー性皮膚炎とは、医学的にはアレルギー1型に属す自己免疫疾患で
特に副腎の機能低下の状態であると考えられます。
(副腎以外にも腎臓・肝臓・大腸・小腸等が機能低下の場合が大半)
ですからアトピー性皮膚炎は、単なる皮膚病と言う訳ではなく、
体内の病気、内臓疾患と言っても過言ではありません。”


303 :名無しの心子知らず:04/06/15 01:02 ID:SWJT89ce
アレルギー体質は口呼吸が原因だった??
http://life5.2ch.net/test/read.cgi/atopi/999077273/l50

1 :名無しさん@まいぺ〜す :01/08/29 18:27 ID:FH2uTEGc
西原克成という人の「アレルギー体質は“口呼吸”が原因だった」
という本を読みました。
内容はタイトルの通り。
「鼻には空気中の有害物質を除去する機能があるが、
口にはそれがないので口で呼吸をすると有害物質をそのまま
吸い込むことになり、それがアレルギー反応の原因となる。
口呼吸を鼻呼吸に治すことでアトピーの症状も軽減する。」
…というような理論でした。

■西原ワールド
ttp://www.pc-room.co.jp/NISHIHARA/index.html
■アトピー、花粉症の原因は「口呼吸」
ttp://www.okasan.shogakukan.co.jp/back_number/kokorotokarada/other/97103.html

説得力があるなぁとは思いますがみなさんのご意見も聞いてみたいです。
鼻で呼吸するって当たり前と言えば当たり前のことなので、
体には良さそうですが、本当にアトピーが軽くなるのでしょうか。
また、口呼吸が身についてしまった人が鼻呼吸に治すのって
かなり難しいような気がするので、呼吸法を矯正する良い方法などに
ついても情報交換したいと思います。
アトピー板のみなさん、どう思われますか?

304 :名無しの心子知らず:04/06/16 22:30 ID:hNy6JymA
鼻呼吸のためにやはりおしゃぶりは必要なのでしょうか?
完母で育てていると赤ちゃんは結構おしゃぶり嫌がるの
ですが・・・


305 :てら(2歳10ヶ月):04/06/19 07:26 ID:wrebbJon
>302さん
そこのページの先生方の結論や主張は、博士と同じ事も、おっしゃっていますよね。

西原博士は、「赤ちゃんの生命(いのち)のきまり」などにも
「消化できなかったタンパク質は小腸から大腸に送られ、排泄に向かいますが
 その過程で腐敗すれば、硫化水素、インドール、メタンガス、アンモニア、
 ヒスタミン、ニトロソアニンなどの毒素、フリーラジカル(活性酸素)などをつくりだします。
 こうした物質は強い毒性をもち、組織を痛め免疫力を低下させて、
 癌をはじめとする多くの慢性疾患の原因となります。」
などと、活性酸素や体内毒素について、ふれていますね。
この先生ほど、詳しく述べてはいらっしゃいませんが。
博士は宿便については述べていらっしゃらなかったと思いますが
便秘の危険性については、述べられてますし。

胃や腸が、自律神経と密接な関係がある、と述べられている点も同じですよね。
博士は、皮膚、脳、顔、膀胱、呼吸器官も元々同じ(鰓腸)だったので繋がっている、
といった事をおっしゃっています。

もちろん、全て同じではありませんが、少しでも同じ所のある方がいらっしゃるのは
とても嬉しい事でした。ありがとうございました。

>303さん
読んでみました。とっても良いスレッドですね。
こちらの事も紹介して下さり、ありがとうございました。
(スレ主でもないのに…)

306 :名無しの心子知らず:04/06/19 15:55 ID:Wr3WX3Bw
>>134
不快には思ってないよ。
西原流育児を額面どおりに実践している香具師を
見ると「馬鹿だなぁ」って不快になるけどw
脱ステで半分虐待状態に置かれている
子供の話を見ると、かわいそうでね。つい。


307 :名無しの心子知らず:04/06/19 15:56 ID:Wr3WX3Bw
ごめんごめん。アトピー板で紹介されてたから、
誤爆したw

308 :てら(2歳10ヶ月):04/06/20 05:30 ID:VhOAU5pW
>304さん
結論から申せば、私は必要だと思います。
母乳をやめると、口呼吸になるそうです。
オシャブリ特訓中の娘は、寝ている間も口を閉じるようになりました。
そのお陰か、口の中のph値は6.5と
夜の授乳をしている割に、良好でした。

うちも、なかなかくわえてくれず、ただただ根気だけでした。
今は、可愛いホルダーを選ぶ、
他の子がしていなくても しなければいけない理由を話す、といった事をしています。

オシャブリのおかげか、歯にすき間も出来始めました。
オシャブリしながらお話もしています。
問題があるとすれば、やや開咬になってきた為か、
自分の歯で、歯茎をキズつけてしまう事がたまにあります。
歯医者さんは、生え変わりを待ちましょうとおっしゃいます。
(虫歯かも?と思って受診しました。)

鼻呼吸できているかのポイントは、寝ている時です。
オシャブリで口の周りを鍛え、寝ている間の口ポカを無くしたいです。
もちろんオシャブリ無しでも、昔は日々の生活習慣や躾が
鼻呼吸の良い訓練になっていました。ですが、私はその日本の美を知りません。
なので、やはり私にはオシャブリが一番手っ取り早いのでした。

309 :てら(2歳10ヶ月):04/06/20 05:34 ID:VhOAU5pW
>306さん
アトピー版、覗いてみました。
そちらのレスだったのですね。

310 :名無しの心子知らず:04/06/20 22:47 ID:VuCh8pMs
>>309
アトピーっ子のお母さんたちに西原式を知ってもらえたらと思ったのですが、
私の軽率な行動で、てらさんにご迷惑をおかけしてしまい反省しています。
すみません。

311 :てら(2歳10ヶ月):04/06/22 03:34 ID:y5OcfKul
>310さん
いえ、こちらこそ、申し訳ありません。
305の博士の抜粋は、博士の結論ではないのです。
有害物質の事なども認めつつ、口呼吸が一番の原因、としていらっしゃいますので。
あくまでも、302の先生との共通点を書いてみたのでした。

アトピーの方、お子さまをお持ちのお母さまのお気持ちを思うと
私などでは中途半端に書き込む事など出来ないのでしょうね。

312 :名無しの心子知らず:04/06/23 01:21 ID:rnrQq7tk
>>311
そんな、謝らないでくださいよ。
てらさんのホームページの掲示板に、
ネットの他の掲示板で西原式のことを書くべきか否か迷う、
というようなことが書かれていましたよね。
アトピーの子供を持つ母親は、
そうでない母親よりも西原式を受け入れ易いのではないかと思います。
ただ、普通の母親よりもアトピーに関する知識が豊富な場合が多いので、
受け入れられ易い言い回しというのがあるかとは思います。
アトピーの子供をもち、
辛い思いをしながらもがんばっているお母さんたちのレスを読んでいたら、
西原式を教えたい衝動にかられました。
本当は、ここのスレへ誘導するのが目的で、
興味を持ってもらえそうな、受け入れてもらい易そうな、てらさんのレスを
失礼かとは思いましたが、使わせていただきました。
でも、失敗だったかも・・・凹

313 :名無しの心子知らず:04/07/05 20:31 ID:UhECGDWm
sage

314 ::04/07/09 16:31 ID:s1PS+QSv
こんにちは。西原式、本当にもっと浸透していってほしいですね。
周りの目が厳しくてくじけそうな毎日です。
小さめなのはいいのですが、色が白いので貧血が心配。
この間は子供のたくさんいるところに連れて行き、
勝手に遊んでるよと油断してたら他の子が持っていた卵ボーロをかじっていました。
今のトコ便秘なくらいで平気そうですが・・・。
たくさん子供が集まるトコは、楽しいけれど、こういう事があるので憂鬱(おかし勧められることもあるし)

315 :名無しの心子知らず:04/07/09 19:01 ID:r1+oyhZc
>>314
少し何かかじったくらいじゃ大丈夫ではないですか?
アレルギーってのは
同じ異物を繰り返し摂取するために起こると聞いたのですが。

かくいううちの子にも、
おばあちゃんたちが何か食べさせたがって仕方がないのです。
もちろんお菓子やケーキも。
やんわり断っても角が立ってしまう。
今日一日だけ・・・と思って黙ってるのですが。
昨日、2〜3日たまってたうんちがやっと出てきて一安心しました。

316 :名無しの心子知らず:04/07/10 10:39 ID:nbZzmL1F
今日は。8ヶ月の男の子がいます。
私の友人が現在熱心に西原式実行しています。
本を読むと本当にたいへんだな、と、感心しています。
私もアトピーの為、実行したかったのですが、
保育園の都合があり、どうしても不可能でした。
でも、そうなった事を恥じているわけでも、
後悔している訳でもないんですが、(しょうがないので)
前向きに育児をしているのですが・・・

西原式をしている友人から(一緒に勉強していたんです)、
「西原式をやらないなんて、虐待だ」
「だからアトピーがなくならない」
「あなたの子も今は湿疹とか出ていないけど、
絶対アトピーになるよ。アレルギー出るからね」
「やっておけばよかったのに」
・・・等々。

ここのスレでもすごく勉強させてもらいましたが、
やっぱり働かないわけにいかないし。出来れば実行したかった。
でも、実行できなかった事をいつまでも愚痴愚痴していたら、
きっと子供に良くない。
・・・と思っていたんですが、実行している人から見たら
それって虐待に近い事をしてる、って目で見られるのかな?

ちょっとスレ違いかも、と思ったんですが、
西原式を知らない人、実行できなかった人に対して
「虐待」みたいに思っている人が多かったら、
少し悲しい。
どうしても話したくて書き込みました。
気分悪くさせてしまったらごめんなさい。
友人の性格もあるのかもしれないんですが・・・

317 :名無しの心子知らず:04/07/10 14:36 ID:jA75SQc4
>>316
お子さんが8ヶ月で既にお母さんは働いていらっしゃるのですか?
西原式は日本からアトピーやアレルギーの人をなくすのに不可欠です。
しかし西原式だけを実践していてもアトピーやアレルギーは防げません。
アトピーやアレルギーの発症には実に様々な要因が複雑に絡み合っていますから。
西原博士が著書の中で述べていらっしゃることは
アトピーやアレルギー発症の原因のほんの一部分です。
もちろん西原博士自身それをご承知だとは思いますが。
これまで指摘されてこなかった原因をつきとめた西原博士の功績は大きいです。
しかし、あなたのご友人が西原式さえ実践すれば
アトピーやアレルギーは防げるとお考えでしたら、それは誤りです。
同時に、西原式を実践しなければ
必ずアトピーやアレルギーになるとお考えでしたら、それも誤りです。
前述のように、西原博士が著書の中で述べていらっしゃることは
アトピーやアレルギー発症の原因のほんの一部分です。

318 :?E`:04/07/10 14:45 ID:/2LcHd1V
316さん

一般社会と逆ですね^^;
私は9ヶ月児に何も離乳食あげないなんて虐待だ!
とか言われて西原式を挫折しそうになっています。

316さんに、そういうキツイ言葉をかけた人は、きっとこういう一般世間
(西原式に理解が乏しい世間)で西原式を実践するために、心強い仲間を
なんとか引き留めたかったんじゃないかと思いました。
私の周囲には西原式を知ってる人もいないので寂しいですし、辛いです。

言葉のかけ方を間違えてしまっただけで、本当に「虐待」だなんて思っていないと思いますよ。

人それぞれ育児するにも事情が違いますものね。
私もうちの子がアトピーっぽい症状を出さなければ西原式に興味も持たなかったし
話を聞いても実践はしなかったかも、と思います(周囲の圧力に負けて)

お互い、それぞれの育児を楽しみましょうね。

319 :316:04/07/10 23:22 ID:PZ5zi5H9
>317>318
事情があって、5ヶ月から職場復帰になったんです。
保育園には慣らし保育を含めて4ヶ月半から通っています。
体質等を話し、できるだけ離乳食は遅めに始めてもらったんですが、
やっぱり、ちょっと難しい部分があって・・・。

友人も、西原式さえやっていればアレルギー等を防げるとは
思っていなかったはずなんです。
妊娠中は「アトピーとかの原因をなるべく減らしてあげたい」
って二人でよく言っていたから。

私が言われたことは、彼女が周りから言われている事
なのかもしれないですね。
私は彼女からしか言われないけれど、
彼女に言う人は沢山いるかもしれない・・・

やっぱり、ここの人は親切ですよね。
ありがとう。出来るだけ彼女を支えられたらいいかな。
一緒に勉強してきた仲だし・・・。


320 :名無しの心子知らず:04/07/19 21:08 ID:BsRk5a55
過去ログ読まないでスマソ
保育園ってそういうものなの?
ミルクだけ飲ませておいて、って言っても離乳食食べさせられちゃうの?

私は西原式!ってわけじゃないけど、色々調べた上で、母としてのカンに頼って
まだまだ離乳食しないでいいや、と思っているんだけど。

321 :名無しの心子知らず:04/07/21 01:51 ID:s0/hXow5
保育園によると思うよ。
友達の通わせてる保育園はミルクも冷凍母乳でもおkらしいです。
その代わり布おむつ限定。

322 :名無しの心子知らず:04/07/28 23:17 ID:lskPbKFt
以前にも鉄分不足の話題がありましたが、あの貧血と診断された子のお母さん、みてらっしゃるでしょうか?
私は今9ヶ月半の子を母乳のみで育てていますが、最近、色が白くなってきていて不安です。
頻回授乳すればいいと聞きましたが、うちの子は1時間〜2時間に1回です。
元気でつかまり立ち、ほんのちょっと手離し立っちします。
でも鉄分不足だった時のことを考えると不安で不安で。みなさんは、どうしてますか?

323 :名無しの心子知らず:04/07/30 01:01 ID:3I+eApJa
あげ

324 :名無しの心子知らず:04/07/30 15:02 ID:zVagAAAA
あげ

325 :名無しの心子知らず:04/08/02 21:03 ID:/wHctO0L
age

326 :名無しの心子知らず:04/08/03 19:45 ID:5rduTgF4
ここに来ている人、行っちゃってるなあ。。。。
本当に信じているんだ。。。。

327 :名無しの心子知らず:04/08/04 02:06 ID:9n2xCE+A
>>326
しっー!
それは言っちゃだめだって。
みんな信じてるんだから。
貧血にならない事を祈ってあげようよ。

328 :名無しの心子知らず:04/08/05 14:19 ID:DMMI06kn
>326.327
ageるとすぐこれだ。
ま、いいけどね。うちは一歳まで完母、そのあとも
まーまーの西原式でやってたけど色白で小さ目の割に
貧血ではなかったよ。
わかったのは湿疹が心配で採血した時。Hbが13もあって
まー、すごい。あんなに小飲少食で一般社会で言われてるような
栄養あるもんなんか食わせてなくてもこんなに元気なのね。とおもた

329 :名無しの心子知らず:04/08/05 16:34 ID:Tts7GJc/
>>328
きっとお母さんが食事に気を遣ってらっしゃるんでしょうね。
ウチは結果的にあまり食べないのでなんちゃって西原式になってますが、
ジャンキーなもの食べちゃったりして自分の食事内容に不安が・・・
ベベの目の下がクマっぽくなってるし、貧血が心配・・・。


330 :名無しの心子知らず:04/08/06 00:29 ID:8s7JjN3+
西原ワールドの赤ちゃん相談室が更新されていましたが
博士は以前にもまして、いっちゃってますね・・・
一理あると思えるところもたくさんあるけど
あの物言いに異常な印象を受けるのは私だけだろうか。



331 :名無しの心子知らず:04/08/06 00:47 ID:NTsup5+7
>>330
わかります。
私もそれがあるから堂々と西原式で!っていえないんだよね。
重力の進化の話といい、心から信じていいのか不安。
でも、1歳からの離乳食は腸のことだけじゃなく、
例えば、ドライマウスの原因にも考えてる歯医者さんがいますよね。
歯も生えてないうちから流動食を食わせるから飲み込む癖がつくとか、
勿論一部のお医者さんだけですが。
そうゆうこともあわせて考えても西原式が一番合理的な気がします。


332 :名無しの心子知らず:04/08/06 00:58 ID:8s7JjN3+
>>331
私も西原式は合理的だと思います。
だから完璧とまではいかないけど西原式やってます。
でも友達に「こんなホームページあるよ!」と堂々と紹介できない自分がいる・・・
博士がてらさんみたいだったら、ためらいなく紹介できるのに。


333 :名無しの心子知らず:04/08/06 14:03 ID:lJ73xAXt
西原式を信じられない!と言って、バカにしに来てる人って、何がしたいんでしょう?
信じるに値しないからやめろって心配してくれてるわけでなし・・・。
ストレスたまってて攻撃対象を探してるだけなんでしょうけど。(いろんな板に同じ人種がたくさんいるけど)

色々考えて、納得いくとこだけ西原式取り入れることにしました。
完全西原式は、やっぱ無理っぽいです。

334 :名無しの心子知らず:04/08/06 15:10 ID:07ERgpe8
悪い母乳とは、母親が低体温(36.5℃以下)でアトピーや皮疹、喘息や腸炎や緑内障等の免疫病患者の母乳です。
免疫病は本当に自分の腸の常在菌で発症しますから、この手の母乳はバイ菌だらけなのです。母乳というのは、
赤血球の抜けた血液と同じです。母親が歯周病でも口呼吸でも、痔でも膣炎でもバイ菌だらけの母乳になります。
最近の赤ちゃん相談室で多いのは、悪い母乳とともに寒く育てる育児法で育てられているアトピー子です。
悪い母乳の母親は必ず低体温ですから、子も冷たく育てます。そうすると極端にひどい母乳アトピーになります。

すごい!!母乳はバイ菌だらけ!おもしろすぎ!!

335 :名無しの心子知らず:04/08/06 15:53 ID:+jIahxvZ
>329
フォローありがとう。あまり食事には気を使っていませんでした。
西原式を知ったのが娘が生後4ヶ月のころで、ちょうど夏過ぎた頃だったので
4ヶ月までの私の食生活などひどいもんでしたよ。
昔から甘い物好きだったのでアイスや冷たいものごくごく飲んで
今考えればまっずーい母乳だったろうなと思います。
今娘は2歳になりましたがジャンクフードもたまには食べさせてます。
暑いので氷や小さいアイスも少しやってますが、
お茶は冷たいのは嫌がります。
クーラー漬けにして冷たいものやらないよりはましかなと思って。
(うちはほとんどクーラー使わないもので。)
お子さんも元気がないとか体調がよほど悪いなら別ですが
少々の貧血のみなら心配要らないのでは?



336 :名無しの心子知らず:04/08/06 17:14 ID:8s7JjN3+
>>334
おもしろくないでしょ・・・

でも博士の考えでは
母親が低体温(36.5℃以下)だったり
アトピーや皮疹、喘息や腸炎や緑内障等の免疫病患者だったり
歯周病や口呼吸や痔や膣炎だったりしたら
バイ菌だらけの母乳が出るから
赤ちゃんには一切母乳を与えないほうがいいってこと?
なんだか傷つくなあ・・・
努力して治せない病気だったあるのに。
なんだか泣きたくなってきた。

337 :名無しの心子知らず:04/08/06 17:16 ID:8s7JjN3+
っていうか、出産後はほとんどの女性が痔になると思うんだけど・・・

338 :名無しの心子知らず:04/08/06 17:56 ID:07ERgpe8
恒温性の哺乳動物は1℃〜2℃ 腸温が下がると、腸扁桃のバイエル版の
M細胞からばい菌と抗原性蛋白質がどんどん血中に吸収されます。
低体温でなくても常温の水(夏で26℃)をコップ一杯飲んだだけで、
5分後にはばい菌だらけの母乳が出ます。また、母親が明太子やキムチ
を食べれば、5分後には苦いお乳が出て、それを飲んだ赤ちゃんは一晩
中夜泣きします。乳首をよくかむ子は、このようなばい菌だらけのお乳
や苦いお乳を怒って拒否して噛むのです。35.5℃ の低体温の母親のお
乳は、腸内の大腸菌やらバイ菌で大量に汚染されているから、それで
アトピーになり、ステロイドも無効なのです。当然赤ちゃんは手足も冷
たい低体温児となります。体温も細胞呼吸のミトコンドリアでエネルギ
ー物質と共に発生しますから、親の腸の汚いバイ菌で赤ちゃんの体中の
細胞が汚染されて細胞呼吸が駄目になると、低体温になります。この子
も36.0℃でした。当然苦しいので泣きわめいて眠りません。おしゃぶり
を与えて手足を温めるだけで、この子はぐっすり眠るようになり、母乳
をバイ菌のいない乳児用ミルク(アイクレオ)にし、厳密に42℃で与える
とすぐに顔の赤みがなくなり、眼が生き生きしてきました。

うんうん。水道水飲むとバイ菌の母乳になるんだね。知らなかった。



339 :名無しの心子知らず:04/08/06 19:59 ID:h3eitBGP
で、医学的根拠があって言ってるのかしらね。
普通に考えて、んな馬鹿な…って理論なんですが。
たんなるおっさんの思いつき?




340 :名無しの心子知らず:04/08/06 20:11 ID:8s7JjN3+
自分がアトピーだったり肌が弱かったり喘息だったりする母親だからこそ
子供には同じ思いをさせたくないと思って西原式を選択する場合も多いと思う。
アトピーや喘息のお母さんの出す母乳は赤ちゃんのアトピーのもとなんて・・・

341 :名無しの心子知らず:04/08/06 21:13 ID:8s7JjN3+
「母乳が悪いと赤ちゃんはアトピー、喘息、尿路感染、風邪とともに緑便になり低体温になります。
悪い母乳とは、母親が低体温(36.5℃以下)でアトピーや皮疹、喘息や腸炎や緑内障等の免疫病患者の母乳です。
免疫病は本当に自分の腸の常在菌で発症しますから、この手の母乳はバイ菌だらけなのです。
母乳というのは、赤血球の抜けた血液と同じです。
母親が歯周病でも口呼吸でも、痔でも膣炎でもバイ菌だらけの母乳になります。」

西原ワールドもう1度行って見てきた。
悪い母乳を飲んだ赤ちゃんはアトピー、喘息、尿路感染、風邪とともに
緑便になり低体温になると書いてある。
低体温(36.5℃以下)、アトピーや皮疹、喘息や腸炎や緑内障等の免疫病患者、
歯周病や口呼吸や痔や膣炎のうちの
どれか1つでも該当する母親は母乳育児はあきらめたほうがいいってこと?
もしそうなら、母乳育児を選択できる人なんていないも同然なのでは?
母乳よりミルクのほうがいいってこと?
子供をアトピーや喘息にさせたり風邪ひかせたり尿路感染症にしたくないなら
母乳育児はするなってこと?
「博士の本に書いてあるとおりに育てたのにアトピーになりました。」とか
「言うとおりにしたのに喘息になりました。」とか
「風邪ばかりひいています。」という相談が増えて
以前は言ってなかったことを今になって取ってつけたように言ってるような気がしてきた。
うう。混乱してます。

342 :名無しの心子知らず:04/08/06 22:48 ID:2r704/II
西原先生の本を読んで1年間は母乳で育てようと思いますが、迷っています。
厚生労働省は離乳食開始は5ヶ月が目安といっていますが、
離乳食が遅いと何が問題なのでしょうか?

343 :名無しの心子知らず:04/08/06 22:48 ID:2r704/II
西原先生の本を読んで1年間は母乳で育てようと思いますが、迷っています。
厚生労働省は離乳食開始は5ヶ月が目安といっていますが、
離乳食が遅いと何が問題なのでしょうか?

344 :名無しの心子知らず:04/08/06 23:25 ID:jn1ypoiT
他の母親と話が合わない。出かける時も自分だけが母乳で誘われにくい。

345 :名無しの心子知らず:04/08/06 23:59 ID:zhrXMW31
私は二児の母です。下の子は生まれてすぐにアトピー症状が出て、その時偶然西原先生の本を読んで以降その内容を実践してきました。
今1才7ヶ月になりますが・・・アトピーは落ち着きましたが(でも単に肌が強くなったから落ち着いたんだと思う。母乳→ミルクに移行した時だって全然改善しなかったし)あの先生の内容には無理もあると感じた。
若干離乳食を遅らせるとか、なるべく冷たいものはあげないようにするとか、その程度にしておかないと友達付き合いも難しくなってしまうし、なんか洗脳されていってる感が・・・
おしゃぶりを受け付けない子供だって沢山居るし、「何が何でも先生のやり方で!」ってのは偏ったものの見方になってしまう恐れが。
参考にする程度が一番かな、と感じました。

346 :名無しの心子知らず:04/08/07 09:43 ID:t6aQfQ9k
!!腸扁桃のバイエル版!!と言ってるくらいだから根拠ある。本人的には。
ほんとの医者だったら正確にパイエル(PA、のパ。イタの板。)つかうんだろーな。
何か、免疫の、そうそうバイエル版っと。タイプミスする?これ。ききかじりの医学用語としか。。
それらしい学術用語もどきを入れるから信者はますます虜になるんだろーな。

信じる人はついて行って。だって本人の幸せだから。
まわりはソーッと見守ってあげようよ。洗脳解除しないで。

347 :名無しの心子知らず:04/08/07 10:47 ID:rwRcQg8c
ハに点々のバイエルってピアノの教本ですよね。
ハにマルのパイエルって何ですか?

348 :名無しの心子知らず:04/08/07 11:29 ID:t6aQfQ9k
 パイエル板 で ぐぐる。
 バイエル版 でぐぐると、 N氏の発言だけ浮↑↑。

349 :名無しの心子知らず:04/08/07 12:04 ID:7EuGqQUM
やべ、さっきキムチ食った。
辛かったから、冷たい水も大量に飲んだ。
ばい菌だらけの母乳飲ませちまった。。。

350 :名無しの心子知らず:04/08/07 13:11 ID:rwRcQg8c
『悪い母乳で赤ちゃんがアトピーになったり、体重が増えないケースのご相談が最近増えています。
 母親の低体温と免疫病や口呼吸以外で、悪い母乳で赤ちゃんに皮炎が発症するケースは、
 母親がよかれと思って食べる玄米、発芽玄米、五穀、麦(殻ごと)、そば等の雑穀が原因です。
 これらは性の悪い植物性蛋白質が入っていますから、キムチや明太子、生姜や漢方薬、
 干物やするめ、ビーフジャーキーをお母さんが食べた時と同様に悪い母乳になります。
 赤ちゃんは手足が温かくて機嫌が良くて大声を上げず、黄金色の便で小ぶりでピカピカして
 ぐっすりと眠れれば子育ては合格です。大きく育てると総身に栄養と知恵が廻りかねます。
 良い母乳を出すには、母親の体温を37度にして冷たい物を一切口にせず、
 純白米と煮た野菜と煮たトマトを沢山食べ、加熱した新鮮な魚少々を両側でよく噛み(30回)、
 そのうえ総合ビタミン剤とミネラルの服用をお勧めします。』

 http://www.nishihara-world.jp/workshop/baby/soudan.htm

これでは、キムチを毎日食べている韓国人の赤ちゃんは
全員アトピーになってしまうと思います。
玄米を毎日食べていた昔の日本人の赤ちゃんは全員アトピーになってしまうと
思います。
漢方薬を母親が飲んで母乳に移行させて赤ちゃんの治療をする手法は昔からあり、
成果をあげてきました。
生姜は食べ物の消化を助ける良質な食べ物です。
ホメオパシーのレメディーもだめだとおっしゃるのでしょうか?
総合ビタミン剤とミネラルの服・・・
そのビタミンの抽出にどれだけの化学物質が使われていると思っていらっしゃると
お思いなのでしょうか。
それよりは、昔の日本の食生活の良いところを取り入れて
バランスよくビタミンやミネラルを採ったほうが人間として自然なのでは?
母乳育児のプロである助産婦の意見をも否定するのですか?

離乳食の開始時期、鼻呼吸、冷たい飲み物の弊害、この3点だけを訴えて続けていればよかったのに、
残念ながら、最近の博士の言動は異常としかいいようがありません。
博士の説かれていること意外にもアトピーや喘息の原因はあるのです。
他の説を受け入れるかわりに無理のある自説を展開して母親たちを混乱させないでほしいです。

351 :てら(3歳0ヶ月):04/08/19 01:16 ID:1gvmjWZ8
お久しぶりです。コテハン2ちゃんねらー、てらです。

娘も3歳になりました。早いですね。
3歳になったので、食事の味付けのレパートリーも増やしてみました。
大根も、コンブと塩だけではなく、マグロの煮汁で煮てみたり
鶏肉でダシをとってみたり。
こうなると、日々の食事も作るのが楽しくなりますね。

辛い物を絶対的に受け付けない娘でしたが、今日パパの餃子を
「おいしい」と言ってかじっていました。
ニンニクたっぷりの物だったのに…私がビックリです。
3歳ですが授乳中なので(ここは西原式ではなく、ラ・レーチェ・リーグ。)
餃子、ずっとガマンしていたのですが、そろそろ自分も食べてもいいかな、と思いました。

母乳の質、悪い時は娘が色々教えてくれます。
「こっちは水が出るからイヤ」(冷たい母乳になっている)
「こっちはおしまい」等。
良い時も「おいしい」「あったかい」等…。語彙は、少ないですが。

食事と味の幅も広がった事ですし、
さすがに、卒乳を真面目に考えなければいけませんね。

352 :名無しの心子知らず:04/08/19 09:57 ID:WpDZXc3x
9ヶ月のママです。
西原式にかえて行きたいと思っています。
本もたくさんあるようですが、離乳食を遅らせることとかが書いてある本を
教えていただけますでしょうか?
また、」どういう本を読んだほうがいいのか、教えてください。

353 :名無しの心子知らず:04/08/19 20:22 ID:P3+yq8Mn
>350
禿同。
いろいろ言い過ぎて段々理論が破綻してるんだよね。
妄信的な信者がいるから宗教家みたいな気分になってるんだろか?
最近は根拠のない決めつけとしか思えない発言や、
実際にそれを実践する身になってない発言多すぎて、
やっぱりこの人ぁゃιぃのかなと思えてきた。

まぁ実践する身になれないのは男で、
子供産んだことも母乳で育てたこともないから仕方ないが、
机上の空論という感じがする。

354 :名無しの心子知らず:04/08/19 21:43 ID:HwaFFE/P
あ〜ヨカッタわ
ここ、妄信してる人しかいないのかと思ってたけど
そういうわけでもないのね。
Dr.西原コエ〜、でも離乳食遅らせてる、ていうスレがないな〜って思ってた。

まぁ自分の動物的カンを信じてやってるから
スレなくてもいいんだけど、
外野を黙らせるために2ちゃんのでもいいからデータが欲しいのよね。

旦那に「ちょっとこの人はイッチャッテルけど」
ってDr.西原のHPみせたら
「こんなやべーのを参考にしてるなんて」
と、全拒絶されたから・・

気悪くした人いたらゴメソ

355 :名無しの心子知らず:04/08/19 22:05 ID:CFU4TYRP
>>354
ゴメン、笑っちゃったよ。
かえって不信感を強めただけだね。
離乳食遅らせたほうがいいというソースをドクトル西原以外ないのかな。
私も離乳食遅らせているんだけど、ドクトル西原の主張は殆ど信じていない。

明治生まれの祖母(鬼籍)の育児は2歳くらいまで母乳が主だったそうだ。
で親が食べているものを少しくずして与えていた(これは虫歯が気になる)。
祖母だけでなく周りの人ももそんな風に育てていたらしい(田舎だけど)。
なんの参考にもならん話を書いちまった。スマソ

356 :355:04/08/19 22:10 ID:CFU4TYRP
ちょっと訂正。
ドクトル西原の主張は殆ど信じていない。
というのは、腸の完成のことや口呼吸のこと以外でです。

357 :名無しの心子知らず:04/08/19 22:58 ID:P3+yq8Mn
>355
アメリカ小児科学会でも遅らせるの推奨だよね。
生後一年は母乳で。

そのおばあちゃんのやり方、つーか西原式の中でも、
母乳を2〜3歳くらいまであげるってやり方は、
やっぱり正しいと思うけど。
奥歯の生えてくる時期を考えても。まさに動物のカン。
でも歯周病や痔の母乳はダメってのはなんか違うよね。

そして最初の離乳食は他の動物と同じように、
親がかみ砕いたものが消化も良くて一番いいんだろうけどねー、
今はミュータンス菌というやっかいなものがあるから。

358 :てら(3歳0ヶ月):04/08/20 03:25 ID:SiblN3qv
341さん
>どれか1つでも該当する母親は母乳育児はあきらめたほうがいいってこと?
現状を良しとせず克服して、母乳育児を頑張りましょう、と私は受け取れましたが。
人間、あきらめたらそこまでですものね。

350さん
韓国人と日本人では、食文化が違うので、そう心配いらないと思うのですが。
辛い物、臭いの強いものは、母乳に出てしまい、赤ちゃんが嫌がるのでしたよね。
キムチの国韓国では、赤ちゃんもそうやってキムチ好きになるのかも?
(注・根拠なし。信用しないでね。)

漢方は、物にもよるでしょうが、骨に残るそうですね。
火葬した時、漢方を多飲された方の骨は、黄色く細かく割れている事が多いそうです。
もちろん最高なのは、白くて、なるべく形がそのままの遺骨だそうです。
(甘いもの好きでも、骨が崩れてしまうようです。
 うちのお祖母ちゃんとか、火葬場の方に甘いもの好きがバレていました。)

博士は玄米雑穀はお好きな様です。ですが、実際白米のタンパクでさえ
アレルギーを引き起こす事もあるので用心、という事なのでしょう。
たしかに、ビタミン剤などはどうかな?とは思います。
幸い、私はサプリメント等のお世話にはならずに済んでいます。

352さん
総合的なのは「かしこい赤ちゃんの育て方」だと思います。少々お高いですが。
「赤ちゃんの生命のしくみ」も詳しいです。
ただ、冷たい物の危険性については、殆ど触れられていません。
「お母さんは名医」が初めは読みやすいかもしれません。

359 :てら(3歳0ヶ月):04/08/20 03:26 ID:SiblN3qv
353さん
キャラ、変わりました?穏やかですね。
私は3年間試してみて、
博士がなぜダメとおっしゃるのか、ひとつひとつ実感として判りましたよ。
体温のこと、便のこと、自分の食べる物のこと…。
手探りでしたし、出来なかった事も甘く見ていた事もありますが、
やはりやって良かった、と思っています。
これは、自分で考えて、目の前の子供を見て、自分で決めた結論。

354さん
自分のお子さんの様子を、周りの方に教えてあげたら良いと思います。
堂々と。
うちのコ、これこれだから、こうしてみたの。
そうしたら、こんな風に元気なの。って。
博士のうなずける所を少し紹介して、
どうかな?と感じた所は「こう変えてみたの」と堂々としていたら良いと思います。
最近は、博士式育児のHPも増えました。
うなずけるママさんも、いらっしゃるかもしれませんよ。

355さん
良いお祖母さまですね。博士がおっしゃる昔ながらの子育てそのもので。
今は周りに物がありすぎて、見せない事に苦労させられます。
そういう意味で、現在の日本で西原式はむつかしいです。

357さん
>でも歯周病や痔の母乳はダメってのはなんか違うよね。

歯周病菌は、体全体に周るそうですよ。
なので、歯周病菌が増えないように気をつける、というのは大切な事だと思います。
手始めは口中衛生と、鼻呼吸から?そして、白血球を大切に。
(だったらもう寝ようよ、私。)

360 :名無しの心子知らず:04/08/20 05:22 ID:hsMh7vt9
358さん
どうもありがとうございます。
さっそく本を買ってみようと思います。

361 :名無しの心子知らず:04/08/20 08:55 ID:Hy8yZT+D
てらさんへ。
353ですが、キャラが変わったとは??????
いつの何と比べてキャラが変わったと言う意味ですか????
てらさんは、西原批判はすべて同一人物と思っているのかな。
いきなり決めつけられていて、ちょっとコワかったです。
変わったのは、てらさんが思っている人と私が別人だからでは?

歯周病が身体全体に影響するのはわかりますが、
それでも私は母乳のメリットと天秤にかけて母乳にしています。
簡単に否定されるのは不快です。
痔も、妊娠出産を通して非常になりやすいものなのに。

てらさんが博士のことを全面的に受け入れるのは構いませんが、
ここは全面的に受け入れる人のためのスレですか?
ここはいいけど、ここはちょっとねって話は禁止ですか?


362 :名無しの心子知らず:04/08/20 10:19 ID:KgCVCX6Q
361
どうどう。もっともちついて話しなさい。

363 :名無しの心子知らず:04/08/20 14:06 ID:eXnn1GYK
てらさん、お久しぶりです。
てらさんがいらっしゃると活気が出ますね!嬉しいです。

>>353=>>357=>>361さんのおっしゃっていることは
真っ当な意見ではないかと思うのですが、どうでしょう?
現代人のほとんどが歯周病だそうですね。
もちろん、そうならないように努力することは大切だと思います。
でも、出産時にほとんとの女性が痔になりますし…
「痔の母親、歯周病の母親の母乳を飲んだ赤ちゃんはアトピー・喘息になる」
という博士の言葉を真に受けてにして、母乳育児をあきらめてしまったり
ミルクを選択するお母さんが出てきてしまうと悲しいですよね。
もしよかったら、これどうぞ。
http://homepage2.nifty.com/smark/MILKbyok.htm

364 :名無しの心子知らず:04/08/20 14:15 ID:eXnn1GYK
博士は口腔外科が専門がですから歯周病の話は信憑性が高いと思います。
ただし、専門外のことは各方面の専門家ほどにはご存知ではないと思います。
それでも、てらさんのようなソフトな言い方であれば
そういうご意見の方もいるのだなと思うこともできるのですが、
博士のように、専門外のたいして詳しくないはずの事柄まで
断定的におっしゃるところに疑問を感じます。
アトピーや喘息の女性で子供を作ることを躊躇っている女性や
勇気を出して妊娠出産に臨んだ女性が多くいらっしゃいます。
「アトピー・喘息・免疫病の母親の母乳を飲んだ赤ちゃんはアトピー・喘息になる」
という博士の文章を彼女たちが読んだら、涙が止まらなくなると思いませんか?

てらさんは漢方薬の話を、亡くなった方の骨の色と関連付けてお話されていますね。
でも、焼かれれば無くなってしまう内臓や血管を含めた、体全体が大切なのではないですか?
今の世の中、100%安全な食品を口に入れるのは不可能に近いですよね。
体に入った有害物質は体内に蓄積され続けます。
それらは胎児へ移行もしますし、母乳からも出ます。
そしてそういうものもアトピー・喘息の原因の1つです。
博士が、「性の悪い植物性蛋白質が入っている」と言っている玄米などの殻つきの穀類には
そういった有害物質を体外へ排出する働きがあるのです。
漢方薬(中医学の煎じ薬)にもそういった働きがあるのをご存知ですか?
中医学の煎じ薬の原料のほとんどが自然界の野草です。
一部、自然界の鉱物や虫も含まれます。
博士がビタミン剤やミルクを勧めて漢方薬を否定するのには疑問を感じます。

かくいう私も博士の本に出会って救われた人間の1人です。
特に、離乳食の開始時期、鼻呼吸の大切さ、冷たい飲食物の危険性、
腸の大切さや完成時期(個人的には、全ての内蔵に該当すると思っています)
などを教えていただけたことには大変感謝しています。
おかげさまで、我が子は元気いっぱいに健康に育っています。
長文、失礼しました。

365 :名無しの心子知らず:04/08/20 15:00 ID:Hy8yZT+D
すいません。
いきなりキャラが変わりましたね、とか言われて
は???何いってんのこの人????
とむかつき気味で書いてしまいました。

でもここはてらさんのサイトじゃないし、2chなんだから、
みんながみんなハカセマンセーてらさんマンセーじゃなくても
いいじゃないですか。
もっとおおらかにいろいろ意見したいです。

てらさんも、自分と違う意見だからっていつも同じ人だと
買ってにきめつけるのだけは、今後やめていただきたい。

366 :名無しの心子知らず:04/08/20 15:10 ID:Hy8yZT+D
>363
サイト読ませていただきました。
牛乳神話の話は知っていましたが、
これほど具体的な内容は読んでいなかったので勉強になりました。
軽い歯周病ですけど、やっぱり母乳は続けたいと思いました。


367 :名無しの心子知らず:04/08/20 16:00 ID:rIwY//e5
母乳中はいったいなにを食べたらいいのでしょう。
煮野菜。煮魚。白米。
その他なにかありますか?

368 :名無しの心子知らず:04/08/20 20:42 ID:r/p5TAa2
365さん
なかなか西原式について語る場所がないので、ここは反対意見(いやがらせ、悪口じゃないやつね)
も聞ける場所でありたいですね。
以前、西原式の掲示板で、疑問点や不安点をあげて「実践者のみなさんはどうしてる?どう考える?」って
聞いたら「非常識な意見書いてくる人だ!」みたいに言われたことあります。
いつも頭っからの反対意見ばかりあびて神経質になってるのかもしれませんが
どんなことにも(特に賛否両論の育児方法なら)不安点や疑問点があって当然だし
それについて語るのをタブーにしちゃいけないと思います。

ちなみに私はいいかげんですが西原式実践者です。


369 :名無しの心子知らず:04/08/20 21:53 ID:P89IFzTg
368です。補足です。
反対意見を言うのも自由ですが、反対意見に対する反対意見も自由です。
てらさんにどなたかと勘違いされたことについては不快な思いをされたことと思いますが
てらさんが365さんと違う意見を言っておられることについては、いいんじゃないでしょうか?

反論に対する反論を封じるのは反対。

370 :363・364:04/08/20 22:12 ID:eXnn1GYK
>>369
それは私に向けられたレスですね。
>>363の5行目以降は>>364に入ると思ってください。
>>361さんが怪しい人ではないということが言いたかったのが1つ。
それとは別に自分の意見をてらさんに聞いていただきたかったのが1つ。
別々のレスだと思ってください。
いかがでしょうか?

371 :名無しの心子知らず:04/08/21 01:56 ID:PZ52JLvj
>368 >369
ここ以外で西原式の掲示板といったら
みんなが思い浮かべるのはあそこ1つだろう。
ここでそういうこと書くか・・・

反論に対する反論を封じるのは反対とか言ってるが
自分のレスこそ自由に意見を交わせない雰囲気を
作り出していることに気づいてくれ。

372 :てら(3歳0ヶ月):04/08/21 07:07 ID:sF1eZVt9
>353(361)さん
すみません、読み違えていました。後半の部分、男性の意見と読み違えておりまして。
キチンと読めば、違う事がすぐ解るのに、どうしたんだか自分…。
本当に失礼いたしました。以後気をつけます。
確かに、そういう事をされたら怒ったり、怖がられても当たり前ですね。

否定している訳ではないのです。聞いた事を書いただけなのでした。
かくいう私だって、恥ずかしながら痔持ちです。
歯の一部も色が変わってきたので、卒乳一番に、歯医者に行きたいです。
口の中のpH値が正常だったので、進まずに済んでいるだけ、なのでしょう。
モン○ミン、吐きそうになるのですけど、もう少し頑張ってみようと思います。

>363さん
ありがとうございました。いつも暖かく迎えて下さるので、ホッとします。
この気持ちが、私には足りないのでしょうね。反省です。
牛乳の事も、ありがとうございました。参考になります。

博士の断定的な(というより、断定そのもの?)物言いは、本を複数読み、
講習会に出かけると、「そういう物言いのヒトなんだな。」といつの間にか気にならなくなっていました。
その言葉のクセと裏の読み方が、(何となくこうかな、と思う程度ですが、)判ってくるからでしょうか。
けれど、ふと手に取ったアトピーのお母さん方が読んだら、確かに忘れられない一行ですよね。
この場合、知識として知ったうえで、ではどうしたら良いのか、という事になるわけですが
色々と傷つき、悩み、疲れているお母さん方には、そういう余裕は与えないでしょうね。
随分昔に書き込んだ事なのですが、スポック博士の本は、とても優しく、母親を包み込む様な文章なのです。
博士の文章も、スポック博士のようだったら、もっと浸透してるだろうに…とよく思います。
また、スポック博士の文章が、西原博士調だったら、世界中に浸透する事もなかっただろうな、とも思い苦笑します。

子供が起きたので、途中ですが、ここまでですみません。

373 :名無しの心子知らず:04/08/21 11:01 ID:fI6zsOs9
>>371
横レススマソ
「非常識な意見書いてくる人だ!」
ってのは反論とは言えねぇんじゃない?

374 :名無しの心子知らず:04/08/21 14:47 ID:R4lr/Kkw
うーん、2ちゃんは難しいですね。色々深読みされるし、その発言主が過去どの発言を言った人か、とかわかりにくいし。
まあ私の文章がわかりにくいせいもありますね。

369の発言は363・364についての発言じゃないです。
色々違う考えの発言について、反論をする方もいます。
反論されたことについて「私の意見を封じ込める気?」といった発言をする方いますが、
それは違うんじゃないかと思ったんです。

371さん
西原式の掲示板、たぶんここの皆さんの思い浮かべる掲示板じゃないですよ。
さがせばたくさん西原式を話題にしてる掲示板あります。
よく知らないのにくちゃくちゃに言ってるトコもあれば、熱心にがんばってる人ばっかが集まってるトコもある。
熱心すぎると反対意見が言えない雰囲気になる・・・。



375 :名無しの心子知らず:04/08/21 22:11 ID:LC0tMSRv
「反論に対する反論を封じるのは反対」
というとごもっともなんだけどさ、
ここでは(あるいはネット上では、なのかもしれないけど)
てらさんは西原式の権威みたいに扱われてるでしょ。

博士のココがちょっとねー・・・程度の会話でも、
「コテハンのてらさん」に割って入って反論されるとさ、
ちょっとした異議も唱えづらい、
まさに反論封じの雰囲気ができてしまう。
個人的には、そういうときはコテでなく名無しで書いて欲しい、
と思うが、てらさんの自由だから強要はできないしね。

私はてらさん別に嫌いじゃないし、結構親切な人だと思うけど、
これだけ西原式に詳しい人がコテで常駐してると
やっぱりその人中心のスレになるよ。良い意味でも悪い意味でも。

そして博士に対するちょっとした疑問も許されない雰囲気だと、
西原式はますます人を遠ざけるだけだと思う、正直。

376 :名無しの心子知らず:04/08/22 14:31 ID:oMl7wzLD
>375
なるほど。
「博士に対するちょっとした疑問も許されない雰囲気だと、
西原式はますます人を遠ざけるだけだと思う、正直。」
これは同感です。

ただ、こういうとこで、きちんと名前を出して発言するのは勇気のいることだと思うし
責任をもって発言している、ということなので、てらさんは偉いと思ってます。




377 :名無しの心子知らず:04/08/22 21:54 ID:cOg9a45G
勇気あるし、そういう観点からすれば偉いけど、
てらさんが偉くなれば偉くなるほど、
ますます反論しづらいという面はある。

てらさんという先駆者を囲んでのマターリスレにしたいか、
疑問も批判も活発に議論しあう自由なスレにしたいか、
どっちをとるか、ということだよね。極論だけど。

378 :名無しの心子知らず:04/08/22 22:40 ID:8+B4Nj1n
>>363>>364です。

>>374
すみません。早とちりしてしまいまして…

てらさん
レスありがとうございます。
スポック博士口調の西原博士だったら…と想像してしまいました。

379 :名無しの心子知らず:04/08/22 23:08 ID:8+B4Nj1n
ここは西原式についての疑問や不安を自由に語っていい場だと思います。
もちろん批判もありだと思います。
てらさんもそう思っていらっしゃるのではないでしょうか?
てらさんは、ちゃんと議論のできるタイプの人だと思いますし、
初心者さんや困っていらっしゃる方に丁寧にレスしていらっしゃいますよね。
てらさんのようなコテハンさんの存在は貴重だと思います。
お互いに敬意を払いつつ、議論はストレートに、というのはどうでしょう?

380 :名無しの心子知らず:04/08/23 13:44 ID:45gspP9F
 私も西原博士様マンセーではなくいいとこ取りで行っているし、西原博士やてらさんが
すすめていることすべてを取り入れて実行しているわけではない(納得していないことは)
ので別にてらさんの肩を持つわけではありませんが、それでもてらさんの書き込みが
反論封じになっているとは思いません。

 てらさんが偉いとか権威とか思って気負ってしまうのは個人の自由でしょうが、それは
てらさんのせいではなくておのおのの心のあり方じゃないんですか?
 西原式への反論あり、それに対するてらさんなりの解釈(反論など)があり、それで
いいではありませんか。コテハンのてらさんがいると反論しづらいと思ってる方が
考えているほど、ここの人たちはてらさんに対して(西原博士に対しても)妄信的ではない
と思います。

 ただ、確かにてらさんはとても勉強されているからその反論も合理的だし、納得が
いきやすいし、結果的にてらさんに同意される方多いかもしれませんね。
 今回てらさんの反論に対して反論封じだとか、てらさんの勘違い(確かにこれはちょっと
軽率ではあったと思いますが)に猛烈な反撃をされた方は、てらさんの的を得た反論が
図星だったので少々過敏反応というか、ムキになっておられるように見えます。

381 :名無しの心子知らず:04/08/23 21:04 ID:mXjDZ/VP
疑問点、不安点

離乳食遅めがいいって話は、おばあちゃん世代(子供にとってのひいばあちゃん)に聞くと確かに「1歳すぎまでお乳だけで育ててた」というので大丈夫と思ってました。
でも現実に、離乳食をあまり食べなかった子が貧血になり、のちのちまで虚弱体質をひきずっている、という例も確かにあります。(貧血状態が3ヶ月以上続くと危険だそうです)
その子が貧血になったのには色んな要因があったでしょうけど、母乳だけで1年育てようとするとき、そういう危険性も隣り合わせであるって知っておいたほうがいいと思う。


382 :名無しの心子知らず:04/08/24 00:00 ID:A1cNt0Y0
母乳またはミルクのみで1歳過ぎまで、
1才過ぎたあとも母乳または乳児用ミルク中心で2歳半まで、と説くからには
西原博士自身が母乳育児や乳児用ミルクのことについて詳しくなる必要があると思う。
博士はタンパク質のことに着眼点を置き過ぎるあまり、
タンパク質と同等に大切であるはずの、それ以外のことに目を向けていない印象を受ける。
母乳育児にしても乳児用ミルク育児にしてもタンパク質以外のことにも詳しくなってほしい。
例えば、>>381さんも指摘している貧血の問題。
「貧血にはならないはずだ」という卓上の論理でなく、
貧血を防ぐための母乳育児の方法を説くべき。
肝心の母乳育児の方法については助産婦まかせ、
それでいて昔から助産婦の提唱してきたことを否定する発言。
都合が良過ぎるのではないか?
「赤ちゃんの生命のきまり」ではミルクの危険性を訴え、
「赤ちゃんの進化学」ではミルクで十分と説き、
「賢い赤ちゃんの育て方」ではミルクでも良いと言っている。
最近の発言の中ではミルクのほうが良いとでも言わんばかり。
西原式は確率されたものでも実績のあるものでもなく、
今現在、乳幼児である子供たちを使っての研究段階にあるのかもしれない。

383 :名無しの心子知らず:04/08/25 15:50 ID:5ZFTB8AV
西原先生も日々いろんな方々を診てきたので、それに応じて本の内容も変わりつつあるのでは
ないかと思う。例えば母乳育児。昔の人はそれほど苦労なく母乳が出ていたのは
食事が和食中心だったからという話は母乳専門書などに良く書かれている。今の飽食時代だと
質のいい母乳を出し続けるのなかなか難しいようだ。母親の健康状態にも左右される。
母親の消化能力により栄養のバランスの悪い母乳だと貧血になることもあるようだ。
そういう人をたくさんみてきて、必ずしも赤ちゃんにとって母乳がいいとは限らないと思い、
最近はミルクを勧める傾向があるのかもしれない。

384 :名無しの心子知らず:04/08/25 17:42 ID:uTcmO/26
母親の食べたもの、飲んだもの、体調、体質の全てが母乳に反映されて
その母乳を飲んだ赤ちゃんに影響を与えるから
母親は細心の注意を払わなくてはいけないと言うのは分かる。

牛の食べたもの、飲んだもの、体調、体質の全てが乳に反映されて
ミルクを飲んだ赤ちゃんに影響を与えることを
博士は忘れていないか?

385 :名無しの心子知らず:04/08/26 12:40 ID:HBgn2oAM
最近このスレを知った者です。
博士の「究極の免疫力」を読んで興味を持ち、丁度子育て真っ最中だったので、
さっそく「かしこい赤ちゃんの育て方」も購入しました。

ウチは基本的に完母(5ヶ月)で離乳食どうしようか、と言ってる矢先に、
ムスメのアレルギー性鼻炎が発症(血液検査はしてませんが)してしまいました。

夜寝るのにも鼻が詰まって、口呼吸になりがちみたいなんですが、
鼻炎が始まってからの対処みたいな事は博士の著書には書かれてませんでしょうか?
口呼吸が悪いのはわかっていても、どうしょうもなくて・・・。


386 :てら(3歳0ヶ月):04/09/01 04:24 ID:ggpkKR+W
この所、私事に忙しく、書き込みが途中になったままです。
すみません…。

387 :名無しの心子知らず:04/09/06 19:49 ID:hUTy9ki7
西原式を少しずつ取り入れています。
家庭保育園というのをやってみたいのですが、全部揃えると78万とか聞いて
すごく高いなあと思いました。本当にそんなに必要なのでしょうか?
教材費だけで78万なんですかね??
詳しい方いましたら教えてください。

388 :名無しの心子知らず:04/09/07 01:38 ID:pGXGfXma
>>387
78万円?
それは1番安いコースで、5つあるうちの1つだけしか購入できません。
5つ全部そろえようとすると、もっとお高いですよ。

389 :名無しの心子知らず:04/09/07 03:21 ID:ffGvWLtb
そんなことないよ。
メインとされているコースだけなら、30万円くらいよ。
分割もできる。
詳しくは、会社に問い合わせてね。
専用スレもたっています。
育児版、カホで検索してみそ。

390 :387:04/09/07 06:18 ID:n4u0lQpD
いろいろとありがとうございます!



391 :名無しの心子知らず:04/09/12 09:56:36 ID:DX3hUj+O
家庭保育園、友達に進められています。すごくいいみたいですね。
今、気になっています。

392 :名無しの心子知らず:04/09/16 09:43:39 ID:7tPpOTmx
>>388
すみません、気になったのですが、
78万円が1番安いコースなんですか!?ほぇ〜(-_-;)
5つ全部揃えると、どのくらいになるのでしょうか?


393 :名無しの心子知らず:04/09/16 11:00:01 ID:bQLR3seP
家庭*育園は「これをやれば自閉症が治る」と教材を
売りつける、基地外企業だよ。
ドッツ・フラッシュカードは愚の骨頂。

394 :名無しの心子知らず:04/09/17 10:27:48 ID:t6VdfbT3
>>393
家庭保育園をやってきたのですか?
どんな感じだったか教えてください。

395 :名無しの心子知らず:04/09/19 13:49:32 ID:8pfaN8qN
西原式をやってますが、1歳まではミルクでやっていきます。
1歳を過ぎてからの離乳食ですが、どんな感じにやっていますか?
普通の子たちは、ほとんど大人と同じ食事で3回食ですよね。

396 :名無しの心子知らず:04/09/27 11:14:47 ID:NMsR5cLC
>>395
続けてミルクでいいんじゃない?
ただ、家族と一緒に食卓を囲みたがる頃だからね。
楽しい時間を一緒に過ごすようにすると、子どもも食べ物でいたずらすることもなくなった。
夜だけ、やわらかく炊いたご飯と、お味噌汁の具を取り分けて食べさせてる。

397 :名無しの心子知らず:04/10/05 08:10:01 ID:/J36nplC
5ヶ月と9日の娘がいます。(現在は身長68cm、体重7kgちょっとです)
5ヶ月に入った日に、実家にいたので、母にすすめられるままおかゆをあげ始めています。

初めてここのスレを覗いたのですが、読めば読むほど不安になってきてしまいました。
娘はたくさんおかゆを食べますが、今更ながら中断したほうがいいのでしょうか。


398 :名無しの心子知らず:04/10/05 13:16:40 ID:mwU4HEfQ
>397
不安になった位で判断しないでください。
西原流がどういう物かを自分で本を読み、HP等
を見て、よく見極めた上で今後の事を決めて下さい。
それが出来ないのならしない方がいいです。

399 :397:04/10/05 15:47:35 ID:/J36nplC
>>398
すみませんでした。
私には共感できないので西原流はしません。

ただ、ここにいらっしゃる皆さんが、多くの育児書に書かれている通りに育児をしている、
つまり西原流とはまったく違った育児をしている人たちを、どう思っているのか、
そういう事を聞いてみたかったのです。
なんだか、「人それぞれ」と考えるよりも「西原流じゃないとロクな子にならない」と思っていそうな感じがするので。

400 :398:04/10/05 16:48:10 ID:mwU4HEfQ
>399=>>397
え??共感出来ないのに「中断したほうがいいのでしょうか」なんて
聞いた訳??釣り??

私は吟味した上で西原式を選択しなかったクチですが、予防接種を
接種する、しないを自己判断していたり、病院にも滅多に行かなかったり、
牛乳もほとんどあげていなかったり、出来るだけ菜食中心の無添加生活してたり・・・
と、余り「普通の育児書通り」では無い育児をしているかもしれません。

でも「普通の育児書通り」をされている方は、別に何とも思いません。
「どうなのかしら?」と聞かれれば、オブラートに包んで話をする時もあるけど、
そうじゃなければこんな話普通はしないし(変人に見られるのはこちらだしw)。
自分で情報の取捨選択を出来る世の中なのだから、その責任はその人にしかない。
ましてや自分の子供の事。他人がどーこー言う話ではない。

401 :名無しの心子知らず:04/10/05 17:20:55 ID:/J36nplC
>>400
いえ、恥ずかしながら本やHPさえも見ずに、こちらの皆さんの意見だけを読んで最初の書き込みをしました。
とりあえずHPを見に行き、西原流の考え方を読んだ結果、(離乳食の件は)共感できなかった、ということです。
言葉が足りず、申し訳ありません。

402 :名無しの心子知らず:04/10/07 00:01:34 ID:WblRUJi0
私も実はHPとこの掲示板だけで判断して、迷ってました。
でも西原先生の「赤ちゃんのいのちのきまり」という本を読んでとても納得
がいったので、自分なりにとりいれられるところはとりいれていこうと
思ってます。
山西式も取り入れて、10ヶ月ですが米は食べています。
もう見ていらっしゃらないかもしれないけれど、ご参考までに。

逆の「離乳食を早く始めないと大変!」という説を、西原先生以上に
医学的・発達学的に説明している本ってあるのかな。
ご存知の方いらっしゃったら教えてください。

403 :名無しの心子知らず:04/10/07 15:41:19 ID:mnSbnAzH
>402 余りに一般的な話だからあえて本にする必要性は無いんではw?
離乳食を始める時期について色々な本で理由が書いてあったりするけど、
西原先生のように色々な見地から出す程の話でもない、というか?
そんな感じでない?だって、親からしてみれば、同じ席に着いて、親の
箸の上げ下ろしを見て、口パクパクして、ヨダレ垂らして見ている子の
欲求を満たしてあげたい、と思うのが親心のような気がするしさ。
ま、食事風景を見せなければいい訳だけど、それも不自然だよね。
「5ヶ月に始める」とか「いついつまでは始めない」という事ではなくて、
子の様子を見てあげる事が1番大事なんじゃないのかね。

404 :名無しの心子知らず:04/10/24 20:25:45 ID:GBEDlXYw
離乳食を与えると、本当にアトピーがひどくなっていきます。
やめると、きれいになっていきますけどね。
お米だけは与えてますけど、みなさん、何歳ぐらいまでミルクで頑張りましたか?


405 :名無しの心子知らず:04/10/31 21:18:28 ID:NKL3rDiU
雑誌「おはよう赤ちゃん」に
「おしゃぶりが鼻呼吸によいということはありません」と載っていた。
創刊されたばかりだから、まだ他の雑誌ほどスポンサーに気を使うことを
知らないようだ。
ネットや母乳育児の本などでは、おしゃぶりが鼻呼吸によいということは
ないと何度か見たことあるけど、メジャーな雑誌では初めて見た。

406 :名無しの心子知らず:04/11/02 03:26:53 ID:SLX7xg/d
>403
でも、食べたそうにしているからといっていきなり明太子やカレーは
あげないでしょ。
子供の様子をみるのはもちろんだけど、腸の仕組みも考えて、与える
ものや時期を考えるのも親心だと思うよ。

>405
何ページだっけ? みつけられない。
たしか「赤ちゃんはもともと鼻呼吸だから、おしゃぶりによって鼻呼吸に
なるわけではなく・・・」とかいうやつだよね。
でも、離乳食が始まったり言葉を話したりするようになると、どんどん
鼻呼吸ができるようになっていくんだよね。
うちの子がまさにその時期なんだけど、おしゃぶりは歯がためとして使われ
ているので、意味ないかも。


407 :名無しの心子知らず:04/11/02 17:11:19 ID:tkXzl6an
>でも、離乳食が始まったり言葉を話したりするようになると、どんどん
>鼻呼吸ができるようになっていくんだよね。

いいえ。
離乳食が始まったり言葉を話したりするようになると、口呼吸になっていく。
昔は3〜4歳まで母乳を飲んでたから、それが鼻呼吸の訓練になっていたし、
離乳食も1歳過ぎてから少しずつだったから、それほど口呼吸中心になる危険度も高くなかった。
今は早くに断乳してしまうし、すごく離乳食も早いから、
1歳になる前から口呼吸を習得してしまう危険性が高く、病気を招きやすい。
母乳を飲んで鼻呼吸の訓練をする代わりに、おしゃぶりか哺乳ビンで訓練しないと
必然的に口呼吸になってしまい、病気を招く。
でも、昔のように1歳過ぎてから離乳食を少しずつ始めて3〜4歳まで母乳を飲ませていれば、
おしゃぶりや哺乳ビンは必要がない。

408 :406:04/11/02 21:49:10 ID:SLX7xg/d
>407
フォローありがとうございます。
昨日寝ぼけてたから、やっぱり間違ってた。。。
もちろん、
「もともと鼻呼吸がほとんどの赤ちゃんが、離乳食が始まったり言葉を話したり
するようになると、どんどん口呼吸ができるようになっていくんだよね。」
と書いたつもりでした。

西原先生以外の方の本でも、
「おしゃぶりについては“歯並び・・・”とか“鼻呼吸・・・”とか
いろいろな説があるけれど、乳歯の歯並びよりは鼻呼吸の方を優先させた
方がよい」みたいなことが書いてありましたよ。
立ち読みレベルなのですみません。

赤ちゃん雑誌なんかだと、「甘え」など心理的な面からおしゃぶりを捉えて
いて「早めにやめさたほうがよい」ってやつが多いですね。


409 :名無しの心子知らず:04/11/07 16:30:21 ID:jpedGNZ5
つい最近このスレがきっかけで、西原式を知ったものです。
早速、うつ伏せ寝が好きな息子に仰向けトレーニングしようと
昨夜お腹いっぱいになってうつ伏せでぐっすり寝ている息子を
仰向けに直しました。
そしたらしばらくして、ゲポッと大量に吐かれてしまいました。
寝ながらたくさん吐くなんて初めてだったので、びっくり!
かなりびびりました。
おっぱい飲ませすぎだったのかな。
息子は、就寝前寝貯めのつもりか特にいっぱいおっぱい飲んで
ぐっすり寝ます。仰向けで寝かすためには、途中でこちらから切り上げた
方がいいのでしょうか?

410 :名無しの心子知らず:04/11/10 03:36:11 ID:tHWSWlhm
>>409
驚くよね、ネゲロ。
しばらく横向きにしてから、仰向けにしてあげたらどう?
途中でハイ、おしまいじゃあ、かわいそう杉ます。

411 :名無しの心子知らず:04/11/12 20:37:41 ID:u96sPMkG
すみません、一旦あげます。

412 :名無しの心子知らず:04/11/14 20:05:53 ID:ryGgpRTW
完ミルク@5ヶ月児の娘のことで質問です。

カホで西原流の母乳的ミルクのあげ方を知りました。
うちの娘は頬が赤く、癇癪持ちっぽくて、うなったり奇声をあげたりします。

ミルクを一日分”作り置き”して、80〜100ccを1〜2時間おきに飲ませるのって、
ちょっと心配で実践するのを迷います。

この方法を実践されている方、この方法で癇癪や頬の赤いのが直った方っています?

あと、100ccとか飲ませていても月齢がいけば、夜長く寝るようになるのでしょうか?

413 :名無しの心子知らず:04/11/18 17:19:55 ID:8XfwDXh7
鼻呼吸のことが気になって、7ヶ月完母なんですけど、
いまさらおしゃぶりをあげてみたけど、やっぱうまく
使ってくれません。
もうじき8ヶ月ですが、今からでも、おしゃぶりトレーニング
間に合いますか?

414 :名無しの心子知らず:04/11/19 13:51:09 ID:1hx7SXHW
昨日、西麻布の高級料理店で西原博士がおいしそうにアイスを食べてる
のを発見しました。驚きました。

415 :名無しの心子知らず:04/11/19 13:51:30 ID:1hx7SXHW
・・・なんて書き込みがあったら信じますか?(w

416 :名無しの心子知らず:04/11/22 21:32:26 ID:JOBvc07C
おしゃぶり使用しなくても、鼻呼吸は身につきます。

417 :名無しの心子知らず:04/11/25 18:44:59 ID:HKLmiDXo
完母なら、嫌がるのをむりしておしゃぶり使わなくてもいいかもね。
鼻呼吸ができなくなってたら母乳飲めてないはずだし。

ミルクを一日分”作り置き”しなくても、白湯とポットのお湯と
ミルクケース(100CC分をはかり置き)を用意しておけば、
作り置きしたものをあたため直すより手間も時間もかからないし、
衛生面も安心だと思うな。

418 :名無しの心子知らず:04/11/25 20:10:54 ID:CIBZe1dv
>>417
レスありがとうございます。
図らずも自然に100ccくらいしか飲まないようになり、
1−2時間おきの授乳になりました。
なんとなくそうなっていったので、毎回普通に作っています。
作り置きしたら楽そうだな と思ったのですが、温める手間を
考えたら毎回作っても同じですね。
ありがとうございました。


419 :名無しの心子知らず:04/11/26 21:38:44 ID:TGJo1VaF
通りすがりのものです。
うちの子3歳10ヶ月ですが、
西原式の本を読んで1歳まで完全ミルクで育てました。
その結果どうのように育ったかというと、
非常に食べることに興味を持たない子になりました。
ミルク大好きで1歳半からフォローアップ、
3歳すぎても哺乳瓶で牛乳飲んでいました。(これがメインディッシュ)
大人と同じ食事ができるようになったのは
3歳をずいぶん過ぎてからです。
わが子の食の細い姿を見るにつけ、
西原式を選択したのは間違いだったのではと思ってしまいます。
本当のところはわかりませんが・・・
おかげさまでアトピーなどはありません。


420 :名無しの心子知らず:04/11/26 23:01:24 ID:1b7vNo/M
牛乳飲むとお腹いっぱいになって食が進まないみたいですよ。
西原式だと乳製品は進めないとも聞いたような。。

421 :名無しの心子知らず:04/11/27 19:49:13 ID:SwlBBklq
牛乳もフォローアップミルクも勧めてなかったと思うけど・・・。
西原式でもちょっと違う方向へ行ってしまったのね。

422 :名無しの心子知らず:04/11/28 00:09:06 ID:B3JqoiCC
>>419
それは西原式ではない気がします。
うちは半年まで混合、西原式を知った半年目から1年までは完母でしたが、
1年4ヶ月の今はすっかり脱落してしまい、もりもり食ってしまっています。

423 :名無しの心子知らず:04/11/28 23:07:48 ID:hQ/JihYJ
1歳までだけでも完母だなんて素晴らしいですね。
うちはジジババが食べさせたがって大変です・・・。

424 :名無しの心子知らず:04/11/29 01:02:58 ID:bV4ZEoIj
うちはぎりぎりまでミルクだけで行こうと思っていたのに、本人が
とても食べたがって1歳になる前に離乳食を始めてしまいました。
じらして「食べたい」という気持ちがMAXになっていたからか、
5ヶ月くらいから無理やり食べさせていた子より、10ヶ月から始めた
うちの子の方が、1歳0ヶ月現在ではたくさん食べているようです。
離乳食の本を見ても、標準よりもたくさん食べているみたいです。
食べたがらない子には、親が楽しそうに食べる場面を見せたりして
本人の意欲を育てることが大切だと思います。

牛乳のがぶ飲みはたしかよくなかったよね。
ttp://www.maff.go.jp/www/houdo/houdo/001110houdo-1.htm
ttp://newscience.air-nifty.com/blog/2004/07/post_5.html

232 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★