5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

クラブフジフイルム

152 :懸賞スキスキ名無しさん:03/10/30 14:02
圧力鍋は気密性を高めて高温・高圧の状態(100度C以上の高温)に
することにより出来上がるまでの(全体の)時間を短くするお鍋と言えましょう。
ただし、高温・高圧の状態なので、調理時間の管理には注意(調理時間を厳守する)が
必要となります。

一方、シャトルシェフは出来上がりまでの時間は短くなりませんが
(通常の調理方法とほぼ同じ)短時間(多くは5〜10分)加熱した後は
(お鍋を保温容器に入れるだけで)ほうっておくだけで保温の力で調理します。
プロでも難しい80〜90度Cといった微妙な温度加減を簡単に実現します。
加熱し続けながら

1.煮えすぎない(素材のよさを引き出す、栄養価が高くヘルシー)
2.煮えくずれしない(見栄えがよい)
3.味がよくしみ込む(普通は温度加減のテクニックが必要で難しい)
4.焦げ付かない

といった調理特性があります。いずれも火加減の手間が要らず
それでいて火加減の失敗がありません。


116 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)