5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【怒り】ハゲの署名を集めて政府を動かそう【爆発】

1 :毛無しさん:04/11/07 03:27:52
親愛なるハゲ達よ今その時がきた!
俺達ハゲはそろそろ立ち上がらなければならない。
ハゲの苦痛 ハゲであるが為に我々が受けてきた仕打ち
そして世に悪徳業者を野放しにしたまま見て見ぬふりをする政府への怒り
その旨を実際に政府機関に訴えよじゃないか
ハゲ達よ 立ち上がれ!


2 :毛無しさん:04/11/07 03:31:25
2げと

3 :毛無しさん:04/11/07 03:32:33
発毛方はあります でも世にでません
なぜならハゲ業界は私達が思ってる以上に世界中で利益があるからです

4 ::04/11/07 04:15:30
お! もう3レスもついてるじゃないか
>>1>>3は俺だけど

5 :毛無しさん:04/11/07 16:33:52
医療用カツラなんて名乗るなら保険適用にしてくれ...

6 :うぇ:04/11/07 16:35:38
マジ参加希望
団体つくろうぜ


7 :毛無しさん:04/11/07 16:39:51
すでに有効な発毛法があって、政府が意図的に見て見ぬふりをしているなら
政府要人のハゲ達が職権乱用して自分のハゲだけでもどうにかしたいと思いそうなもんだ。

8 :うぇ:04/11/07 17:33:30
俺の独自の視点から分析してみたことを書くと、
1、まず薄いかな?とおもいはじめるが鏡をみてまあたいしたことはねえなと思う
2、風呂場で頭を洗っているときにふと手につく抜け毛がきになり、頭の薄さと連動して
  少し悩みが深刻になってくる
3、友人に指摘されるようになり、まわりを意識するあまり積極的な行動ができなくなってくる。
  それと同時にもうハゲキャラで生きていこうかどうか考えるようになる
4、完全に額があがってきていることが誰からみてもわかるようになり、軽い対人恐怖症
  状態になる
俺の過去から現在はこんなかんじだ。ちなみにMハゲ19歳ソリコミ部分は指7本分は
はいるくらいのヤバさ。俺が気にしてるのわかってるのに話をしてるときに
目線を上のほうにもってくるクソな友人。
許せねえ

9 :さやいんげん:04/11/07 18:03:42
>>8
お前か、自称イケメンの痛い奴は…
指7本とはお気の毒ですねw僕は少しつむじが
気になる程度なので、君とは天と地の差があるわけだ。

10 :うぇ:04/11/07 19:41:18
>>9
うるせーよ、だまってろ糞ハゲ。

11 ::04/11/07 19:47:08
もうこんなにたくさんの人が集まってくれているのか
俺の意見にこんなにもたくさの同士達が賛同してくれて素直にうれしい
2010年をめどにこの団体を強化していこうじゃないか
では。

12 :うぇ:04/11/07 20:13:38
偽者うぇよ俺とお前は一心同体!

13 :毛無しさん:04/11/07 21:02:17
政府と言うよりも…
竹中大臣に、何使って回復したか聞きたい!

14 :毛無しさん:04/11/08 02:14:25
しかし圧力なんて本当にかかってるのかな…

15 :毛無しさん :04/11/08 03:43:13
ハゲに明日は無いんだよ!

16 :毛無しさん:04/11/08 06:27:26
このようなスレが伸びないかぎり発毛技術の進展はないといってみる

17 :毛無しさん:04/11/09 00:00:03
マジなんとかしようぜ

18 :毛無しさん:04/11/09 00:04:38
みんながんがろー!

19 ::04/11/09 01:22:53
今英単語帳を浴槽で読んでたんだがハゲが気になって頭に入らなかった
こんなの理不尽だ!
そこで俺は今考えた みんなもう育毛剤や育毛グッズなんて買うんじゃない!
このままズルズルそんなもん買ってたら業者は今の現状で満足しやがる
そうなったらもう手をつけられない というかもうそうなってるのかもしれない
だがしかし俺らが買わなくなったらどうだ?
絶対に髪が生えるって確証がなかったら買わないっていう俺らの態度を示したらどうだ?
そうなればしょーもない商品しか開発できない業者は手をひくんじゃないか?
力のある業者は今まで以上に真剣に焦りをもって研究するようになるだろう。
俺らの態度も悪いんだ 新商品が出たらそれが本当に効果があるかどうかもわからないまま
安易に手を出す
それじゃいかん 
政府機関をハゲ薬開発に動かすのは正直難しいだろう
だが一般の業者ならどうだろう 前者よりはよっぽど現実味を増すんじゃなかろうか

業者はしょうもない広告、CMいっさいやめろ!
そして本当に効果のある、素人目で見ても確実に効果のある商品を開発しろ!
宣伝なんてそっからだろう しょーもない事に金を使ってんじゃない!

皆の協力を求む!






20 :毛無しさん:04/11/09 01:39:38
>>19
ワロタがちょっと納得

21 :毛無しさん:04/11/09 02:33:23
協力するから髪をくれ

22 :毛無しさん:04/11/09 03:11:23
19の考え方にはかなり共感できます。この板全体の人が同じ思いになると良いですね。
俺は協力させてもらうよ。

23 :毛無しさん:04/11/09 03:15:11
1へ。応援するから頑張ってや。

24 :毛無しさん:04/11/09 05:23:08
危険なハゲどもだな

25 :毛無しさん:04/11/09 05:24:22
>今英単語帳を浴槽で読んでたんだがハゲが気になって頭に入らなかった
>こんなの理不尽だ!

これは業者や政府の責任じゃなくお前の問題だろ

26 :毛無しさん:04/11/09 07:19:59
ていうか、マジスト起こしたいですよね、、

27 :毛無しさん:04/11/09 08:44:11
24 オメーじゃまだ、
あっちいけ、シッシッ

28 :毛無しさん:04/11/09 08:47:14
  ┌r┬‐r┬┬┬─────ァ──────r────── ───┐
  | ∨  ∨ |::│  \从/ /    そ お   ヽ    ┌─────‐┤
  | O   O  |::│ζ       {    れ い   )    !   | ̄ ̄ ̄ ̄ !
  | ||   / ̄ ̄ ̄ ̄\   〉 エ タ  ハ  く   ,.-'─‐‐┴、     .|
  | O  /  u      \ {  サ マ ゲ   ) ∠_      \=====!
  |   /\   ,へ.__, ,_ノヽ | \ ! ! の ! !  ノ / ,へ\     ヽ   |
  |   ||||||| u (・)  (・) |   `ー──、r─'  l/    ヽ     )   |
  |   (6-------◯⌒つ |        `    | ・)   ゝ    ノ._   !
  |   |    _||||||||| |           ⊂    6)   /  ヽ  |
  |    \ //__/ /           ∠_\  ゝ  (   .) !
  |    q' ̄ 了=ァ─‐く__             )_ノ / ヽ__人__ ノ  |
  |    / \__ノ /    _ノ`i ヽ.           `ーイ,──‐┴、    |
  |    \__/ \_r=く___ノ‐'             , ┴──┬‐┴、   !
  ├──┴─────┴───────、  /  ヽ \  l  / .!  !
  | r=====、  ,-=======-、          \ |    i  \ l / .|  !
  | \____/ ((>++++i>))           `!    |    *  !  |
  |   ̄    `ー======‐'             |    !  / l ヽ、 | │
  └─────────────────┴─‐┴─‐─┴─‐┴┘


29 :毛無しさん:04/11/09 17:10:52
がんがろー

30 :うぇ(2日目):04/11/09 17:24:56
マジでこの板にはネタとか馴れ合いはいらねえ
そんなことしても現状が改善されるわけじゃねえし
まずここの板の住人の意識を多角しなきゃだめだ

31 :毛無しさん:04/11/09 17:47:05
多角ってなあに

32 :毛無しさん:04/11/09 18:02:16
なんだろ?

33 ::04/11/09 19:54:53
最初にいっておきます。 ネタじゃないです
本気です。 革命です。 ハゲ革命です。
我々は今の現状を打破しなければならない
ハゲって言葉が付くとマヌケな感じに思うかもしれないが本気です。
現状を改善するにはまず小さなことからでも行動しなければならない。

古代ギリシアでのペルシア戦争を思いだしていただきたい。
ギリシア軍は大軍のペルシア軍を相手に見事勝利した
それはギリシア軍の兵が傭兵ではなく自分個人のために、家族、財産のために戦ったからだ

俺達も自分のハゲを治すためにがんばろう。
お互いのために 

具体的には育毛グッズには手を出さない 
そこから始めようじゃないか 金もかからない 何も問題はないんじゃなかろうか

他にも意見を求む
皆で考えましょう 自分のために!



34 :毛無しさん:04/11/09 20:22:26
仮に 団体が出来て TVにでたとしても
絶対 お笑い扱いされる。
ニュースステーションの司会者笑いながらニュース読むだろうな

悪徳育毛業者とか 効果のない育毛剤を訴えるとかなら してほしい。
買ってはいけない という本が昔あったが そんな感じの 本つくるとかさ。

でも ハゲ頑張っても 笑われるだけだし。


35 :毛無しさん:04/11/09 21:19:23
1「革命だ!みんな立ち上がれ!」
俺「なにやるの?」
1「育毛グッズに手を出さない」


36 :毛無しさん:04/11/09 21:22:41
がんがれ! もっとがんがれ! みんながんがれ!

37 :毛無しさん:04/11/10 01:56:58
新聞に投書!

38 :毛無しさん:04/11/10 03:47:40
↑まじで同意!!

39 :毛無しさん:04/11/10 03:49:19
リッツってところですでに毛髪培養やってるって事なのですが
これが本当なら祭りですよね♪!

40 :毛無しさん:04/11/10 03:50:15
えっ、何それ??詳しく教えてください?

41 :毛無しさん:04/11/10 03:50:44
えっ、何それ??詳しく教えてください?

42 :毛無しさん:04/11/10 03:54:10
なぜに二回も笑?なんか、毛髪培養の事しらべていましたら
リッツというところにヒットしまして、、まだ連絡はしてない
のですが、すでに行われているっぽいので高期待できるかなと。



43 :毛無しさん:04/11/10 03:56:23
なんだと、、それが本当ならまじで祭りですね!!リッツか、調べてみますわ〜
情報ありがとさんです!

44 :毛無しさん:04/11/10 04:57:46
それ、本当ですか?

45 :毛無しさん:04/11/10 05:17:31
リッツ業者の自演だって
何度騙されればきがすむんだよ

46 :毛無しさん:04/11/10 05:36:57
そうなんすか?リッツって調べたら一応毛髪培養のことかいてありましたよvv
本当に施術されてるのかはわかりませんが、、どうなんでしょ?

47 :毛無しさん:04/11/10 18:40:00
うん、たしかにかいてあった。でも本当に施術されているのかな??

48 :毛無しさん:04/11/11 01:42:54
未確立だって書いてあった。

49 ::04/11/11 01:50:06
禿げしい目の疲れと脱毛に泣かされている1です。

新聞に投書ですか 読売の社説のテーマにでも取上げてくれたらいいんですがね
ハゲ業界の実態とかで 



50 :水野 ◆JuZyz8E8zM :04/11/11 01:51:35
ハゲに人権なんてないよ。
ばけものがなに生意気なこといってんの?
臭いから死ねよ。くそはげ

51 :けいぞう:04/11/11 01:57:12
育毛ソリューション!
http://homepage3.nifty.com/~kaneko/

52 :毛無しさん:04/11/11 02:13:00
わらにもすがる思いで悩む人たちは、人の目を避けるが故に、
理不尽なことでも一個人の不満の声として
結束されず分散されたまま、業者、そして社会に届かない。
髪に悩みのない人は、その現実も知らないまま。

53 :毛無しさん:04/11/11 05:40:34
テレビはまず取り上げないな。
育毛産業は朝、昼、ゴールデン、プライム、深夜とたくさんの枠を買い上げてくれるカッコウのお客だし。

54 :毛無しさん:04/11/11 08:40:15
やっぱり投書かな。ここの板を見てから投書しました。
育毛業界の現状を取り上げて頂きたく思います、みたいな感じで。


55 :毛無しさん:04/11/11 20:20:51
>>48未確立でもいい!本当にやってくれるならやってほしいっす!!

56 :毛無しさん:04/11/11 20:46:42
うぜえぞリッツ

57 :毛無しさん:04/11/11 23:33:13
ダイナマイト持って国会議事堂で自爆。
これを禿が何人かで繰り返せば、国も動かざるえないでしょう。
そこまでやる覚悟はあるのかな>>禿共?

58 ::04/11/12 00:24:19
今日いきなり母親にワカメご飯の素を手渡された1です。
母の優しさを感じたが心の中でそんなもん意味ないんだよこっちは!
なんて思っちゃいました。

巷で噂のリッツなるものは一時置いといて>>57にとりあえずツッコむと
まさに本末転倒、命なくして髪有らず。
覚悟どうこうというよりそれこそハゲの肩身が狭くなるだけのこと。

今日も我らの髪様は厳しいですね では



59 :毛無しさん:04/11/12 00:32:09
ハゲが国会議事堂で自爆ってアンタ
そんなハゲが増えたら禿げるという理由だけで
旅行にも行けなくなってしまうわ

60 :毛無しさん:04/11/12 02:06:11
たしかにリッツはうぜ。しかしはえるならすべてを肯定してやる。髪のこときにしなく
なるくらいはえるならそれですべてはいい。

61 :水野 ◆JuZyz8E8zM :04/11/12 02:16:42
ハゲなんて犬の糞以下なのに署名集めてなんになるの?


62 :毛無しさん:04/11/12 05:54:49
フサの小泉に言ってもむだだよな。禿の気持ちわからんからな。故・小渕なら・・・。

63 :毛無しさん:04/11/12 06:04:02
ハゲのためにハゲ予算くんだりしたらフサから暴動がおこるよ。
血税でなにしてくれてんだって。

64 ::04/11/13 01:29:28
髪様から近い将来ノックのポストを約束されたハゲエリートの1です。
一日のうち一番気を使うのが洗髪時なんてフサには考えられないでしょう

つまりハゲが治れば今までハゲに悩んで自分の能力をフルに使えなかった
人達が結果として多大な利益を国にもたらすでしょう。
景気も落ち着くんじゃないでしょうかね いや、回復するんじゃないですかね

どっちにしても業者以外幸せになれるはず
政府は国民の意見を反映させるべき それができない政府なら創りかえるべきだ
なんて危険な考えが頭を過る今日この頃
ある種のやり場のない怒りを政府に向けてるだけだってことは分かってるが
それだけハゲっていうのは当人には深刻な悩みなんですな




65 ::04/11/13 01:30:25
おまえいい加減スベってるって気づけよ

66 :毛無しさん:04/11/13 01:31:29
ハゲどうしがハゲましあうスレですか?ここは

67 ::04/11/13 01:38:59
すべるも何もいたって真剣でネタスレじゃないし

もしかしてネタスレだと思われてる?

68 :毛無しさん:04/11/13 01:53:58
>>65
ハゲにスベるってゆうな

69 :毛無しさん:04/11/13 03:15:34
>>67
1は情熱的で多少ユーモアがある人だろうなぁと俺は思う。
決してネタスレじゃないって19 や 33の文章読ませてもらったら
わかるよ。
気にしないでこのままのスタイルを続けてください。
他の板より真剣度かなり高いよここは。
笑いを求めてる人はスレ違いだね。         
                       1の支持者 2げと&22                         


70 :毛無しさん:04/11/13 20:43:24
圧力団体の方が良い
一は名前と住所さらして月二千円の会費で圧力団体作れ
ほんで生えない薬売った業者には百億円の賠償を要求できるように法改正汁

71 :毛無しさん:04/11/13 20:56:54
月額二千円ぐらいならなんとか払えるハゲを百万人集めれたら

年間二十四億円もの圧力を政治にかけることができる
多分損害賠償百億も行けるはず
そうなれば業者もペテン品は販売出来なくなる

72 :毛無しさん:04/11/13 21:43:21
一がマジでやるなら協力する
せめてトリップぐらいつけて捨てアド晒せ

名前#好きな文字
でトリップは付く

73 :毛無しさん:04/11/13 21:52:01
俺も協力したい。
しかし今までこういう団体が設立されなかった経緯は、
やはり世論のせいなのだろうか。
あと、ハゲがこういう団体作ること自体笑いのネタみたいだからかね。
なんにせよ理不尽だな。

74 :毛無しさん:04/11/13 21:59:50
心強い
よろしくお願いします>>73

75 :毛無しさん:04/11/13 22:22:14
オイ!禿共!!
お前等、ダイナマイトで国会議事堂へ自爆しに逝く前に、
トリップぐらい付けておけや。
http://tripsage.hp.infoseek.co.jp/
PCの性能が、キミ達の発毛能力より劣るPCじゃなければ
「DURA」とか「HAGE」が大体数分で探せるぞ。
ここで使うのは、10桁用だぞ。tripper+の方だ。
分ったかはげ!

76 :毛無しさん:04/11/13 22:24:47
思ったんだけどさ、今まで様々な圧力団体が設立されてきたわけだが、
ハゲ差別に対する圧力団体ってなんか未来永劫できなそうだよな…。

金さえあれば圧力かけられるから、なんとかならないもんか。

77 :毛無しさん:04/11/13 22:34:34
まあ、恥ずかしいのもあると思う
でもここで勇気出さないと
ずっと発毛、育毛詐欺の餌食になる

毎月何万も無駄な金払うなら
月々二千円で圧力かけていく方が効率的じゃないかな

78 :◆yhrcOTlHoI :04/11/14 02:30:06
何人かの方々が賛同してくれて素直にうれしいです。 ありがとうございます。

今後更に賛同者も増えることと思います。 いろいろな意見も出てくると思うんですが
僕一人でまとめるには無理があると思うのですが、そういう事も含めて皆で協力し
正しい方向に進めたらいいなと思います。

僕はこのスレの、もしくは団体のリーダーではありません。
ただこのスレを立てただけの者です。 
そしておそらく諸事情で来年の春まで毎日は顔を出せないと思います。
でも現状に不満を持っていてどうにかしたいってのは本当なんです。
だから個人的には緩やかなハゲ革命を想定してるんですがどうでしょう?







79 :2 (1の支持者):04/11/14 03:19:09
1は2010年をめどに考えてるみたいだけど、それまでもちこたえれるかな?
緩やかなハゲ革命でも俺はかまわないけど少しづつでも何か形の見えるものに
していかないと賛同者は増えるどころか減るかもしれないね。

あと1だけに責任、負担を押し付けるつもりは無い。
俺が今日から2やったるよ。2げとしたのも俺だし。22と69書き込んだし。
リーダーに仕立て上げるつもりも無いのだが、
1がいなくなったらこのスレは続かないだろう。
俺も消えるよ。

80 :70:04/11/14 10:25:29
もちろん君が全部責任を負う必要も無い、初期費用の一部やホームページ設立の負担は私が負っても良い
あと、他の負担もみんなで協力して頑張っていけばいいさ
ただ、君が少しでもやる気の無い態度を示すとこう言う企画はあっという間に廃れる
そういうのを俺はかず多く見ていたよ
もし代わりに仕切る人がでないなら、君がスレをたてた責任をもってかわりの人をさがし、その人が見付かるまでは代表をしてほしい

81 :◆yhrcOTlHoI :04/11/15 00:18:48
1です。 やる気はあります。 これはボランティアではなくて自分のためですから。
>>2
正直髪はもう隠せるか隠せないか位になってて手遅れです
でも皆そうだと思うんですがこのことだけに時間をさける人ってそんなに居ないと思うんですよ
だから穏やかな流れでやってくのがベストなのではと思います。

>>70
僕のやる気がなくなるのはフサになったときです。 
仕切る人っていうのは僕には荷が重いですが立てた以上できる限りがんばります

さて、本題なんですが具体案がまだ出ていません。
そもそも署名を集め訴えかけることを主にするのか団体としてそれこそ
圧力団体にまで発展するのか
まずは方向性を決めるべきだと思います。

そしてどちらにしてもそれなりの専門的知識が必要になってくると思うんです
僕には残念ながらそういう知識がいっさいありません。
なので僕が始めにやろうとしたのが業者の製品に手を出さないでおこう
というだけの呼びかけでした。

実際のところどこまでが法に触れるボーダーラインかがわかりません。
だから当分は表立った行動はできないと考えています。










82 :2 :04/11/15 01:16:16
>>1まずは方向性を決めるべきだと思います。

了解。じゃあとりあえず当分、個人の生活に支障のないレベルでの板議論活動に徹して
その後、良い案が出ればアクションを起こすという方向性になるのかな?






83 :毛無しさん:04/11/15 02:08:54
趣旨に賛同します!応援してます!

84 :毛無しさん:04/11/15 02:25:41
バカバカしい・・・。

と思うのは俺が真のハゲではないからか?

85 :70:04/11/15 07:39:53
俺は圧力団体を作るべきだと思う
署名でも良いんだが署名にすると、署名を集める事事態かなりの手間になるんだよね
街頭に出て署名を集めないといけないから手間もかかるし人手もかかる
もちろんハゲのための〜、と訴えるわけだから精神的負担もかかる

圧力団体なら金は多少かかるがネットで組織することもできるから精神的負担は少ないし
政治に素早く意見を反映させることもできる


86 :毛無しさん:04/11/16 06:28:35
>>70作ったら必ず入りますよ!

87 :毛無しさん:04/11/16 08:59:40
実は、きちんと生える薬が有ったりして・・・。
でも、それを使うと笑いものが居なくなるから、
販売しない。これが真実かと。。

88 :毛無しさん:04/11/16 09:08:06
逃げ/               \ちゃ駄目じゃ
逃げ|_ --――― - _       |ちゃ駄目じゃ
逃/      _ -――ヽ\     |げちゃ駄目じゃ
逃/   / ̄        ヽ \   .|げちゃ駄目じゃ
逃|  / -―、     ,-―- ヽ \  |げちゃ駄目じゃ
逃|  |  ̄ヾゝ/  ヾ/_/ ̄ \_\|げちゃ駄目じゃ
逃ヽ  | >==、     ,,==<   ミミニ |げちゃ駄目じゃ
逃げ\| }_(o;)」 》   L(o;)_{   ミ/ ヽちゃ駄目じゃ 
逃げ |    (⌒         ミ /  |ちゃ駄目じゃ 
逃げ |  (_  ゝ ^    _)   ミ ゝ /ちゃ駄目じゃ  
逃げ |  ヽ ̄⌒ ̄ ̄ /     ミ_/ちゃ駄目じゃ
逃げ |   \, ―-―、ノ    /|ちゃ駄目じゃ
逃げちヽ     ̄二∪   / |ゃ駄目じゃ
逃げちゃ\_    _/  |駄目じゃ
逃げちゃ駄目\  ̄     /じゃ
逃げちゃ駄目じ \       ゃ



89 :毛無しさん:04/11/16 09:41:39
俺は業者じゃないけどさ、お前ら自らかってにハゲだしたんだろ?
ハゲの団体つくって世の中からハゲ団とかバカにされたいわけ?
言っておくが、一般人なフサはハゲなんか眼中にないぞ
黙って育毛にはげめ!そのうち黙ってやってりゃー生えるかも
しれなぞ?お前らは身の程を知れ


90 :毛無しさん:04/11/16 09:56:05
業者乙

91 :毛無しさん:04/11/16 10:43:40
>>89
黙ってろデブ

92 :毛無しさん:04/11/16 11:08:25
>>91
まあまあ落ち着いて
しょうがないよどこにでも説教バカはいるんだから


93 :◆yhrcOTlHoI :04/11/16 18:57:04
電車に乗ってて自分より年上のフサを見るたびに空しくなる1です。
>>2
そんな感じでいけたら良いとは思うんですが僕自身は来年の春頃までは
訳あって行動とまではできないんですよ。
もちろん行動するのは自由ですし何も僕が判断してどうこうっていう訳じゃ
ないんで基本的には自由なんですが僕自身は残念ながらあまりアクションは
起こせないです。
もちろん今の話で今後は積極的に参加っさせていただきます。
>>83
ありがとうございます! フッサフサになりましょう!
>>70
確かにフサに向かってハゲのために署名してくれっていうのは抵抗ありますね(苦笑
圧力団体をネットで組織するっていうのは具体的にはどの様な形になるんですか?
運営者のプライバシーなどは漏れずに行動できるんでしょうか?

>>87
まったくもって同じ事考えてます 怪しいですよほんと

あとすみませんが今週いっぱいおそらく来れないと思います。
来週にはまた戻ってきますんでよろしくお願いします。

94 :毛無しさん:04/11/16 20:02:47
初期は無会費で起こし、有料会費段階で誰か別の人を代表にたてれば
(例えば大学教授などの知識人)
プライバシーは保たれる


95 :毛無しさん:04/11/16 20:04:48
大体の流れとしては
インターネットで団体設立→
会員募集→
有料会員化→
政治圧力を行使

96 :70:04/11/16 20:10:56
よろしく頼みます>>86

大体こんな感じ
いずれにしろ
金を扱うわけだから、身元の確な人間が必要だよ

私は会計のセキュリティポリシーについて詳しいわけではないので助言があればどなたかお願いします

97 :2 :04/11/17 01:39:17
>>70
70氏は圧力団体にかなり詳しいですか?
2はある程度しか知りません。

ttp://www.tabiken.com/history/doc/A/A110R200.HTM

これで読んだ程度以上の知識がありませんので
この板見てる皆さんと私に簡単でよいので説明してやってはいただけませんか?

確かに70氏の言われるとおり署名よりは圧力団体の方が良い案ですね。


98 :70:04/11/17 18:46:37
かなりと言われると困ります。大学などで専攻したわけではないです
どの程度話せば良いのか分かりませんが
2氏リンク先をみたところ分かりやすく書かれていると思います
そのリンクの参照では駄目でしょうか?

99 :70:04/11/17 19:05:21
分かりにくかったら、ごめんなさい、一応説明してみます
簡単に言うと
金か票もしくは情報工作を用いて自分達に有利な政策が実現するように政治やメディアに影響を及ぼす団体です


100 :2 :04/11/17 23:05:23
>>70
ありがとうございます。
了解しました。おそらく私のように圧力団体が良くわからない人もいるかと
思いまして。
ではお互いに研究していきましょう。圧力団体の作り方、創立法などで
ぐぐったんでっすがヒットしないんですよね〜。

101 :70:04/11/18 17:42:23
とりあえず創立に関して以下の事を決めましょう


【活動の主旨】
【会費】
【活動内容】


102 :2 :04/11/20 00:50:38
【活動の主旨】
は俺的に「私たち髪に乏しい者を救う為のあらゆる活動を行うこと」だと思います。
がいかがでしょうか?

103 :70:04/11/21 00:04:58
いいですね
じゃあ、残りは

【会費】月2000円
【活動内容】
・資金、票を駆使しはげの利益のため政治に対する圧力をかける
・発毛・育毛に対する詐欺的な商売を行う企業の根絶を目指す

でいいでいかかですか?

104 :毛無しさん:04/11/21 02:27:53
賛同します。実のあるものにしたいですね。

105 :◆yhrcOTlHoI :04/11/21 23:17:56
どうもお久しぶりです1です。
この1週間で何かどっと髪がしんなりした気がします。

やっぱりお金を扱うとなると知識のある人が必要なんですね。
ネットで団体設立して自分達の判断で悪徳業者と決め付け弾圧するのは
法的には問題は無いのですかね?

何か質問君になってますね自分。 無知でスマソ

106 :2 :04/11/21 23:24:23
>>104
ありがとうございます。まさにおっしゃる通りです。
>>70
レスが遅くてスイマセン。大事な事項だと思うので
じっくり慎重に考えてるものですから。
【会費】
【活動内容】の件もう少し待ってもらえませんか?
それに1が帰ってきてからでも遅くは無いと思うので。
1氏と70氏以外の意見もぜひ聞いてみたいし。

【活動の主旨】についてもう少し煮つめてみませんか?
2なりに、自分たちの利権を守ることを主張しつつ、
他に対して攻撃的、威圧的でなく、不快感を与えないよう、
シンプルにまとめたつもりですが、
皆をひきつける、キャッチコピーが足りませんかね・・・
この辺りは1や70が得意分野だと思うので期待してる。アレンジしてください。
もし本当にこれで良ければ足りない部分は補足事項、注解としますかね。












107 :2 :04/11/21 23:25:30
おっ1おかえり!!!!

108 :毛無しさん:04/11/22 16:03:26
まずフサの小泉が総理大臣じゃあだめだな

109 :毛無しさん:04/11/22 20:25:05
全国のハゲが決起して圧力団体作ったら凄い人数だろうな。
政党もその勢力は無視できまい。

110 :70:04/11/22 21:30:27
>>1
むしろ現在の効用もないような発毛剤育毛剤が平然と売られてる現状が
問題あるわけで・・・・
もちろん無差別に悪徳業者と決め付けるわけじゃないよ
たとえば治験データのインターネットによる公開を義務付けるとか
棄却域に入るようなデータを誇張して販売するのを禁止するために
治験段階で国の立会いを義務付けてすべてのサンプルを公表させる
ようにするとか。いろいろ取れる戦略はあるよ

>>2
はい、分かりました。
ただこう言う事は議論の堂々巡りになったりして
収拾がつかなくなるケースが多々ありますので
ある程度で意見をまとめるようにしませんか?

111 :毛無しさん:04/11/22 21:42:16
>>103
カツラ会社も入れなきゃ

112 :毛無しさん:04/11/22 23:42:09
今の日本は国債とか郵政民営化とかイラクとかで忙しいんだよ。お前等が決起したところで、マスコミや雑誌が滑稽な記事にして、さらに国内での肩身が狭くなるだろ。ちゃんと勉強して、意味のあるものにして欲しいな

113 :2 :04/11/23 01:01:51
>>109
そう!そこなんだよ。
ようは数(票数)の問題なんだよな。圧力をかけるには。
選挙も悪でも多数決で勝てるわけだから。
>>112
厳しいですがごもっともな意見です。俺らはこれを肝に銘じて慎重に行動を
起こさなければ笑いものだ。こういう意見も含めて沢山の意見がありがたいと感じます。
大事にしないといけませんね。確かに今のままでは俺たちは勉強不足です。
ご迷惑でなければ是非またこの板覗いていただいてあなたの視点で
ご指導いただければ幸いです。





114 :2 :04/11/23 01:06:06
>>70
いつもありがとうございます。
よくわかります。多いですよねそういうパターン。
実は70氏にすんなり賛成戴いたのは内心素直に嬉しかったのですが、
70氏も感じたでしょうがずっとsageてたんで
96から103まで実質二人だけで決めたようなもんであっさり過ぎていいのかな?
これはこれでまずいかなぁと思ったので。
112みたいな意見を聞いた上で足元固めないと崩れますから慎重にならざるを得ませんでした。

>>ある程度で意見をまとめるようにしませんか?
そうですね。【活動の主旨】に関する意見がある程度でたところで、
もしくは全く代案が無ければ私のやつでいかせていただきましょうか。

115 :◆yhrcOTlHoI :04/11/23 02:44:12
すみません 今日も遅くなりました

活動内容なんですがなかなか良い案が浮かびません。
でも実をいうと圧力団体っていうのには少し抵抗があるんですよ。
これは逆に自分で立てたスレの主旨事態を否定してしまう形にもなってしまうのですが
今現在の日本でハゲの圧力団体と堂々と宣言してしまうのは逆に危険なのではと考えています。
むしろ消費者保護団体的な幅広い分野での活動の方が有効な気がします。

どうでしょうかね? 矛盾してますよね。 
でもあまりにダイレクト過ぎると返ってマスコミに面白いように扱われて終わりってな風になる気がしたもので




116 :毛無しさん:04/11/23 05:00:44
だったら毛髪培養の第一線の研究チームに研究資金を投じる。

117 :70:04/11/23 09:15:08
消費者保護団体的な幅広い分野での活動で活動すると
相手にする企業が増えるよ
つまり敵になる可能性のある企業が増えるわけ
トヨタもホンダも武富士も東京三菱も野村證券もライブドアもヤフーも
なにかの調子に敵になる可能性がより高くなる
これらの企業と相手をしていくとなるとさまざまな幅広い知識が必要になったり
問題が起こった時に、これらの超一流の企業ともやりあっていかないといけない

まあ、味方もそれなりに増えるんだろうが
わざわざ会費を払ってくれる人は少ないと思う
そうすると人数で稼がなくちゃいけないから、
それこそ、街頭でのビラまきや声かけなど
負担もそれなりに増加するんじゃないかな?

>>1の主張してることは良い事だと思うよ
ただ、そこまで範囲を広げるなら>>1に相当の覚悟がいると思う

118 :毛無しさん:04/11/23 09:16:57
1の馬鹿なたくらみに賛同する大馬鹿がハゲ板にこんなたくさんいるとは
1の自演スレとしか思えない


119 :70:04/11/23 09:37:46
>>70そうですねそれでお願いします。

>>113>>116の意見を取り入れて改正してみました
・資金、票を駆使しはげの利益のため政治に対する圧力をかける
・発毛・育毛・増毛・かつらに対する詐欺的な商売を行う企業の根絶を目指す
・毛髪培養の第一線の研究チームに研究資金を投じる

120 :毛無しさん:04/11/23 09:40:04
自演しすぎ
自分に返答してやんのw


119 名前:70 :04/11/23 09:37:46
>>70そうですねそれでお願いします。

121 :毛無しさん:04/11/23 09:45:24
>>120
うるせ〜よ馬鹿
お前童貞だろwなんでその年まで童貞を守ってるんですか?
天使になりたいんですかw

122 :70:04/11/23 09:50:45
>>115
メディアの件はそんなに心配することないと思うよ
もし仮にハゲを馬鹿にするような報道をした場合
全国のハゲから抗議の電話・FAX・E−mail
が届いてメディアも打撃受けるだろうからね
おそらくそんな馬鹿な真似はしないと思うし

余程暇じゃない限りわざわざ取り上げないと思うよ

123 :70:04/11/23 09:55:16
煽りは基本的に無視の方向でお願いできませんか?
あおりに反論すると余計荒れますので>>121

124 :毛無しさん:04/11/23 09:59:41
↑自演乙

125 :毛無しさん:04/11/23 10:02:45
ここの連中マジできもちわるい
被害妄想のはげしいハゲにだけはなりたくない

126 :毛無しさん:04/11/23 10:04:45
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。


127 :毛無しさん:04/11/23 10:05:15
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。           
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。         
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」             
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

128 :毛無しさん:04/11/23 10:05:53
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。       
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」        
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。             
青空のなかををツバメが横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

129 :毛無しさん:04/11/23 10:07:08
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。       
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」               
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

130 :毛無しさん:04/11/23 10:07:33
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」           
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」     
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」           
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

131 :毛無しさん:04/11/23 10:08:05
ここになんどか書き込んでいるものです。
結局どのような手段で会費集めたり情報を公開したりするんですか?
毛髪培養技術は他サイトでリッツというところがすでにおこなっていると
聞きましたが、その真実味についても調べてみるとかいかがですか?
早くにはげが治る為なら団結いたしますよ。

132 :毛無しさん:04/11/23 10:08:14
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

133 :毛無しさん:04/11/23 10:08:33
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。           
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。        
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」         
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

134 :毛無しさん:04/11/23 10:08:49
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。          
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。             
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。             
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

135 :毛無しさん:04/11/23 10:09:00
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」               
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」         
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。       
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

136 :毛無しさん:04/11/23 10:09:18
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。           
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。         
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」               
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

137 :毛無しさん:04/11/23 10:09:32
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」           
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。           
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」          
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

138 :毛無しさん:04/11/23 10:09:46
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」         
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。         
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。           
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

139 :毛無しさん:04/11/23 10:10:02
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」            
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」         
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。          
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

140 :毛無しさん:04/11/23 10:10:19
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。         
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。           
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」           
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

141 :毛無しさん:04/11/23 10:10:31
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」               
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。            
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。    
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

142 :毛無しさん:04/11/23 10:11:15
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。        
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」         
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。     

143 :毛無しさん:04/11/23 10:11:43
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」               
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。            
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」         
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

144 :毛無しさん:04/11/23 10:12:02
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」           
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。           
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」              
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

145 :毛無しさん:04/11/23 10:12:12
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」             
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」           
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。          
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

146 :70:04/11/23 10:13:00
クレジットカードや
引き落とし、振込みなどを考えています。
情報公開はインターネットですね。

一応私独自の草案ですがほかに良案があれば
そちらの方で>>131

147 :毛無しさん:04/11/23 10:14:08
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」              
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。      
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。          
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

148 :毛無しさん:04/11/23 10:14:28
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。            
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。         
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。                 
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

149 :毛無しさん:04/11/23 10:14:42
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」          
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」      
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。      
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

150 :毛無しさん:04/11/23 10:14:59
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。        
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。              
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。          
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

151 :毛無しさん:04/11/23 10:15:15
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。            
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」           
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。          
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

152 :毛無しさん:04/11/23 10:15:32
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。        
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」        
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」            
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

153 :毛無しさん:04/11/23 10:15:48
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」           
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。              
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。           
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

154 :毛無しさん:04/11/23 10:16:06
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」          
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。              
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」            
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

155 :毛無しさん:04/11/23 10:16:18
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」            
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。            
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。        
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

156 :毛無しさん:04/11/23 10:16:36
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。           
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」             
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。              
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

157 :毛無しさん:04/11/23 10:16:50
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」         
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。            
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。           
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

158 :毛無しさん:04/11/23 10:17:06
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。           
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。          
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」            
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

159 :毛無しさん:04/11/23 10:17:16
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」            
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」           
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」             
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

160 :毛無しさん:04/11/23 10:17:36
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。          
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。        
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。             
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

161 :毛無しさん:04/11/23 10:17:47
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」           
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。
青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。          
もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」            
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

162 :毛無しさん:04/11/23 10:18:39
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」           
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」         
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。      
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

163 :毛無しさん:04/11/23 10:18:55
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。           
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」          
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」          
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

164 :毛無しさん:04/11/23 10:19:08
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」               
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」             
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。           
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

165 :毛無しさん:04/11/23 10:20:52
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」          
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」             
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」         
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

166 :毛無しさん:04/11/23 10:21:04
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」            
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。            
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。         
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

167 :毛無しさん:04/11/23 10:21:23
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。           
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。         
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」                
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

168 :毛無しさん:04/11/23 10:21:35
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」             
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」            
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」            
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

169 :毛無しさん:04/11/23 10:21:57
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。   
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」     
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」    
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

170 :毛無しさん:04/11/23 10:22:41
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。   
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。           
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」         
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

171 :毛無しさん:04/11/23 10:22:53
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」          
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」          
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」          
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

172 :毛無しさん:04/11/23 10:23:10
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」       
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。       
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」         
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

173 :毛無しさん:04/11/23 10:23:21
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」          
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」          
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」      
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

174 :毛無しさん:04/11/23 10:23:38
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。        
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」         
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」         
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

175 :毛無しさん:04/11/23 10:23:47
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」     
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。    
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」     
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

176 :毛無しさん:04/11/23 10:24:01
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。     
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」          
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。    

177 :毛無しさん:04/11/23 10:24:11
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」          
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。    
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」     
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

178 :毛無しさん:04/11/23 10:24:28
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」         
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。         
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。        
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

179 :毛無しさん:04/11/23 10:24:37
共産主義になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。もう冬だというのに木は青々としている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が太陽光を反射していた。
「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」    
昨日までとある一流企業に勤めていた斎藤さんが、ほっとしたように私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは人が人を支え合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。
ロックンローラーは長年使ってきたギターを質に入れ、黒光りする鍬を購入した。
「ロックはもう不要だ。これからは日本中に鍬の音を響かせよう」
一仕事終えた農夫の表情で男は言った。 青空のなかををツバメが横切っていった。   
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
共産主義になった翌日、私は妻とともに脱国をはかった。 もうすぐGWだというのに、成田は閑散としている。
職員の表情は鋭さに満ち、手に構えた機関銃の柄が太陽光を反射していた。
「人間が好き勝手に動ける時代は終わったんだよ」
昨日まで全日空に勤めていた斎藤さんが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは出国許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「許可書の文字を御覧なさい。線が少しにじんでるじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言ってほくそ笑んだ。
職員たちは私たちの財布を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「金はもう不要だ。これからは強制労働の鍬の音を響かせるんだな」   
一仕事終えた工作員の表情で男たちは言った。青空のなかをを軍用機が横切っていった。

180 :70:04/11/23 17:27:18
だいぶ荒れてしまいましたね
これからはさげで行きます
なるべく早くプライベートな議論の場を
もうけたほうが良いかもしれませんね

181 :毛無しさん:04/11/23 19:44:24
ttp://jbbs.livedoor.jp/computer/17813/
一応すれ立ててみました
規制しまくってるので
あらすのはむずかしいです

182 :毛無しさん:04/11/24 16:11:20
a

183 :毛無しさん:04/12/06 20:17:18
あげ

184 :70 :04/12/07 02:07:08
ttp://jbbs.livedoor.jp/computer/17813/
参加者募集中です
よろしく!

132 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)