5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(⊃д`) せつない想い出 その4 (´・ω・`)

1 :代理人:04/05/08 01:51 ID:JjSRGlG8
PART4になりました。
語ってください。
聞かせてください。
あなたのせつない想い出を。

前スレ
(⊃д`) せつない想い出 その3 (´・ω・`)
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1080882408/
(⊃д`) せつない想い出 その2 (´・ω・`)
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1079060188/
(⊃д`) せつない想い出 (´・ω・`)
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1076485631/


952 :1/2:04/06/10 23:25 ID:bECjYk1o
小学校二年生の時。
掃除担当は理科室だった。
掃除の後には理科室の鍵をしめる事になっていた。

当時クラスでは担任の意向で帰りの会(ホームルームみたいなもん)
の時に
「何かいけない事をした人がいたら帰りの会でみんなの前で報告しましょう」
なんてのがあった。

掃除の時、自分はいつからかいじめられるようになった。
言葉だけではなく椅子をなげつけられたり。
泣きながら「ゴメンナサイゴメンナサイ」といってもエスカレートするばかり。
ある日理科室の鍵が掃除中になくなった。
窓際に誰かが隠したのだがそれを帰りの会で

「●×さん(自分のこと)が理科室の鍵を隠しました」

愕然。
自分ではないのに。
先生のコメントは覚えてない。

953 :2/2:04/06/10 23:26 ID:bECjYk1o
そしていじめはさらにエスカレート。

家で布団の中で泣いているところを親に見つけられ
いじめを受けていることを告白した。
当然親は担任に通告。
翌日自分といじめっこ主犯格二人とともに先生によばれた。

先生「どうしてそんな事をしたんですか?」
いじめっこ×2「●×さんがちゃんと掃除をしないからです」

あまりにもひどいと思った・・・。
もちろん掃除はちゃんとやっていた。
でも反論なんてできなかった。
あまりの理不尽さに涙を終始流していた事だけしか覚えていない。

954 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 01:12 ID:ReJ6Mkef
>>953ガンガレ!

955 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 01:31 ID:k+nsRCIf
いじめっこもよく頭回るなぁ〜

956 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 02:28 ID:aNgh35fs
カッターナイフを持って鏡の前で
あいつらの首を斬る…俺はあいつらの首を斬る…
って自己暗示をかければ解決したと思われ

957 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 03:42 ID:T+gayk6A
>>948

お・・・面白すぎるよぉ・・・・。

958 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 06:27 ID:Cu6JepdO
俺もひとつ。

俺が小学一年生のときだから、今から33年前の話。

俺の学校では給食費を毎月生徒が家から持ってきて先生に
提出するようになっていた。提出日は3日間あって、その
間に持って来ればいいことになっていた。

同じクラスのA子はいつも期限に間に合わなかった。数日遅れて
持ってきていた。その度に先生に怒られていた。

毎月の事なので俺は気にもしなかったが、あるとき、先生(若い女教師)
がヒスおこして、その子の手に

「私は給食費を必ず持ってきます」

というようなことを(ひらがなだったと思うが)その子の手に油性の
マジックで書いたのだ。

A子はすごく悲しそうな表情だった。でも俺は知っているのだ。忘れている
わけではなく、その子の親が用意できなかったのだ、といういことを。

実際、貧乏な家の子というのはよくあって、持って来れないというのはよく
あったのだ。俺の家もけっして裕福なほうではなかったからわかるのだ。

それにしてもどうしてあのとき、A子をかばってやらなかったのだろう・・・。
それにしてもあの教師はどうしてあんなひどいことをしたのだろう。

959 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 06:27 ID:Cu6JepdO
似たようなネタでもうひとつ・・・。

同じく俺が小学校一年生のときの話。おれは目立たない子で特に
体育が苦手だった。でも図工が得意で、工作の時間に厚紙で2段ベッドを
作った。ただの2段ベッドではなく、上の段が紐で引っ張ることで上下する
しかけになっていた。

俺はすごいのができたと思い、これはきっと先生に誉められるだろうと思った。
あんなにすごいギミックを組み込んだのは俺だけだったからだ。

クラスみんなの工作が完成したところで、先生がみんなの作品を評価する場面が
あった。

俺の番が回ってきた。教師の答えは意外なものだった。

「ベッドというのが変ね。工作の時間に作るものじゃないわ」

・・・・ベッドのなにがいけないのか俺にはわからなかった。それに何も言い返せなかった
自分に腹が立った。

960 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 06:28 ID:Cu6JepdO
またまた、小学校ネタ。

俺が小学生の頃。ある日、先生がクラスのB子と一緒に教壇の前に立ってこう言った。

「今日からB子さんの名前がかわります。山田さんから鈴木さんに変わることになりました。
みなさん今日から鈴木さんと呼んでください」

クラスのみんなはキョトンとしてなんだかよくわからないようだった。俺もそうだった。

その後、休憩時間にみんなでB子の周りに集まり、

「なんで名前かわったの?どうして?」

としつこく問い詰めてしまった。B子は泣き出してしまった。

そのころは何もわからなかったのだ。その子の親が離婚して名前が変わったことなど・・・。


961 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 06:30 ID:Cu6JepdO
最後にもうひとつ小学校ネタ。

あれは小学校3年のころだったと思う。同じクラスのC君が転校することになった。
クラスのみんなは喜んだ。C君はクラスの嫌われ者だったからだ。怒るとときどき
あばれて手がつけられなくなることがあったのだ。

みんなやれやれだと感じていた。。転校する当日、なぜかC君は学校を休んだ。
変わりにお父さんがきて、C君の持ち物を整理し始めた。みんなはなんとなくお父さんの
まわりに集まった。お父さんは整理しながらこう言った。

「みんなありがとうな。うちの子と仲良くしてくれてな」

みんな何も言えなかった。仲良くなどしていなかったからだ。

962 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 08:25 ID:ZEXG+Bwh
>961
でもそのお父さんの周りに集まってたって事は、
やっぱり仲間と思ってたところはあるんじゃないかなあ。
例えそれが「やっかいな仲間」って認識だとしても。
ほんとに嫌ってたらその子の親にも近づかないと思うんだけど。
扱いにくいお友達を一応ちゃんと受け止めてたように読めたよ。

963 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 10:46 ID:H7NQ2i9S
>>958-961
長文で連投してるから、パッと見コピペかと思った。
せつない想い出というより「小学校の頃の納得行かない出来事」では。
そういうスレなかったっけ?

964 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 15:47 ID:qtYcEvk3
確かあった。そんなスレ。
小学校の頃のアレは、子供ならではの理不尽な行動やら先生の心ない言動に
当時は憤慨モンだったのが、大人になって思い返すと切ない気がする……ってだけかも。

965 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 16:23 ID:ca3WonMO
先生といえば、小学校の時の担任が死んだ。
4〜6年ていう一番生意気盛りを担当したオジイチャン先生で
男子も女子も「君」で呼ぶ「おひょいさん」みたいなおっとりしたイイ先生だったなあ。
当時も高齢だったけど、教頭・校長試験も受けず生涯ヒラ教員で、現場に尽力した人だった。

葬式に出たら、当時の校長、教頭が来てた。
今では教員じゃなくて何かの役職やってるちょっとしたお偉いさんになってた。
俺や他の卒業生の顔を見つけると、足早にやってきて耳打ちした。
「参列してくれる生徒が少ないから、焼香のあとも残ってくれ」ってさ。
教師の葬式で元生徒が少ないと格好がつかないかららしい。
遺族の心情的にも生徒が残ってくれれば嬉しいだろうって。なんだそれ?
校長たちにとって俺たちは「彼はこんなに沢山の生徒に愛されていた」っていう演出なのか?
案の定、弔辞のときに校長は上のセリフをほとんどそのまま言った。
なんでお前なんかに俺らの気持ちを代弁してもらわなきゃならないんだ。
ちゃんと手を合わせたときに自分の気持ちくらい霊前に伝えた。
なんつーか、生まれて初めての葬式だったんだけど、葬式って嫌なもんだね。
喪主になったりしたらもっと嫌なこととか見えてくるんだろうな。

966 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 16:46 ID:aO1uGQZ4
>遺族の心情的にも生徒が残ってくれれば嬉しいだろうって。なんだそれ?

なんだそれ、ってそのまんまだと思うが
なんか利用された感を覚えてむずかってる様だけど、
霊前で手をあわせて祈れる位は大事な人だったのなら、
その残された家族にも気持ちを砕いてあげればいい
大した労力じゃないんだから
これから何回か葬式に出てみれば、参列者の少ない葬式が
どんだけ侘しくて切ないかもいつかわかるかも

967 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 17:34 ID:dDTGLbLf
>>966
確かに。俺は心情的には>>965なんだけど
校長のいう事も理解できるよ。
良くも悪くも校長も気を使ってるんじゃないかなと。
俺も年かな。20代中盤だけど。

968 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 17:49 ID:O0NVEvIV
>>958
> それにしてもあの教師はどうしてあんなひどいことをしたのだろう。

公務員には市井の人々の生活など意識に上らないのです。
役所の対応を見れば分かると思います。
あいつらにとって不況とは物価が安くなって生活しやすいことなのです。
公務員になった友達がどんどんおかしくなっていきました。
まぁそう言う奴等を世の中では勝ち組と言うんですが。

969 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 17:51 ID:c0MOZyDx
>>965
もう少し大人になればわかるよ。

葬式って、残された家族のためのものなんだよ。
演出だとしても、カッコをつけさせてあげたいじゃん。死んだ人に。
おじいちゃんはこんなにたくさんの生徒に好かれていたんだって
思ってもらいたいじゃんか。

弔辞もそう。
みんなの気持ちを代表して「遺族」に伝えるのが弔辞です。
手を合わせるだけじゃダメなんですよ。
生まれて初めての葬式だからわからないことはたくさんあると思いますが・・・
いつか、肉親が死んだときにわかりますよ。

970 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 18:05 ID:TmugdwMm
葬式って、遺族も含めて参加した人のための儀式だよね。
去年祖母を送った時に改めてそう思った。


971 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 18:28 ID:E4LAzGsT
子供の頃のある日、
やけに親父の洗濯物が多かったので
冗談交じりに
「おい、父さんうんこ漏らしたんだろ(ケケケ」
と言ったら本当にそうだった。

972 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 19:09 ID:Y+IPI2Kl
自分の結婚のとき。決まったのは初夏で父の3回忌のあとだった。
自分は式も披露宴もしないつもりだった。
だけど、父の3回忌の後入院し、もう夏は越せないかも、という状態のじいちゃんに
結婚の報告をしたくてドレスの写真を撮って持っていった。
チラッと見ただけで「いっぺん見ればいい」と憎まれ口をたたいたじいちゃん。

その後、旦那側の意向で式も披露宴もすることになり、準備を進めるうち、
なんとなくじいちゃんは式も披露宴も出られないな、という気がした。
あかんぼから幼児までの数年、じいちゃんばあちゃんに育てられた分、
何となく、そう思えて仕方なかった。
ドレスは買った。買えば式より前に何かあっても、いや、多分あるけど、
病院で着替えてじいちゃんに見せられる、と思って伯父に相談して段取りしておいた。
結婚式の3週間前、「おじいちゃん元気ないって」という連絡があって
お見舞いに行った。金曜の夜仕事が終わってから高速バスに乗り、
次の朝病室に伯父と一緒に行った。もう声にならないのに、色々話すじいちゃん。
「あのね、ドレスね、買ったの。だからね、おじいちゃんに一番先に見せにくるよ。
あとね、ちゃんと花束贈呈もしたいから良くなってね」と、話した。
じいちゃんも色々声にならない話をしてくれた。
ドレスは結局間に合わなかった。お見舞いの次の日他界した。
間に合わなかった、と思った。
父の葬式のあと、どんどん弱ってしまったじいちゃん。
あの3回忌のあと、急に弱った気がする。
本当はおじいちゃんの車椅子押して、バージンロード歩こうと思ったんだよ。
じいちゃんが「○○(私)の御祝儀にでる、△△(父)の代わりだ」と
招待状を見て言っていたと聞いた。ドレス姿だけでも見せたかった。
いまでも「間に合わなくてごめんね。ありがとね。」と思う。

973 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 19:22 ID:dcDIu9yg
>>958
なんてヒドい教師だ。でも33年前だったらよく事情がわからんなぁ。
>>959
芥川のやつに似てるな。
先生:美しいものは?
芥川:空
先生:そりゃ変だ。
っていうやつ。


ってだいぶ遅レスだったなorz

974 :Harry ◆Zonu/EfQJ. :04/06/11 19:38 ID:+FRiWs3m
>>6
(;´д⊂)

975 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 19:56 ID:k+nsRCIf
>>972
じいちゃん系の話は弱い(´Д⊂

976 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 20:04 ID:Xf4F0a9t
ぐおーーー、じいちゃーん

977 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 20:27 ID:oRNJOX4I
>>973
空じゃなくて雲だったと思う

978 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 20:58 ID:WlvcQpji
>>914
亀れず

1行目で泣けました(・∀・)

979 :965:04/06/11 21:06 ID:ZdyivMth
>>966,967,969
レスありがとう。
まあ確かに俺はまだまだ社会経験少ないので、
社会での常識とか分からないことは多いけど、
その元校長の態度が、俺にはなんだか釈然としなかったのです。
俺たちのことを「生徒」っていう単なる記号として扱っているだけみたいな。
例えば、花輪はここ、椅子はここ、っていうのと同じで俺たちが「配置された」気分になったので
そういうので俺たち「生徒」が残ってても先生にも遺族にも悪い気になったのです。
そんなことわざわざ元校長から言われなくても、ちゃんと弔う意識のある人は残るし、
元校長に会って挨拶もなく、開口一番「ああ、君ら残ってね」なんて言われたものだから
はあ?なんだそりゃ、と。

校長の言うことも理解できるけど、やっぱり「お前に言われんでも!」っていう気分でした。
遺族のため、ってのも分かるけど、俺たちは遺族を慰めに来たんじゃなくて
先生を弔うために来たんだ、という意識が強かったので頭が回りませんでした。
きっとやっぱりこれが、若いから分かってないんだ、てことなんでしょうね…。
分かるようになって、死者への気持ちよりもそういった配慮の感情のほうが強くなるっていうのも
大事だし大人だとは思うけど、なんだか嫌だなあと思います。スレ汚しスマソ。

980 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 21:39 ID:cDT/cDjB
>>979
先生を弔うだけなら、お葬式をしなくても心の中で手を合わせるだけでもOKだと
思います。でも、やっぱり「式」という形は必要だし、それを事務的にミス無くとりおこなえる
人も必要だと思います。
元の職場の人の役割っていうのは、そういう事務的なものを求められてしまうから
しょうがないかな?確かに「配置」だし・・・
座る場所一つとっても、座りたい位置に座るんじゃなくて、喪主が近くて家族、親族・・・
となって、職場が一番遠いでしょ。披露宴と逆。葬式は家族が主催する「お披露目」
だから家族が一番新郎新婦から遠いし、裏方仕事も全部やるでしょ。
逆に、お葬式は茫然自失としている家族の代わりに職場などで動いてあげるんです。

そこでの、元の生徒の役割というのは・・・やっぱり「いてあげる」ことなんですよね。
披露宴などの祝儀は呼ばれなきゃ行ってはいけないけど、葬式などの不祝儀は、
呼ばれなくても行っていい。逆に来てほしいものなんです。最後のお別れだから。

大人になるっていうのは、冷たくなるっていう事ではなくて、「自分」の感情を後回しに
しても「今相手がどうしてほしいか」を優先して行動できるっていう事だと思います。
でも、それがわかるのはやっぱり肉親を一度でも亡くして見ないと、とても難しい
事だと思います。

例えば、あなたのパパがなくなったとして、例え義理でも会社の人たちがいっぱい
集まってくれたら、嬉しいと思いませんか?家族にはそれが義理かどうかわからな
くても。そして、会社の人たちが、呆然としている自分たちの代わりにてきぱきと
進めてくれたら嬉しいと思いませんか?

でも、無理して大人になる必要はないと思います。色々な経験をつんでいって、
一番嬉しかった事を相手にしてあげられるのが大人だと思いますよ。

981 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 21:50 ID:0PbIEPpj
>>980
ものすごく大人なレスだとおもた

982 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 21:54 ID:2TWhS3Kw
>>971
このスレではまず笑うことがないだろうと思って
安心しきってアイスコーヒー飲みながら読んでたら、
おもいっきり吹いてえらい事になったじゃん!ばかー!

983 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 22:08 ID:gRKyotHK
私も吹きました。
書き込まれてまもなくの頃でしたが、PCの復旧に今までかかりました…orz

984 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 22:37 ID:qtYcEvk3
いやいや、子供心には充分せつない話やぞ。
で、ボチボチ次スレですかね。

985 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 23:05 ID:ynD0ZNfs
>980さん
すごい納得しました

986 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/11 23:27 ID:ReJ6Mkef
>>980を読んだらせつなくなった

987 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 00:10 ID:LFRfbHCb
せつない思い出、ねぇ…。
高校の卒業式、担任の先生がお別れに「なごり雪」を歌った。
俺達にとって、まぁ古いだけの「クサイ」歌、だったわけよ。
だけどさ、歌い始めると泣かせるじゃないか…
  汽車を待つ君の横で  ぼくは時計を気にしてる
  季節外れの雪が降ってる…
俺の高校はド田舎だったからな。3月でも、まだ雪降ってるんだ。
  …「東京で見る雪はこれが最後ね」と さみしそうに君がつぶやく
  なごり雪も降る時を知り ふざけ過ぎた季節のあとで
  今 春が来て君はきれいになった…
ド田舎高校だから、俺のように東京に出て行く者も多い。この歌とは行き先が反対だが。
親なんかはもう戻ることは期待してないさ。東京に行ったまま帰らない者が大半だし。
  …動き始めた汽車の窓に 顔をつけて 君は何か言おうとしている
  君のくちびるが「さようなら」と動くことが こわくて下を向いてた
  時が行けば 幼い君も 大人になると 気付かないまま
  今 春が来て君はきれいになった
  去年よりずっときれいになった…
その担任、俺らのこと中学の頃から知ってたんだ。まぁ小さい町だから。
よく考えれば13の時から18まで、本当に大変だったろう。
なんか聞いてるうちに自分と重なっちゃって。
恥ずかしかったから、うつむいて目をしばたいてた。
ちらっと横見たら、友達も泣いてんの。バカみたい。
だけど、俺はこのクラスで、この担任で良かったと思った。
  
  …去年よりずっときれいになった
  去年よりずっときれいになった…

4月。上京する朝。
俺はなごり雪を口ずさむ。

988 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 00:38 ID:fIrH5Sfa
田舎って憧れます。by東京の人

989 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 01:15 ID:CPOrKpKZ
>>988
なんかわかる。就職先の都合で(?)、卒業式の日に
旅立ったりする…ってのをテレビで見たりすると
リアル北の国からだなぁと。
自分のダンナもそうだったと聞いて、人に歴史アリなんだなと。

>987に幸あれ

990 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 01:46 ID:w2w0T5Ro
>988,989
田舎なんて不便なだけだ。
お前らが光の速さを謳歌している頃、
こっちはADSL1.5Mに感動してたんだぞ。
せつねえだろ。

991 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 04:05 ID:eD1bXZRY
隣の市まではADSLが来てるのに
自分の町はISDNしか使えない。

そんな田舎に住んでいました。

992 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 06:17 ID:RSDmI3CE
もう埋めていい?
それとも次スレ?

993 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 08:13 ID:fGFJWS7n
次スレどこ〜?

994 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 13:12 ID:fAZg6Qz8
次スレ、立ててみる。

995 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 13:16 ID:fAZg6Qz8
立ててきました。
ミスとかあったらごめん。

(⊃д`) せつない想い出 その5 (´・ω・`)
http://life5.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1087013773/

996 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 13:20 ID:j2ICTLtC
>>995
乙!

997 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 13:34 ID:b91KmeJ8
>>995
おつかれさま。

998 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 13:48 ID:wD4cUpFq
>995

あと2

999 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 13:49 ID:+ApY9xzo
999

1000 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/12 13:50 ID:+ApY9xzo
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

326 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)