5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ドイツ大学留学限定スレッド

1 :名無しさん:04/04/06 08:50 ID:fOoUfsRI
ウソつきタコ留はもうたくさん!

130 :111:04/07/05 09:34 ID:Uek29pa2
あ、ついでに言っとくと
俺ドイツ語にも興味があるんだよな。
専門でやるには軽すぎるが趣味にしては重すぎる程度勉強してる。
真面目にドイツ語マスターするならドイツがいいんだが、就職やコネは激しく弱そう。
楽しい二年間を過ごして暗い未来が待ってたら欝。

取り敢えずアメリカでもドイツでも要求してるTOEFLと
アメリカの要求するGREを受けてみるわ。
どっちにも入れん、なんてことになったら笑えんし。

>>112 - >>127、雑談しててもいいから、しばらく常駐しててくれ。

131 :名無しさん:04/07/05 09:53 ID:6d7jkEdL
>南なら厳しいって聞くからそうかもしれない。

東西南北関係なし。ドイツの研究費の多くはMax Planck Society下の
研究所へ流れ込む。ここはエリート研究者組織なのだけど、教育の義務は
ない。それなのに、ドイツでは、教官がファンドを取ってこれた時に
院生を採用するケースが多いから、それほど多くの院生を採れる訳でも
ない。したがって、院生として採用される上では、能力より、運次第の
面も多い。

ドイツの理系研究機関・大学が、設備面で劣るとは思わない。むしろ、
EUあたりからでかいファンドが当たれば、箱モノに金が使われる訳だし。
漏れが言ってる問題点は、大学院生に対する基礎教育の差、指導教官の
平均的能力の差など。何度も言うけど、最初から、国際レベルの教官が
知り合いで、そこに拾ってもらえるなら問題ない。

君は、前、Computer scienceで進学したいって言ってた人でしょ?
悪いことは言わない。選べるなら、アメリカに行っとけ。ドイツを選ぶのは
アメリカでの選択肢がすべて消えた後に考えても遅くない。ポスドクや
客員研究員として、師事すべき相手が決まっているならば、ドイツに来るのに
問題ないけどさ。あなたの場合は違う。

GREのVervalなんて、日本人はみんな点数が低いんだから。
Subjectなんかで点数を稼ぐのが普通だから、気にすんな。それが気になって
ドイツへの夢が再燃しているのだろうけど、ガンガレよ。

132 :名無しさん:04/07/05 10:00 ID:sOV20uAJ
新聞によく記事になってますって。優秀な人はアメリカへ行ってしまうので
ドイツもエリート大学が必要かって問題など・・・ドイツで教授になっても
大学にお金がないから研究にも給料にもひびく。ハーバードの教授などは
お給料は良いし大学にも資金はあるし・・・ナチに追われてアメリカへとか
そういうことではなく現在はそういう状況です。
ドイツ人自身教育は平等に、お金はかからないっていう常識だから
大学も授業料はただに近いですよね。そんな状況ではエリート大学を
創り優秀な人を育てるのはやはり難しいのでは・・・
ドイツで働いている我々はあんなに高い税金を払っても国は
お金がないのに大学は公立・・・
ごめん、何言いたいのかわからなくなった・・アホでした
学生の皆さんはがんばってお勉強して結果を出していって
ください。


133 :名無しさん:04/07/06 04:31 ID:6s9IIyZe
>>127
>「いわゆるドイツ○○研究」以外の>人たちには、
>「ドイツ」を、各人が留学/滞在する国名に置き換えれば、どこにでも当てはまる話でしかないと思う。

うん、自分でもそうだとは思う。
しかしチェコだのフィンランドだのに留学している人々もいるのだし・・・・
特定の国に何か惹かれる種類の人間がいて、
「そういう人間にとっては自分の好きな国で学ぶ事にこそ意義がある」、という一種の自己満足にすぎないのかも。
貴方もドイツが好きだから来たのでしょう? 
たとえ今「アメリカにしときゃ良かった!」と後悔しているのだとしても。

ドイツもそうだが、スウェーデンなども人材の国外流出が極めて深刻なんだよね。

>>128
>経済的にどん底の今はドイツの大学も教育・研究に金かけれんやろ。
>俺の場合、設備がないと研究できんしな。

ドイツも北欧も、学費は国民の税金から支払われるからねぇ。
自分も、自分の先祖・親族も、その税金を払って来なかった。
税金で勉強させてもらって、日本に帰ってしまうのでは
ドイツにとって何のメリットもないから、留学生に対する風当たりがきつくなるのは当然かも。

自分の周囲には、いまだにドイツ法学に憧れている人間が結構いるけれど、
時代遅れなのかもな・・・。金にならないし。
ドイツでは医師も弁護士も日本ほど高給取りではないんだよ。

結局「金」なのかなぁ。アメリカで高い私費を払って勉強するのが最良なのか・・・

実力に応じた報酬が得られない、というのが、欧州諸国が抱える問題なのだろう。
実際に能力のある人材は、「もっと良い給料」を求めてアメリカに渡ってゆくものね。
デンマークの歯科医も、「今、米国移住を真剣に考えている」と話していた・・・。
税金で学費や福祉を賄うシステムには限界があるのかな。

134 :名無しさん:04/07/06 05:09 ID:zx+FVcQO
>貴方もドイツが好きだから来たのでしょう? 
>たとえ今「アメリカにしときゃ良かった!」と後悔しているのだとしても。

全然。ドイツへ来るなんて夢に見たことすら無かった。
俺の場合は、単に、専門分野のトップがドイツにいたというだけの話。
今の生活には、公私ともに満足してるよ。不満を挙げれば、どこにいたって
限りなく挙げられる訳だし。

>税金で勉強させてもらって、日本に帰ってしまうのでは
>ドイツにとって何のメリットもないから、留学生に対する風当たりがきつくなるのは当然かも。

そんな考え方をしてしまうから、人材が海外へ流出してしまうんだよ。ドイツは。
たとえば、留学生や研究者の配偶者に労働許可を与えるかどうか。こんな違いが、優秀な
学生の流れる方向を変えてしまうんだよ。些細なことに見えるけど、奥さんが
ハッピーな生活を送れない場所には、既婚の優秀な人たちはやってこない。

結局、ドイツ人の間には、わずかながらも内向きな方向性が存在している。
それが、本当に些細な形で政策として表に出てくる。けど、その些細な
違いが、長い目でみて大きな違いを生み出してしまうんだよ。これは、日本でも
同じなんだけどさ。



135 :名無しさん:04/07/06 05:33 ID:zx+FVcQO
>税金で学費や福祉を賄うシステムには限界があるのかな。

そういう話じゃ無いと思うな。

結局、ドイツや欧州の政策に共通して欠けるのは、インセンティブ・コンパティビリティー
という考え方だと思う。

欧州では、社員は厚生面で手厚く保護されている。けど、そのせいで企業にとっては
社員一人を抱えるコストが高くなり、国際競争力を保てない。結果として、そもそも
正社員を雇わなくなってしまう。しかも、労働者は保護されているから年配の人を切る
こともできない。街にあふれる大卒若年失業者の群れ。企業の競争力が落ちれば、
税収も減り、借金はふくらむばかり。

これは、国民のために存在しているはずの「社会保障のコストを企業に負担させる
政策」が、結果的に国民を首を絞める例。

こんなの、世界中どこでも共通の話だし、アメリカだけが解決しているとは
思わないけど、やっぱりドイツや欧州の政策には、コスト/ベネフィット意識が
欠けてるように思える。

目先の論理(=ドイツ人の税金を外国人につぎ込むなんてとんでもない!)が
災いして、優秀なドイツ人の流出&国内に残る優秀な若手の没落が生じちゃってる
ように思うんだよね。この点、日本はもっとひどかった。独法化によって
文部省のくびきを離れた今、日本の大学が良くなる時期にあるけど、どこまで
行けるか。

136 :名無しさん:04/07/06 05:39 ID:zx+FVcQO
>ハーバードの教授などはお給料は良いし大学にも資金はあるし・・

関係ないけど、ハーバードのある学部では、外部資金を獲得できない享受は、
コピー代から電話費まで、すべて私費でまかなう羽目になるそうです。
競争に勝ち抜ければ、誰でも恵まれた環境を享受できる。できなきゃ
徹底的にダメ扱い。

それも厳しい世界ですわな。

137 :名無しさん:04/07/06 05:59 ID:6s9IIyZe
>>135
でも日本でもフリーターは激増する一方だよ。
ttp://www.president.co.jp/pre/special/aiai/074.html

で、企業はフリーターを使うくせに、
「フリーター経験者は社員として迎え入れるには不適格な人間」として
厳しく評価するそうだ。
フリーターをやっていた人間は根気が無い、仕事に対する意識が甘い、
社会生活不適応、常識が欠如している、実務能力が低い、などを挙げていた。
この先どうなるのだろうね・・・

ドイツもフリーターや
パラサイト・シングル、パラサイト・カップルが多いね。
親が裕福だから、今はいいけどさ。

「あの仕事は嫌だ、この仕事は嫌だ。この職はきつい割に給料が安い。
自分は価値のあるすばらしい人間なのだ。
自分にふさわしい待遇の仕事がみつかるまで働かなくていいと、
親も言ってくれている。」
と豪語して、一生親の金で
ブラブラするつもりのドイツ人を知ってるよ。あ〜あ・・・

138 :名無しさん:04/07/06 09:29 ID:zx+FVcQO
>>137
そうそう。フリーターは、なりたい人間の心の問題ではなく、
若者がそれを選ばざるを得ないような社会構造の問題なんだよね。
そして、企業がフリーターを使って社会保障費をットしようとすることは、
倒産を避けるうえで、合理的な行為。フリーター問題は、一過性の問題じゃ
ないね。

>と豪語して、一生親の金で
>ブラブラするつもりのドイツ人を知ってるよ。

結局、職はないけど親に金があるからだね。今のドイツ、日本、イタリアに
共通なのは、50代以上の世代に金が流れ込み、子供達の世代では、独り立ち
できるほどの収入が得られにくいっていう構造なんだってさ。

ドイツの学術環境に限らず、若者に仕事がないのに、親世代には潤沢な
金があるっていうアンバランスさが、多くの問題を生み出しているのだと
思うよ。

139 :名無しさん:04/07/06 09:47 ID:qrUJysEx
>ドイツでは医師も弁護士も日本ほど高給取りではないんだよ。

医師はドイツでも高給。弁護士は日本でも高給ではない。

>アメリカで高い私費を払って勉強するのが最良なのか・・・

アメリカに私費で行く時点で終ってる。

>デンマークの歯科医も、「今、米国移住を真剣に考えている」と話してた・・・。
デンマークの歯科医師免許は米国では通用しない。

>留学生や研究者の配偶者に労働許可を与えるかどうか。

労働許可はその個人の能力、国籍によって出るもの。

>これは、国民のために存在しているはずの「社会保障のコストを
企業に負担させる 政策」が、

それは日本の政策。

>目先の論理(=ドイツ人の税金を外国人につぎ込むなんてとんでもない!)

聞いたことない。

>優秀なドイツ人の流出&国内に残る優秀な若手の没落が生じちゃってる
> ように思うんだよね。この点、日本はもっとひどかった。

若手アカデミカーを囲む社会的状況はドイツの方がはるかに苛酷。
日本は非常に甘い。日本の問題は、むしろ優秀な人が行きたがらない
こと。



140 :名無しさん:04/07/06 10:08 ID:zx+FVcQO
些末な点ばかり突っ込む人かな?

>労働許可はその個人の能力、国籍によって出るもの。

同じ能力、国籍でも、労働許可を出す国と出さない国があるという
違いが存在するってのがポイントなのだけど。

>若手アカデミカーを囲む社会的状況はドイツの方がはるかに苛酷。
>日本は非常に甘い。日本の問題は、むしろ優秀な人が行きたがらない
>こと。

俺が言ってるのは、能力ある奴が育たない環境の話だけどさ。
職の有無じゃなく、芽をつぶす点では、日本の方が上手だということ。

>デンマークの歯科医師免許は米国では通用しない。

そんなこと、中心的な話題でもないし、スルーしても話は通じるけど。

>聞いたことない。

あなたが知らないだけ。

>それは日本の政策。

同上。ドイツにおける雇用コストが、他国に比べて低いとでも?

とにかく、一行ずつ取り上げたコメントしかできないのなら
黙ってて欲しいのだけど。

141 :名無しさん:04/07/06 10:15 ID:zx+FVcQO
ちなみにですね。

そもそもは、アメリカとドイツの大学院のどちらへ行こうか
悩んでいる若者相手に始まった話なので、日本とドイツのどちらが
厳しいのか、ましてや何が厳しいのか、その対象も特定せずに話をしても、
スレ違いになるばっかりな訳でして。

142 :名無しさん:04/07/06 21:57 ID:JrWbtb6C
>同じ能力、国籍でも、労働許可を出す国と出さない国があるという
>違いが存在するってのがポイントなのだけど。

労働許可という抽象的な世界共通のハンコがあるとでも思ってるのか?

たかが外国人学生のガールフレンドくらいに、無条件で労働許可を出せ?
キミは中学生か?

>俺が言ってるのは、能力ある奴が育たない環境の話だけどさ。
>職の有無じゃなく、芽をつぶす点では、日本の方が上手だということ。

キミはドイツのアカデミカーの状況を全くわかっていない。
これに較べたら、日本の大学社会は天国。

>デンマーク
>スルーしても話は通じるけど。

通じない。免許がなければただの人。

>ドイツにおける雇用コストが、他国に比べて低いとでも?

キミには政策という言葉を使う資格も知識もない。

>そもそもは、アメリカとドイツの大学院のどちらへ行こうか
悩んでいる若者相手に始まった話なので、

ドイツかアメリカかなんて言ってる時点で、すでに失格。
そんなやつはどこでも通用しない。キミと同じ。



143 :名無しさん:04/07/07 02:35 ID:HPdAK9RF
>たかが外国人学生のガールフレンドくらいに、無条件で労働許可を出せ?

見事なまでの文脈の見誤りっぷりに、言葉も出ませんな。

頭に血が昇っているのだけは良く分かるから、存分にお暴れさないな。
その合間に、こちらはこれまでの続きをしていきますから。参加したければ、
過去ログくらい読みなさいね。

144 :名無しさん:04/07/07 04:31 ID:/QQELSbi
>>142
何をイライラしているのかしらないが、アンカー書いてくださいね。

>通じない。免許がなければただの人。

あのね、誰でもただの人なのよ。知ってる?

>>135あたりは
”ただの人1人1人が大切な資源になりうる”という考え方の
大切さを指摘しているのだ、と僕には見えるけどな。
だから人材を大事にするべきと言いたいんじゃないの?

スレ違いだがついでに。
デンマークの歯科医(まー日本人歯科医でもいいが)は
アメリカでも歯科医になれるよ。州の医師免許の取得が必要なだけで。

学科試験及び実技を伴う臨床試験があるのだが、母国で歯科医の免許持ってれば
合格は普通なら楽勝でしょう。

免許の受験資格は州により異なるけどね。
外国人の受験を認めていない州もあるが、
その場合認定の歯学部に編入後、免許受験できるよ。

145 :名無しさん:04/07/07 09:02 ID:Ea6STV0l
>学科試験及び実技を伴う臨床試験があるのだが、母国で歯科医の免許
>持ってれば合格は普通なら楽勝でしょう。

根拠は?


146 :名無しさん:04/07/07 16:58 ID:HPdAK9RF
>>145のような反応って、相手のミスを誘って煽ろうとする
典型的煽り屋のパターンだから、放置が妥当。どんなタイプの
回答が論理的にあり得るのか、考えれば分かる。

147 :名無しさん:04/07/07 18:46 ID:lPwFWW0b
みんなタコだね。

148 :名無しさん:04/07/07 20:07 ID:Qyw6pX9W
タコ留の放言なんて2chでも通用しないということだな。

149 :111:04/07/08 04:16 ID:aXoXxrus
>>131

最近2ch漬けで勉強してなかったんでツケがまわってきました。
挽回するために忙しくて書き込めませんでした。
というか今もまだ忙しいので今回は要旨だけ。

> 君は、前、Computer scienceで進学したいって言ってた人でしょ?

ご名答。やっぱりバレてましたか…。w

> 教育の義務はない

あ、それはマズいですね。修士でも教育第一のところがよろし。
教育あっての研究。僕はまだ学ばないといけないことが山ほどあるので。

> ドイツの理系研究機関・大学が、設備面で劣るとは思わない。

それを聞いてひとまず安心です。
今狙っている独大学のうちの一つがMax Planckと提携組んでるらしいんですよ。
その大学の中に研究所があるそうです。
それと僕の分野では世界的に有名な研究機関もその大学の中にあり、
そこの教授が一部門の指揮をとっているそうです。
この情報を聞いてから気持ちがグラグラになりました。しかし…

150 :111:04/07/08 04:16 ID:aXoXxrus
> 選べるなら、アメリカに行っとけ。

正直まだ気持ちはぐらいついてますがその方向で進んでみます。
今はGREの勉強始めてまだ一ヶ月なので参考書の模擬で低い点を次々出してますが
もう二ヶ月あれば基準を満たせるのでは、と考えてます。
勉強、勉強。

> 大卒若年失業者

昔、ドイツに何の興味もないときにその話を聞いたことがあります。
プライドが高いんでしょうかね。今じゃ失業率15%ですからね。
お陰でトルコや東欧からの出稼ぎの人たちに仕事がまわっているんですね。
日本も中卒の仕事は外国人労働者の手に渡ってしまったと聞きました。
これからが心配ですね。

…えー、それと煽り屋はスルーでお願いします。

151 :111:04/07/08 04:27 ID:aXoXxrus
>>132

なるほど、現在の話でしたか。
FreieとHumboldtはドイツの中でもエリート校のような気がしていたんですが
実際はどうなんでしょうね?
僕の示した糞ランキングでは意外とどちらも低めですね。

一般的にアメリカ人の親は子供の教育に関しては金に糸目はつけないという噂がありますね。
事実のような気がします。
その一方、ドイツでは教育にはそれほどお金がかからないので住居にお金をかけるそうですね。

> 「フリーター経験者は社員として迎え入れるには不適格な人間」として
> 厳しく評価するそうだ。

知らなかったです。ひどい話ですね。
むしろ、いろいろな経験があって雇い手がありそうに思えますが。

152 :名無しさん:04/07/08 04:42 ID:3yYckwJf
>>149

>今狙っている独大学のうちの一つがMax Planckと提携組んでるらしいんですよ。
>その大学の中に研究所があるそうです。
>それと僕の分野では世界的に有名な研究機関もその大学の中にあり、
>そこの教授が一部門の指揮をとっているそうです。

なーるほど。それなら、グラついちゃうのも無理ないね。

この例について気をつけなくちゃ行けないのは、米国と他国
の大きな違いは、潜在的な知的環境の有無にあるという点。

ある教授が世界的に有名であっても、その人がいなくなったら
学部全体が沈んでしまうケースが、米国以外では多々ある。
つまり、優秀な同僚や跡継ぎが育っていないって話だね。

一方、アメリカの場合は、学部全体で優秀な教官を採用し続ける
ため、一人いなくなっても、それほど変化がないことも多い。

だから、アメリカでは、学部単位のランキングが意味を持つんだよ。
研究・教育レベルが、特定の個人に依存してないから。

153 :名無しさん:04/07/08 04:53 ID:3yYckwJf
で、君の話を聞いてると、環境は良さそうに見える。

Max Planck Instituteってのは、ドイツ中にちらばっているんだけれど、
国家レベルの研究費の多くがそこへ流れ込む。そして、研究所内にある
リサーチ・グループが単位となって、ポスドク、院生の給料、施設費
などを管理している訳だ。数年単位で厳しい審査があり、業績が悪ければ
グループ単位で消失することもあり得るらしい。

もし君がMax Planckの研究所から金をもらって院生をやることになれば、
研究費や施設の点で、世界的にも相当恵まれた環境で勉強することになる。
公式には、どこか関連のある大学に所属することになって、また、博士号も
その大学から授与されることになるだろうが、それはあまり関係ない。

ただ、上に書いたように、Max Planckであるからと言って、安心しては
いけない。超有名なリーダー以外は平凡であることも多々あるし、その場合、
(指導される)環境としてはあまり良くないことになる訳だ。

ここから先は、それぞれの場所についてもっと情報を集めてからでないと、
何も言えない。

154 :名無しさん:04/07/08 04:58 ID:3yYckwJf
あ、今度は、君に質問。

ずいぶん上の方で「ドイツでの修士課程に希望」と書いているけど、
具体的には、どのコースのこと言ってんの?Diplomaをとるための
コースだってこと?

155 :名無しさん:04/07/08 07:12 ID:0sPAhZUf
一人で会話するタコ留志望。

156 :名無しさん:04/07/08 12:22 ID:z5dJs5Hb
どうしても現地の人の意見が聞きたいので
International University Bremenてについて教えてください
http://www.iu-bremen.de
誰か知ってたら教えて。


157 :名無しさん:04/07/08 12:33 ID:sNotdbaN
アメリカの大学が繁栄した時代もそろそろ終わりかもしれないね。

ttp://www.tanakanews.com/e0525visa.htm

>米政府が2001年に発給した学生ビザ数は前年比20%の減少で、
>その後もビザの発給数は減りつづけている。

>アメリカで書かれた科学技術の論文の数は1992年をピークに減少傾向が
>続いている。その代わりに世界最大の論文作成勢力となったのがEUで、
>1990年代半ばに年間の論文数がアメリカを追い越した。

158 :名無しさん:04/07/08 15:54 ID:3yYckwJf
>>156
学部を特定せにゃ何もコメントはできないぞ。ちなみに、知り合いの
ドイツ人学生がそこのドクターコースへ応募し、見事job interviewに
呼ばれて行ってきたのだが、こんなとこ、箱ばっかりで中身がないと
言って怒って帰ってきた。

ただし、これは、特定の学部の特定の教官についての話。

>>155
何を勘違いしとるのかしらんが、彼女が指導できるのはdiploma
取って終了する奴までだろう。ドイツでその上まで行く可能性があって、
研究者も視野に入れてる奴には、彼女の経験は役にたたんよ。
だから、俺らみたいな奴らが、出張っているわけだが。

159 :名無しさん:04/07/08 15:58 ID:3yYckwJf
>>157
これまで各国語論文書いてた連中が、やっと英語で論文を
書き始めただけの可能性もあるし、EUの連中が、European
Journal XXXXXXX という雑誌を90年代から創刊し始めたのかも
それだけじゃワカラン。

ただ、ヴィザ制限がアメリカ産業界の首を絞めることにつながるのは
事実だと思う。問題は、今の制限が、ブッシュ後も続くかどうかだね。
本当に、今の制限はむちゃくちゃだもの。

160 :名無しさん:04/07/08 19:49 ID:vdNHERIR
日本で無名大学だから院で逆転狙ってる?

161 :名無しさん:04/07/09 08:21 ID:PSCHf+6H
一人で会話するタコ留志望。


162 :名無しさん:04/07/09 21:14 ID:AVvdi6zS
age

163 :名無しさん:04/07/10 02:35 ID:6RTGhbCX
話の流れを切るようで悪いのですが、ここではドイツの大学のサマーコースに関する話題も出して良いのでしょうか?それとも正規留学(入学)に関する話題のみですか?

164 :名無しさん:04/07/10 02:54 ID:sYDiWMOp
>>163
かまわないでしょ。知ってる人がいたら教えてくれるはずだよ。

165 :111:04/07/11 09:21 ID:l+Qn3EyB
>>163

流れもなにも気にしなくていいと思うよ。
他のROMってる人も気にしないでどんどん質問してくださいね。
僕の勉強にもなります。

Summer courses 2004
http://www.daad.de/deutschland/en/2.5.1.html

166 :111:04/07/11 10:53 ID:l+Qn3EyB
>>152

> 具体的には、どのコースのこと言ってんの?

僕が目指しているのはMaster courseです。
Bachelor degreeはこちらで取っていきます。

> ある教授が世界的に有名であっても、その人がいなくなったら
> 学部全体が沈んでしまうケースが、米国以外では多々ある。

なるほど。Master courseっていうのは歴史が浅いので
優秀な同僚や跡継ぎはまだほとんどいないでしょうね。
その教授はバイオグラフィーを読む限りエリートです。
その大学のHPに辿り着いたのもその教授の名前を辿ったお陰です。

> Max Planck Instituteってのは、ドイツ中にちらばっているんだけれど、
> 国家レベルの研究費の多くがそこへ流れ込む。

噂には聞いてましたが、国家レベルですか。研究費は潤沢そうですね。
数は限られているがRAの枠があると書かれてました。

> 超有名なリーダー以外は平凡であることも多々あるし、

他のアシスタントもその研究機関で働いているようです。
そこの大学院生になる → その研究機関で研究できる…イイーッ!!

以前、滑り止めのつもりで独大学に出願してみたい、と書きましたが
今は真剣に考えています。
難易度もどのくらいなのかさっぱりなので受かるかどうかも分かりませんし。
アメリカの大学なら数打てば一つくらいは当たるでしょう。

167 :111:04/07/11 10:55 ID:l+Qn3EyB
あ、↑Bachelor's degreeね。

>>157

>米政府が2001年に発給した学生ビザ数は前年比20%の減少で、
>その後もビザの発給数は減りつづけている。

URLにも書かれているとおり、それは9/11の影響で中近東やインドネシア・マレーシアなどの
イスラム教国からのヴィザの発給数が激減したからですね。
アメリカ留学中のインドネシア人がカナダやメキシコへちょっと旅行に行って
アメリカへ帰ろうとしたら何も悪いこともしていないのにムスリムという理由だけで入国拒否され、
そのままインドネシアへ強制送還された、というケースまであります。
ちなみに日本人へのヴィザの発給数は減ったかというと減っていません。
それまで増えていたのが横ばいになっただけです。

H1-Bヴィザ(労働ヴィザ)の発行数を減らしたのもアメリカの発展のためにはマイナスでしょう。
景気は徐々に回復しているにもかかわらず、この傾向はあと数年続くと見られています。
米国国土安全保障省は去年、SEVISというシステムをつくり、
留学生の動きを細かく監視しています。
引越しなどの申請は10日以内に行わないと国外退去の可能性もあります。
9/11の影響もありますが、移民や外国人を冷遇する傾向はブッシュ政権から始まったと思います。
クリントンは移民や外国人、マイノリティーにも優しい大統領でした。
ゴアが勝っててくれれば…。

アメリカの論文の数が伸び悩んでいるのは
アメリカでの博士号取得者数が飽和状態にあるということですかね?
逆に他の国々で今まで少なかった博士号取得者が増えてきた、という気がします。
論文の数は増えても質まで向上しているとは思えません。
どうなんでしょうね。

168 :名無しさん:04/07/11 21:05 ID:2ydEEcjq
一人で会話するタコ留志望。

169 :名無しさん:04/07/11 22:36 ID:GGCCwMZi
スゴイ勘違い粘着バカ(>>168)がいるな。

170 :名無しさん:04/07/12 17:23 ID:YhPo8SW1
研究職で一生食っていく覚悟ができているならいいけど、
企業で就職したい人は、ドイツ留学のメリットがないとおもう。
特に卒業後日本に戻る場合そうかな。

卒業に時間がかかりすぎる。
一般的にドイツ語力は英語力程問われない。

ドイツ語がいくらできても英語の運用能力が劣っていたら、
労働市場価値はかなり落ちるのが現実かな。
時は金なり。ドイツでいくらタダで勉強できても、卒業に何年もかかる、
そのロスタイムは非常にschmerzhaftです。

経験者より

171 :111:04/07/13 01:41 ID:gqusxmMb
なるほど、主な理由が「卒業に何年もかかる」ということですか。
それなら二年で修了するMaster courseはどうでしょうか?
日本などの他の大学で既に学士号を取得した人達が対象です。
よってまるで独大学での四〜五年目に編入するような制度です。
(日本やアメリカでの修士過程と同等と考えてよいと思いますが
ドイツではMagister取得者よりも幾分低く見られるそうです。)
しかも英語とドイツ語の両方で教えているコースも増えています。
>>170さんの指摘するドイツ大学の欠点をうまく補っていると思いませんか?

このスレを読んでもらえば分かると思いますが
僕は今、ドイツでMaster courseへ逝くか
アメリカの院へ逝くかで迷っているので
経験者である立場から忌憚のない意見をお願いします。

172 :名無しさん:04/07/13 02:23 ID:GOgmbOaa
>>171
>よってまるで独大学での四〜五年目に編入するような制度です。

ここが大問題。ドイツの4〜5年目なんて、卒論書いたことない
人間がやってきていきなりdiploma thesisを書く訳だから、
レベルの低いことといったら、下手すると日本の遅刻大卒論レベル。

上の方で「あなたの場合ならば、ドイツが魅力的なのも分かるね」
って書いたけど、あくまでMaster取得後、同じ場所でDoctorまで
進む場合の話。はっきり言って、教官サイドからみたら、ドイツの
Diploma thesisにおける研究レベルは、かなり低い。日米では、
Masterから研究者へ片足突っ込んでいると見なされるけれど、
漏れが見る限り、ドイツでのdiploma取得前の学生は、学生アシスタント
レベルとして見なされているに過ぎない。

教官サイドも、学生に対する本格的な投資は、diploma取得後から始まる
ように見える。これは、日本やアメリカの修士と全く異なる。

173 :名無しさん:04/07/13 02:25 ID:GOgmbOaa
だから、Master取得だけで終わる可能性が高いならば、ドイツは
やめた方が良い。

174 :名無しさん:04/07/13 02:38 ID:xQ6rlUl1
>>170

というか、それ経験しないとわからないか?

だいたい、ドイツだろうがアメリカだろうが日本だろうが、
ただ数年ふらふらしてただけのやつを、なんで企業がいまさら
やとわにゃならん。



175 :名無しさん:04/07/13 10:42 ID:P3hBPcNi
ちょっと横からすんませんが、ドイツでの学費のことをあまり「タダで」って言わないでくれ〜
君たちには関係のないことだろうから、こんなこと書くの申し訳ないとは思いながらも
「タダ」ではないんだって言いたい。高い税金納めてるんですわ、わてらは。

176 :名無しさん:04/07/13 10:47 ID:P3hBPcNi
175を書いた者です。
あんなこと書いてしまったけど、真面目に目標もって勉強している学生さんは、もちろん
がんばってほしいです。
中にはアホもいるから、つい・・・・
すみませんでしたね。

177 :名無しさん:04/07/13 20:38 ID:rQPAwQyD
>>175-176
まぁ、仕方ないですよ。あなたの反応も。

学費徴収に反対する大学生のデモとかあったけど、
主張を見ててアホかと思いましたよ。社会の誰かが負担
しなきゃいけないのに、なぜお前らだけが、負担を免れる
ことを許されるんだ、と。

178 :170:04/07/14 19:15 ID:3Az2wY3e
>171
そう安易に受け取るのは甘いかな。現実は172の言う通りです。
実際、日本の大学を卒業してきて同じ専門でドイツの大学に編入しながら、
論文がかけない、テストを受ける自信がないということで5年以上在学する留学生は
決して少なくない。

博士課程に進む気がないのであれば、アメリカに行くほうが確実・無難だと思う。
(絶対ドイツじゃなくては研究にならないという分野を除く)

あと、将来的に親が死後財産を多少残してくれない人に、安易にドイツ留学は薦めないです。
長期滞在型日本人留学生と交流して気がついたことですが、留学中金がないだの、
親が留学費用を沢山だしてくれないだのと騒いでいながら、実際実家は多少裕福で、
何かあったときには期待できそうとか、親兄弟のもとでパラサイド出来る、
年齢に関係なくコネで仕事を親親戚がみつけてくれるといった人が多いです。
あてのない人間にとって、下手にドイツ滞在期間が延びて(特に日本で)
就職のチャンスを逃すのは、とてもリスキーであることは念頭におかれるように。

ついでにですが、文系(含、法・経)の場合「Auslaenderbonus」といって、
筆記口頭試験の際、担当教官が心情的に非欧州出身の外人への採点が多少甘くなることがあります。
これは決して手放しに喜べることじゃないです。
というのも、特にドイツに残って仕事をしたり、ドイツ語が(も)社内公用語の企業で
就職した場合、恩情で卒業させてもらったというのがいずれはバレるからです。
(早くて就職活動の場で、遅くともプレゼン、書類作成、公の場でのスピーチ
などを依頼された時点で)
そうなった場合、恩情卒業させてもらった奴は惨めです。
実際試用雇用期間中クビになった博士・修士卒を何人もしっています。

179 :111:04/07/18 07:17 ID:mSxd8gTk
>>172

四〜五年目に編入するような制度、というのは少し語弊があったかもしれません。
というのも独のMaster courseは海外で学部を終えた学生が対象だからです。
つまり、卒論を書いたことのある人達が集まります
(学部一年からやり直しではない、と言いたかったんです、すみません)。
日本やアメリカでの修士課程と同等の教育制度を導入し、
海外からの優秀な学生を集めようということだと思います。
…その割には海外進出を狙う(?)ドイツ人も結構いるようです(未確認情報)。
ただ、入学条件をアメリカの院と比較するとドイツの方が低いですね。
アメリカではTOEFL600が必要なところがドイツではTOEFL550。
GREのような共通試験もない。
それでも一応NCがかかったような状態ですから
どのような選考基準なのかまだはっきりしません。

> 日米では、Masterから研究者へ片足突っ込んでいると見なされるけれど、
> 漏れが見る限り、ドイツでのdiploma取得前の学生は、学生アシスタント
> レベルとして見なされているに過ぎない。

そうですか。自分の研究ができないんじゃ、将来に響きますね。
もともとDiploma取得(6〜8年)を一区切りとして
Doktorと差をつけてる制度ですからそうかもしれませんね。
いやでもまだMaster courseだけは状況が違うんじゃないか、と信じたい今日この頃。
この夏休みが終わるまでには直接コンタクト取ってみます(米独ともに)。

正直、自分は結構賢いので(?)博士もいいと思うんですが
↓こういうのを読むと日本での話とはいえ心配で仕方がないです。

【社会】博士号取っても定職なし、文科省が「余剰博士」対策へ
http://news13.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1090088005/

今は欲張らずにMaster course留めを目標にします。そうなると米院か…。

180 :111:04/07/18 07:52 ID:mSxd8gTk
>>178

> テストを受ける自信がないということで5年以上在学する留学生

Master courseの在籍期間はThesisも含めて2年となっており、
必要単位を取得して論文を発表すれば修了、と
アメリカ式に行くんじゃないか、と思っております。

> 博士課程に進む気がないのであれば、アメリカに行くほうが確実・無難だと思う。
> (絶対ドイツじゃなくては研究にならないという分野を除く)

この期に及んでまだ迷っています。
絶対ドイツじゃなくては研究にならないという分野、っていうのが心に引っ掛かります。
「自分の専門はもしかしたらドイツじゃなくては研究にならないんじゃないか」
とさえ思えてきてしまっています。

親は金がないです。僕も金がないです。無い袖は振れません。
ですからドイツに惹かれてる訳です。
アメリカの学費は天文学的な数字です。
しかも年に5%くらいずつ増加しています。
ですから修士でなんとかRAかTAを勝ち取りたいのですが
それも完全に保証されているものではありません。
その一方、ドイツでは経済的な不安はほぼ完全に払拭されるんですよね。

タコ留ではドイツの企業でも社内ではほとんど英語、という情報を目にしました。
実際はどうなんでしょうね。そうであれば嬉しいのですが。

181 :名無しさん:04/07/18 08:04 ID:dULUj67u
111くん。落ちケツ。

客観的に判断して、君の場合、RA/TAを取れる可能性は高い。
しかも、不確実だとは言っても、取れる確率が1〜2割なんてことは
ないはずだ。しかも、先輩として言わせてもらえば、入学後すべてが
うまく行ってから過去を振り返れば、自分の悩みが杞憂に過ぎないことが
良く分かる。

ドイツという選択肢には、金銭面での不確実性は少ないかもしれない。が、
その代わりに失うモノも多すぎる。

どうしても不安ならば、アメリカで最悪のケースを想定してみれ。入学して
RA/TAに採用されないことか?しかし、それが分かってからドイツへ応募しても
遅くはあるまい?一年間ならば、なんとかしのげるだろ?

受験前で不安なのは良く分かる。が、ともかく、落ちケツ。>>179の日本の
話も何でも、すべてに共通するルールがたった一つだけある。それを良く肝に
命じるべき。

「努力と能力のある奴は、結局、最後は収まるとこに収まる」

これは、経験者ならば誰もが知っている黄金命題だよ。

182 :名無しさん:04/07/18 22:30 ID:j4ntccn/
>179

四〜五年目に編入するような制度、というのは少し語弊があったかもしれません。
というのも独のMaster courseは海外で学部を終えた学生が対象だからです。
つまり、卒論を書いたことのある人達が集まります

だから考えが甘いといってるでしょう(苦笑)
日本で学部を終えた学生の話をしてるんですよ。
日本で学部を終えていながら、ドイツで同じ学部でマスターをとるのに
5年10年かかる人がいるんですよ。


183 :名無しさん:04/07/18 22:34 ID:j4ntccn/
お金がないって強調してるけど、生活費はバイトで稼いで、
それで学問も2年3年で終わらせるつもりでいるんですか?

184 :名無しさん:04/07/18 22:52 ID:dULUj67u
横レス

>>182

>日本で学部を終えていながら、ドイツで同じ学部でマスターをとるのに
>5年10年かかる人がいるんですよ。

見てると、そーいう日本人留学生は、日本にいても修士論文書けそうにないよ。
このスレの最初の方で彼が登場した時の発言を見てれば分かるけど、この彼は
もっとまともそうだ。

少なくとも、アメリカの大学院に入ってRAやれるだけの能力は持っていそう。
漏れは、それを前提として、彼に対してコメントしてるよ。

185 :名無しさん:04/07/19 05:57 ID:Knu+Vf7D
ドイツに半年留学したいと考えているのですが、
ビザなど入国・滞在自体に絡む手続きはどのようなものがあるのでしょうか?
どなたか教えてください。

186 :名無しさん:04/07/19 06:08 ID:2axgRNgb
>>185
少しは自分でネットで調べました?
いくらでも情報出てきますよ。
とりあえず貼っとくわ。
http://www.auswaertiges-amt.de/www/en/willkommen/studieren/index_html
http://tokyo.daad.de/german/de_index.htm

187 :名無しさん:04/07/20 16:06 ID:GvZTHPhf
法学の場合、学者志望ならドイツ行ってもいいみたいです。民法ならフランスとか。
ただそうじゃないんならアメリカらしいです。
今は若手研究者もアメリカにどんどん行ってLLMとか取って来る時代なので
アメリカ中心なのは否めないと思います。
音楽分野は金がかかりにくいドイツに行く人は相当多いそう。
理系はどうなんだろう…アメリカというイメージが強いですが。

自分は私費留学するほど金がないので、もし留学するとしたら
ひとまず就職するなりして会社の金で行くか、奨学金もぎ取って行こうと思ってます。

188 :名無しさん:04/07/21 22:42 ID:zNTiz1Po
kann jemand bitte von uni freiburg und heidelberg, und leipzig erzählen?

189 :名無しさん:04/07/22 01:18 ID:7fUvJA1t
Diplomarbeitって六ヶ月しか研究しないって言ってますよ.理系は.
こちらのMasterCourseにいる日本人は質が低いかな・・・
日本の3流大学卒業して,そのまま院じゃ押しが弱いから来てるって感じです.
有名大学の人は交換留学できてますね.
1年しっかり研究する人もいれば,1年遊んでる人もいますが.



190 :111:04/07/23 13:51 ID:ti4k2C6Y
皆さん、すみません、
忙しくて考えがまとまらないので来週に返事をします。
昨日、アドヴァイザーと会う予定だったのにドタキャンされますた…_| ̄|((((○

191 :名無しさん:04/07/23 21:38 ID:XHAjZNoO
マジレスです

ドイツの大学に留学したいんですが、まだまだドイツ語に自信がない。
そこでドイツの語学学校に通おうと思っています。しかしインタネで学校
探すと、ヒット数がやたら多くて困ってしまいます。そこで、語学学校の選び
方について、ご教授願えませんか?

 ドイツの語学学校で学んだ経験のある方、どうやって学校を選びま
したか? あるいはお勧めの学校は?





192 :名無しさん:04/07/24 00:08 ID:HJRpuS8G
> 191
語学学校選びなら、タコ留より以下のページのが情報が多い
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://kon.main.jp/dboku/



193 :名無しさん:04/07/24 10:02 ID:a8+IvAiK
ドイツ国内のゲーテ。
半分観光気分の日本人が極力避けそうな学校をすすめます。

194 :名無しさん:04/07/24 16:51 ID:TPoRLFRh
>193

191 です。
ありがとうございます。やはりゲーテですか。しかしゲーテもドイツ
国内にたくさんあるようですが、どこのゲーテがもっとも良い、あるいは
評価が高いのでしょうかのでしょうか。

 もちろん「好きな町」というのがセオリーかもしれません。ただ残念ながら
ドイツで学びたいという意志は強く持っているのですが、ドイツの都市
には特に思い入れがない、というかあまりよくは知らないと言う方が正しい
かもしれません。

 どこのゲーテに関するよい評判をよく聞きますか?

195 :名無しさん:04/07/25 20:38 ID:MoIAysDk
>194

だから、半分観光気分の日本人が極力避けそうな学校をすすめますって書いただろ(苦笑)
ドイツ国内のゲーテはそんなに差ないからな。

ただ授業外でドイツ語を使うことを考えたら、あまりにも方言がひどすぎるところ(バイエルンなど)にいくのはやめたほうがいいんじゃないか?
外国人が日常あの方言の発音に鳴らされたら、困ることのほうが多いと思う。(その地で根をおろして生活するなら別だが)




196 :名無しさん:04/07/25 22:51 ID:ExEhClDn
>191-195

スレ違い。


197 :名無しさん:04/07/26 21:54 ID:l7Oss1r0
>>196
大学入学準備ということで質問してるんだから、まあ大目に見てあげようよ。

198 :名無しさん:04/07/30 18:18 ID:SLghrAfu
>>193
どうしても日本人がいる学校が嫌であるのなら、VHS(Volkshochschule)をお勧めします。
当地の成人向けカルチャーセンターみたいなもので、日本人はほぼ皆無です。
利点:日本人がいない、授業料が激安(月50ユーロ程度)
欠点:宿舎を自分で探さなければならない、生徒の大半は労働者階級(ドイツ語を学ぶ意欲が低い)、学校側のケアが期待できない

199 :198:04/07/30 18:22 ID:SLghrAfu
すいません、レス違いでした。
スルーしてください。

200 :111:04/07/31 07:12 ID:g/EmLh3V
はい、取り敢えず落ちケツますた。
そうですね、僕はクラスを取る前はいつも
「今度こそ、ついていけないんじゃないか…」と弱気になるのですが
終わってみると予想以上によかったということはよくあります。
それと同様に杞憂に終わるとよいですね。

まず、本で調べてみたところ、
米国の修士課程ではRA/TAを得られる可能性はかなり低いようです:

Assistantships in master's programs are not common.
Many master's students just pay for their own degrees, often by working while they go to school.
Also common is the patchwork approach, whereby a combination of part-time work,
loans, and gift aid pays the bills. (196, "Graduate School Admissions Advisor," 2001 Edition, Kaplan Newsweek)

博士課程ではほぼ間違いなく貰えるんですけど。
で一昨日アドヴァイザーと話してきました。
うちの学科では170人修士課程に在籍してるのですが
そのうちRA/TAをしているのはたった6人だそうです。
大学院オフィスの人達はもっと楽観的な数字を示していたのですが。
ちょっと自信を失くしてしまいました。

201 :111:04/07/31 07:35 ID:g/EmLh3V
大切なことなので考慮していただきたいのですが
僕の場合、理系であるにもかかわらず言語を扱うんですよね。
下手するともろ言語学かもしれません。
そうなるとドイツは絶好の地にも思えるんです。
以前2ヶ月間だけですがドイツの語学学校へ通っていたことがあります。
そこの学生も含めて皆、複数の言語を喋るのが当たり前なんですよね。
どちらかというと「ちゃんと勉強した」というより
「お父さんが何々人だから」とか「近所に友達がいて習った」みたいに自然に身についてる感じでした。
陸続きだからかもしれませんが、いろんな言語の坩堝と化してました。
そして何が一番印象に残ったかというとシャンプーにしてもお菓子の袋にしても
フランス語やスペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ポーランド語などでは注意書きが書いてあるのに
英語が一切見つからなかったりしたことです。
あの経験からドイツはいいな、と思えてしまっています。
これは「絶対ドイツじゃなくては研究にならないという分野」に該当するのではないでしょうか。
それと狙っている独大学の講義や筆記口頭試験は英語で行われるので
教授達の英語が流暢である限り、意思疎通に問題が出るとは思っていません。
このことを考慮するとどうでしょうか?

202 :名無しさん:04/07/31 09:10 ID:jBaq/QiT
>理系であるにもかかわらず言語を扱うんですよね

ますますアメリカでは? ドイツにくるのは間違い。

203 :名無しさん:04/07/31 16:13 ID:qFrgrDoM
>>201

言語を扱うと言ったって、生成文法とか、コーパスとかだろ?
ドイツ語やるより、様相論理とか群論なんかの勉強する方が
よっぽど役にたつぞ。

なんか、これまで長々とコメントしてきたけど、そろそろ呆れてきた。
将来へ投資する金がなくて、将来がどうでもかまわないならドイツへ
くりゃ良い。別に死ぬ訳じゃないし、仕事だって何とかなるだろう。

しかし、その決定を、ごちゃごちゃとワカラン論理で正当化しようと
するな。そこが一番見苦しい。大体、弱気になっていつまでもくよくよ
愚痴愚痴している人間は、どこに行っても何をしても、うまくいかない。

君の意思決定に文句つけてる訳じゃない。それは君が下すこと。ただ、
さすがに、君の話につきあうのがイライラしてきた。

204 :名無しさん:04/07/31 16:47 ID:IR6f7bLm
>>203を読み直すと、「ドイツの大学に来ると言うからいらついている」とも
読みとられかねないけど、そこがポイントではない。受験前で弱気になるのは
分かるけど、シャキッとすべき部分はシャキッとして欲しい。それがポイントだ。

205 :名無しさん:04/07/31 19:50 ID:BaIvVZYg
>111
ここに来てからずーっと長文でだらだら自分語りしてうざい。
そんなに気になるんならアメリカに行けばいいだろ。
もうお前はアメリカにでも逝ってしまえ。
糸冬 了

206 :名無しさん:04/08/01 00:29 ID:vnXOnlBD
Weiter!

207 :名無しさん:04/08/01 02:24 ID:Fpqg2YtU
>そんなに気になるんならアメリカに行けばいいだろ。
>もうお前はアメリカにでも逝ってしまえ。

さすがにそれは、彼の発言を読まずに書き込んでいるのがバレバレで
恥ずかしいと思うのだけれど。

208 :名無しさん:04/08/01 08:01 ID:uwLoRTmP
田舎者の夢です、大目に見てあげましょう。


209 :名無しさん:04/08/01 18:12 ID:2FMfMy2o
>207
最初だけ読んでたよ。貧乏だからアメリカの大学に行けないんだろ。
読んでなかったとしても別に恥ずかしくないが。
質問者は他人がどんなアドバイスしてもうだうだうだうだ書き続ける。
誰もお前のDenkprozessなんかに興味持ってないのに。
一人真剣に答えてた回答者もあきれてるし。

210 :名無しさん:04/08/01 19:42 ID:eumd2Otu
207,
209,
かっこいいなぁ・・・・
マジで思ってます、
今まで関心しつつコメントを読んでいたんだけど、
最後まで冷静で的確な内容だー。
頭の良い人、うらやましいなぁ。

211 :名無しさん:04/08/02 01:27 ID:rP/HZDjB
>>209
質問者が判断に悩み迷うのは当然だと思います。
質問者が自分の状況や考えをより具体的に語ることで
個別のケースについてより確実なアドバイスも聞けるでしょうし
また質問者も自分の考えもまとまってくるでしょう。
長期留学など一生に一度のことですから、
いろいろ悩むのはよくわかります。

2ちゃんは茶化しも多いが、まじめな意見もきける。
それでいいのでは?

212 :名無しさん:04/08/11 19:59 ID:WuD/h5Rl
>>201
英語が喋れるから,英語で喋ってくれるなんて甘い.
一対一なら英語で喋ってくれるが,
ドイツ人が多い研究会の議論は基本的にドイツ語オンリー.
充分なドイツ語能力がないなら学生で行くのは薦めない.
一人でも外国人がいれば英語に切り替えてくれる
スウェーデン辺りとは全く違う.
それを承知の上でなら頑張れ!
生活費がほしいならDAADに応募するか
あらかじめこちらの教授に奨学金(diplom arbeit)を
くれるように話を付けてみてはどうですか?

213 :名無しさん:04/08/11 23:58 ID:L2HoBxJr
ドイツ語全くできないが交換留学ゲトしてしまった。
「本奨学金のコースは基本的に英語を公用語としており、
英語ができれば問題ありません」
を信じていたのだが、おもいっきし授業ドイツ語。

214 :名無しさん:04/08/12 00:30 ID:AiyeIKwl
???奨学金(diplom arbeit)???

215 :名無しさん:04/08/12 04:15 ID:z4witvRz
>>212
そいつは、学部や教授の方針によって激しく異なるので、
あなたの言ってることが当てはまるとは限りませんよ。

理系で国際レベルの教官が指導しているとこなら、
working languageが英語ってのは、良くある話。

逆に言えば、ドイツであるにもかかわらず、英語だけでは
通用しないような研究室は、研究レベルが低いから避けた方が良い。
特に、この相談者の専攻を考えればね。computer scienceなのに、
ドイツ語オンリーなんて研究室、やばすぎ。

216 :名無しさん:04/08/12 07:56 ID:XVOpiBGv

こいつ、狂ってるよな。完全に。



217 :名無しさん:04/08/12 15:30 ID:nh/UETdb
>>215
俺の研究室もコンピュータサイエンスで、教授陣は英語で話してくれるが、
やはりドイツ人だけ複数人集まればドイツ語。
最初から俺を考慮して始まる会話は英語だが、そうでない会話はドイツ語なので
会話に途中からまざりにくい。

218 :名無しさん:04/08/12 16:41 ID:z4witvRz
>>217
「working languageが英語」と言っても、それ位が普通でしょう。
すべての会話を英語化するには、ボスがよっぽど強いポリシーを
持ってないとダメでしょうね。

>>216
あなたが、何も知らないだけですよ。diplomaとって、非アカデミックな
領域へ就職するなら、111以降の話は、あなたには無関係ですし。

あくまで、ドイツの大学でドクターまで進み、アカデミックな領域で
仕事する/専門職に就くことを視野に入れた人向けの話です。

達成すべき基準が違うのだから、狂ってると言われてもねぇ...
とりあえず、井の中の蛙という言葉を10回くらい、繰り返してみてください。

219 :名無しさん:04/08/13 07:15 ID:OgheK2Io

気違いは、きりがないよ。
といっても、永遠に一人で会話してるだろうが。
精神病院板に行け!



220 :名無しさん:04/08/13 12:08 ID:bkWMmPfG
せっかくドイツに行ったんだから、ドイツ語を身につけるよい機会



221 :名無しさん:04/08/13 12:39 ID:7oXEWhom
ドイツでは制度上エリート大学というのが存在しないので、
彼らドイツ人にとってのいわゆる「エリートコース」というのはつまりは英米のエリート校に留学することなんだが。。。

222 :名無しさん:04/08/13 15:38 ID:/NvWzP1U
>>219

お前、喧嘩売るにしても頭使えよな。

223 :名無しさん:04/08/13 21:44 ID:/NvWzP1U
>>220
誰も、ドイツ語を学ぶ必要なしとは言ってないと思うけど。

224 :名無しさん:04/08/17 07:02 ID:tdv2B020
人文・社会科学系でドイツで博士論文を書いた方・書く予定の方、いらっしゃいますか?
博論提出までの、日本人留学生の平均的な留学期間はどれくらいなのか、おおよその目安
をお教えいただければ幸いです。

225 :名無しさん:04/08/17 08:07 ID:WWYuuxB8
>>224

あなたの学歴とドイツ語能力を申告しなさい。

226 :名無しさん:04/08/17 09:51 ID:ajf78U/F
学歴:某国立大学文学部博士課程在籍→昨年10月よりドイツ留学中です

ドイツ語能力:DSHは合格済みですが…ゼミでの発表や1対1での質疑応答は
       何とかこなせるようになりましたが、ドイツ人学生同士の議論には
       まだまだ参加できません。
       独文・独語専攻ではないので、ドイツ語能力には正直不安が残ります。

現在の状況:昨秋、2年の予定で、博論に必要な資料の収集が目的で留学しました。
      当初の計画では、帰国後母校で博論を提出する予定でした。
      この1年の留学生活の中で、資料へのアクセスや研究状況を考えると、
      可能であれば、留学期間を延長し、ドイツで博論を書ければ…思うようになりました。
      幸い、ドイツでの指導教官がドクトル・ファーターを引き受けて下さったので、
      制度上は来セメスターよりDoktorandになります。

疑問点:現在受給中の奨学金があと一年で終了してしまうので、別の奨学金への申請や
    最終的には親からの援助の可能性も含めて、あと何年間滞在費を工面する必要が
    あるのか知りたいと思っています。
    今年の冬学期から最大4年以内には博論を提出したいと考えているのですが…。
    

227 :名無しさん:04/08/17 09:54 ID:ajf78U/F
>>226
 すみません名前を書き忘れました。224=226です。

228 :名無しさん:04/08/17 10:13 ID:SnOJ9dQ4
ええと、まずお聞きしたいことが。
1.副専攻(大抵2科目)が課せられる専攻ですか?
2.ラテン語・ギリシャ語・ヘブライ語等の能力証明は求められる?
3.論文を校閲してくれそうなドイツ人の友人はできた?
これらの点により、必要な時間もかなり変わってくるかと。

奨学金はDAADとか、今頃一次審査の結果がでた海外学振とか、
またドイツ側にもいろいろなのがあるはず。
でも、4年−5年みとけばなんとかなるかも・・・。
口頭試問だけ後で受けに来てもいいしね。
来期からドクトラントに学籍登録(変更?)されるようですが、
学生と異なり、滞在許可は原則3年・最長4年に限定されますね。
(少なくとも私の州はそう)

229 :228:04/08/17 10:14 ID:SnOJ9dQ4
しかし夜更かしですな(お互い様か

230 :224:04/08/17 11:06 ID:ajf78U/F
>>229
 丁寧なご助言、どうもありがとうございました。

1.課されませんでした。日本の大学で取得した単位のみで認められました。
2.漢文あるいは日本の古文の試験を受ければ西洋古典語の代替OKとのことなので、
 そちらを選択しようと思っています。 
3.現在はゼミでの発表原稿や、研究計画書などの校正はタンデム・パートナーの日本学専攻の
 ドイツ人の友人にお願いしています。あと2名ほどお願いできる当てはあります。

ドクトラントの滞在許可は最大で4年限定ということは、不覚にも全く存じませんでした。
ありがとうございます。早速、最寄の区役所の外人局に問い合わせたいと思います。

>しかし夜更かしですな(お互い様か
 ここしばらく研究計画書の仕上げの最中で、ストレスを感じているのか、不眠症気味で
 なかなか寝付けません。これから朝まで一眠りできればいいのですが。おやすみなさい。


118 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)